ニュース
2008年03月19日 15時36分 更新

日々是遊戯:

憧れ(?)の“痛車オーナー”気分が味わえる「1/24 痛車シリーズ」

ある意味、オタクにとっては究極の趣味のひとつと言える「痛車」。財布と世間体への大ダメージは必至とあって、一般人にはなかなか手が出しにくい分野だが、この「痛車」のプラモデルが今、人気なのだとか。

ご近所の目が気になるアナタに

wk_080319hibikore01.jpg

 今やすっかりアキバ系文化のひとつとして定着した感のある「痛車(いたしゃ)」。実際のところ、自分の車をホントに「痛車化」するにはかなりの度胸と踏ん切り、そして経済力が必要だが、「じゃあプラモデルなら」ということで出した「痛車プラモ」が今、人気なのだという。

 その名もズバリ「1/24 痛車シリーズ」。第1弾の「涼宮ハルヒの憂鬱 FD3S RX-7」はすでに発売中で、4月には第2弾の「ToHeart2 AE86スプリンタートレノ」(いわゆるハチロク)がさらにリリースされる予定となっている。発売元はプラモデルメーカーの老舗・アオシマ(青島文化教材社)とあって、細部にまでこだわって再現された車体の作りはさすが。加えて「1/24 痛車シリーズ」ではこれに「ハルヒ」、「ToHeart2」のデカールが豊富に付属し、オーナー(あえてそう呼ばせていただきたい)はこれを車体に貼り付けることで、愛車を自由にデコレーションすることができるというわけだ。

 気になる価格は、「涼宮ハルヒの憂鬱 FD3S RX-7」が3360円(税込)、「ToHeart2 AE86スプリンタートレノ」が3570円(税込)。この価格で、憧れの“痛車オーナー”気分が味わえるとあれば、人気が出るのもうなずける。もともと「RX-7」も「ハチロク」も同社で以前からプラモデル化されていたものだが、いずれも“痛くない車”版に比べて約300円〜500円しか変わらないというのも良心的と言える。

 痛車と言えば、Xbox 360の「Forza2」で日本人がデザインしたペイントカーが世界で絶賛されるなど、もともとかなりの潜在需要が眠っているのではと言われていた市場。今年は「痛車プラモ」が“来る”かもしれない!?

wk_080319hibikore02.jpgwk_080319hibikore03.jpg
(C)2006 谷川流・いとうのいぢ/SOS団
(C)2004 AQUAPLUS

関連キーワード

プラモデル | アキバ | デザイン | オタク


[池谷勇人,ITmedia]

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


-PR-Game Shopping