ニュース
2008年02月04日 14時41分 更新

「サモンナイト」DSに召喚! 新システムも導入

バンプレストが誇る「サモンナイト」シリーズがついにニンテンドーDSに登場する。発売は4月24日。

「サモンナイト」ニンテンドーDSに召喚

wk_080204samon01.jpg

 シリーズ累計120万本を越える「サモンナイト」シリーズが満を持してニンテンドーDSで発売される。もちろん、キャラクターデザインを担当するのは飯塚武史氏、そしてシナリオは都月狩氏と鉄壁の布陣。ニンテンドーDSでの「サモンナイト」では、シリーズでは初なるさまざまなシステムが導入されている。

 ニンテンドーDSでのタイトルということもあり、DS「サモンナイト」では持ち運んでプレイすることを前提とした機能が組み込まれている。まず、読み飛ばした会話を再確認する時に便利な、メッセージを読み返せる“過去ログを読む機能”や、戦闘中の“中断セーブ機能”を搭載している。シリーズをはじめて手にするプレイヤーのために、バランス調整を見直すのはもちろんのこと、本作品で新たに登場する召喚獣が追加された。また、シリーズのファンにはうれしいやり込み要素として、条件を満たして戦闘をクリアする「ブレイブクリア」が導入されている。それぞれの視点から新たな気持ちで遊ぶことを可能とした。

 今回、上記のシステムのほか、「召喚コミュニケーション」という新システムも実装された。これは、コミュニケーション要素である「息を吹きかける」、「ピカピカに磨く」、「水をかける」、「火をつける」など、召喚獣が欲求している内容を制限時間内に行うことができれば、召喚獣と仲良くなれるというもの。とても仲良しになることができれば、「お気に入り」登録が可能となる。お気に入りに登録された召喚獣を戦闘で召喚すれば、戦闘もより有利に進められるといった仕組みだ。

wk_080204samon02.jpgwk_080204samon03.jpgwk_080204samon04.jpg 上画面に表示されている制限時間以内に、召喚獣とコミュニケーションをとって仲良くなることが目的。召喚獣「ライザー」を例にすると、汚れているライザーをふいてあげると……綺麗になり、喜んでもらえて大好きになってもらえるといった寸法だ

ゲームの基本的な流れ

wk_080204samon11.jpg 1日の終わりには夜会話が発生。通常の会話では聞けない秘密の話を聞ける事も

 ゲームの基本的な流れは各話「アドベンチャーパート」と「バトルパート」に別れており、「アドベンチャパート」で移動マップ上から行きたい場所を選択。イベントやミニゲーム、買い物などが楽しめる。そして「バトルモード」に移行すれば、主人公チームと敵チームが交互に行動して戦いを繰り広げるというターン制のバトルが楽しめる。プレイヤーは地形の高低差や攻撃を加える向きを考慮して、有利にバトルを進めていくことを心がけたい。なお、召喚はこの戦闘中に発動することになる。

 こうして1日が終わると「夜会話」が発生する。仲間との新密度でストーリーが変化するようになっている。さまざまなキャラクターと「夜会話」で話す事によって、普段見る事のないキャラクターの素顔を見られたり、仲間としての絆を深くすることができる。


wk_080204samon05.jpg 主人公は4人から選択
wk_080204samon06.jpg
wk_080204samon07.jpg (↑)会話画面。選択肢によりシナリオが変化する事もあるとのこと


(←)戦闘マップ。戦闘は戦略が鍵を握る“シミュレーションバトル”

召喚

wk_080204samon08.jpg コマンドから「誓約の儀式」を選択
wk_080204samon09.jpg サモナイト石とアクセサリを混ぜると……
wk_080204samon10.jpg いざ召喚! 大迫力の召喚魔法が発動する

 なお、本作の予約特典が「GONZO」によるオリジナルアニメーション映像「特編アニメ収録!サモンナイトMagical Disc」が制作されることが決定している。

 これには、ここだけでしか見られないサモンナイト特編アニメムービー(分数未定)のほか、ニンテンドーDS用「サモンナイト」テレビCM(2種)と、店頭プロモーション映像(2種)が収録される予定となっている。

wk_080204samon12.jpgwk_080204samon13.jpg

wk_080204samon14.jpg
「SUMMON NIGHT(サモンナイト)」
対応機種ニンテンドーDS
ジャンルファンタジックシミュレーションRPG
発売予定日2008年4月24日予定
価格(税込)5040円
(C)FLIGHT-PLAN (C)BANPRESTO 2000 2008
キャラクターデザイン 飯塚武史
シナリオ 都月狩

[ITmedia]

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


-PR-Game Shopping