ニュース
2008年02月18日 17時00分 更新

やってきたオトモアイルーは“暴露”する――「モンスターハンターポータブル 2nd G」

「モンスターハンターポータブル 2nd G」の新機能「オトモ配信」「メディアインストール」の詳細を公開。オトモアイルーは送信元のプレイ履歴に応じて、送信先であんなことやこんなことを話すらしい。

 カプコンから3月27日に発売予定のPSP用ソフト「モンスターハンターポータブル 2nd G」。先日行われたプレミアム発表会で公開された「オトモ配信」「メディアインストール」の詳細が明らかになった。

 オトモ配信は、配信したいオトモアイルーを選択し、オトモボードで【オトモ配信】に設定。その後、ワイヤレスLANスイッチをオンにし、PSP本体をスリープモードにすることで、同じ状態のPSPと自動的に通信を行い、オトモアイルーの配信/受信を行う。オンライン集会所でほかのプレイヤーと直接、自分が育てたオトモアイルーの配信/受信が行える「オトモ渡し」とは異なり、見知らぬハンターともやり取りできるのが魅力だ。

photophoto

photophoto オトモ配信の流れ

 なお、オトモ配信/オトモ渡しともに、配信したオトモアイルーがいなくなることはないので安心してほしい。また、送信元のプレイ履歴に応じて、オトモアイルー送信先の会話内容に変化が生じる(例:「前の旦那さんは太刀が好きだった」「前の旦那さんよりクエスト経験が豊富」など)そうなので、積極的に配信/受信してみるといいだろう。

photophoto 前の旦那さんの情報を暴露するオトモアイルー

 一方のメディアインストールは、メモリースティックにデータの一部をインストールデータとしてセーブし、インストールデータとUMDからのロードを併用することで、ロード時間を短縮できるというもの。インストールデータの容量は大きく、1Gバイト以上のメモリースティックがないとセーブできないので注意が必要だ。なおメディアインストールは、クエスト中にエリア移動する前から、移動先のエリア情報を先行して読み込む「BGロード」と併用することも可能だという。

photophoto

photophoto メディアインストール機能を有効にするには、オプションでオンに設定する必要がある

(C)CAPCOM CO., LTD, 2007, 2008 ALL RIGHTS RESERVED.
※画面は開発中のものです。

[ITmedia]

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


-PR-Game Shopping