特集
2008年03月13日 17時24分 更新

ゲーム機用コントローラをPCで使う――その1:PS3、Xbox 360編 (2/3)

繰り返し述べるが、これ以降に紹介するドライバは、あくまでも「自己責任」の元で利用してほしい。動作がおかしかったとしても、決してメーカーに連絡をしたり、ドライバの作者へ使い方などを問い合わせたりしないでほしい。もちろん、ITmedia +D Games編集部も問い合わせには応じることができないので了承してほしい。


非公認デバイスドライバの導入方法

 PCにXbox 360 ワイヤレスゲームアダプターやXbox 360 コントローラーを接続する場合には、ドライバ導入メニューで非公認デバイスドライバを指定すればいいが、既に純正デバイスドライバを導入して利用している場合には、非公認デバイスドライバを導入する場合に少々コツがいる。そこでここでは、Xbox 360 ワイヤレスゲームアダプターを例に、純正デバイスドライバから非公認デバイスドライバに変更する手順(Windows XP)を説明しておこう。

画像 「システムのプロパティ」を開き、「ハードウェア」タブ内の「デバイスマネージャ」をクリックしてデバイスマネージャを開く
画像 「Xbox 360 Peripherals」の「Xbox 360 Wireless Receiver for Windows」を選択し、右クリックメニューの「プロパティ」をクリック
画像 「ドライバ」タブの「ドライバの更新」をクリック

画像 「いいえ、今回は接続しません」を選択して「次へ」をクリック
画像 「一覧または特定の場所からインストールする」を選択して「次へ」をクリック
画像 「検索しないで、インストールするドライバを選択する」を選択して「次へ」をクリック

画像 「ディスクを使用」ボタンをクリックする
画像 ダウンロードした非公認デバイスドライバを解凍してできたファイルが含まれるフォルダを指定すると、「Microsoft Xbox 360 Wireless Controller」が表示されるので、「次へ」をクリックする。これで非公認デバイスドライバがインストールされる

[平澤寿康,ITmedia]

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


-PR-Game Shopping