ニュース
2008年04月07日 16時06分 更新

日々是遊戯:

これこそ究極のレースゲーム環境!? アニメフェアで見つけた「GT5」デモがすごかった

「東京国際アニメフェア2008」の会場をうろうろしていて、ちょっと変わった「GT5」デモを発見。視界をすっぽり覆う曲面スクリーンの大迫力に、しばし時間を忘れてトリップしてしまった。

コーナーが目前に迫ってくる大迫力

wk_080407hibikore01.jpg

 3月30日まで、東京ビッグサイトにて開催されていた「東京国際アニメフェア2008」。その会場で、ゲーム用途にも使えそうな大画面スクリーンを見つけたので紹介しよう。

 ジェミニテクノロジーがデモを行っていた、この「GTS(ジェミニテクノロジースクリーン)」シリーズは、高輝度・高視野角はもとより、厚さ1ミリという薄さにより自在に曲げて使用できるのが最大の特徴。会場では「グランツーリスモ5 プロローグ」と、ゆがみ補正機能付きのプロジェクターを組み合わせ、ちょうどプレイヤーの視界をすっぽり覆うような曲面スクリーンのデモを行っていた。筆者も実際に遊ばせていただいたのだが、コーナーが目前に迫ってくるようなスリルと、横方向への視界の広さによる臨場感は、まさにこのスクリーンならでは。サイズもちょうど自動車のフロントガラスと同じくらいで、レースゲームで遊ぶならこれ以上の環境はちょっとないだろうなと感じた。

 とは言え価格の方も決してお安くはなく、今回デモに使用されていた100インチのもので、実売およそ50万円とのこと。設置スペースなども考慮すると決してハードルが低いとは言いがたいが、プレイ環境にこだわる人なら一度は実現してみたい、「究極」のレースゲーム環境と言えるかもしれない。

[池谷勇人,ITmedia]

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


-PR-Game Shopping