ニュース
2008年01月25日 14時30分 更新

「君が主で執事が俺で〜お仕(つか)え日記〜」がPS2で登場 (1/2)

みなとすてーしょんから、プレイステーション 2ソフト「君が主で執事が俺で〜お仕(つか)え日記〜」が3月27日に発売されることが決定した。
画像

 「君が主で執事が俺で〜お仕(つか)え日記〜」は、PCソフト「君が主で執事が俺で」のプレイステーション 2版で、「おつかえ」をテーマにしたアドベンチャーだ。プレイヤーはクールなお姉様や強気なお嬢様の執事となって、からかわれたり、力になってあげたり、身の回りの世話をしたりと、にぎやかな毎日を過ごしていく。

 まずは3人の女の子から、誰の執事になるかを選ぼう。キャラクター同士の掛け合いやコミカルな日常が楽しめるほか、同僚のメイドさんも攻略可能。プレイステーション 2版の新要素として、人気キャラクター「九鬼揚羽」が攻略可能キャラクターとして登場することになった。主人公以外、ほぼフルボイス仕様となっている。


画像画像画像

 このほかの新規要素としては、「南斗星」のストーリーが、中盤から新規書き下ろしシナリオへ。またCGも約50枚追加されており、オープニング曲も新しくなる。初回限定版の特典として、I've SoundによるKOTOKOさんが歌うPS2新規オープニング曲「常識!バトラー行進曲」と、タカヒロ氏による書下ろしドラマCD「春だ!宴だ!全員集合!」や、出演声優による座談会CDなどが用意される。予約特典は思い出のシーンが入った「想いでのしおり5枚セット」。

ストーリー

 主人公(上杉錬)とその姉・美鳩は父の家庭内暴力により劣悪な家庭環境で育っていた。姉と主人公は自立するため都会(七浜市)へ家出する。

 資金のない都会での生活に苦しむ姉弟。そんな中、ひょんな事から久遠寺家のお嬢様に拾われる事になった。かくして主人公とその姉・美鳩は、家付きの労働場所を手にいれたのである。

 姉はメイドに。主人公は執事となり、労働を開始する。安らぎの地を得たと思いきや、その家の3人姉妹も、先輩のメイドたちも個性的な連中ばかり。毎日が騒がしい。主人公の受難はまだまだ続きそうであった。

画像画像画像

画像画像画像


       1|2 次のページへ

[ITmedia]

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


-PR-Game Shopping