ニュース
2008年04月02日 14時03分 更新

日々是遊戯:

今年も渾身のネタが満載! 2008年のエイプリルフールを振り返ってみる

今年はYahoo! JapanやGoogleも参戦するなど、例年にもまして激戦の様相を呈したエイプリルフール。そんな中、ゲーム業界では一体どんな「嘘ニュース」があったのか、あらためて振り返ってみることにしよう。

“驚き”から“笑い”へ移りつつある「四月バカ」

 一昨日の「日々是」でも注意を促したとおり、昨日4月1日はエイプリルフール。例によって、今年もさまざまな企業が渾身のジョークネタを披露し、ネット界隈を騒然とさせた。ネットコンテンツ系企業のエイプリルフールネタについてはこちらですでに紹介しているが、本稿ではゲーム系企業に絞って、昨日のドタバタを振り返ってみることにしよう。なかなか日本では根付かない慣習と言われるエイプリルフールだが、なかなかどうして……。

 大本命のアイレムは、今年は「あいれむどうぶつえん」のサイトをオープン……したものの、オープンと同時に「4月1日をもって閉園が決定しました」という、二段構えのネタでいきなり笑わせてくれた。園内では多様な奇獣・珍獣が見られるほか、あちこちに隠されたスタンプを集めることで、閉園セレモニー特設サイトへのリンクが現れるなど、読者参加型のイベントが用意されているのもユニークだった。

 凝りっぷりではゲームポットも負けてはいない。こちらは「スカッとゴルフ パンヤ」のサイトを「フワッとモチモチ パンヤベーカリー」へと一新したのをはじめ、自社6タイトルの公式サイトを一気にリニューアル。もともとお祭り好きなメーカーという印象は強かったが、いよいよエイプリルフールにも本格参戦ということで、“ポスト・アイレム”の最有力候補として今後の動きに注目が集まる。

 このほかにも、「Yahoo! JAPAN」では、今年30周年を迎えた「スペースインベーダー」にサイトを“侵略”されていたり、「Fate/stay night」などで知られるTYPE-MOONでは、公式サイトがプロレス雑誌風にリニューアルされていたりと、今年も多くのネタがネットをにぎわせた。当初の「だます」という目的はすっかり薄れ、今や“笑わせたもん勝ち”の、ジョークネタの大博覧会として定着した印象だ。

 そんな中、まさに文字通りの「四月バカ」を見せてくれた、ハイファイブ・エンターテインメントの澤社長に、勝手に今年の“ヒビコレ賞”を与えたいと思う。同社では、ライブカメラを通して澤社長を育成できる、超生身系オンライン育成ゲーム「しおにくっち」を4月1日限定で公開。社長自ら、体を張ったパフォーマンスでユーザーを楽しませてくれるという体当たりっぷりに、ユーザーからは「こんな社長いやだwww」、「おれちょっとハイファイブ入るわ!」といった温かい(?)コメントが数多く寄せられていた。澤社長、24時間ごくろうさまでした。

wk_080402hibikore01.jpg サイトオープンと同時に閉園となった「あいれむどうぶつえん」
wk_080402hibikore02.jpg 「パンヤ」のサイトが“パン屋”に!? 普通にどれもおいしそう
wk_080402hibikore03.jpg 今年の“ヒビコレ賞”を与えたい、ハイファイブの「しおにくっち」

[池谷勇人,ITmedia]

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


-PR-Game Shopping