ニュース
2008年04月21日 14時40分 更新

日々是遊戯:

日本の高校生の2人に1人は「モバゲータウン」ユーザーらしい

10代を中心に人気を集めている、携帯電話向けゲーム&SNSサイト「モバゲータウン」。先日の発表会で、高校生のほぼ半数が同サイトを利用していることが分かった。

今や無視できない「モバゲー」の影響力

 先日、「モバゲータウン」(以下、モバゲー)を運営するディー・エヌ・エー(DeNA)の発表会に行く機会があったのだが、そこで明らかになった、「モバゲー」の利用状況がすさまじかった。

 発表に先立ち、現在の登録会員数やユーザー年齢層について説明したDeNA・南場社長だが、これによると、2008年4月時点での登録会員数は1000万人以上、1日あたりのページ閲覧数は、なんと多いときで6億ページビューにものぼるとのこと。「Yahoo!Japan」のページビューが1日あたり約10億と言われているから、これがいかにとんでもない数字か分かるだろう。また年齢別で見ると、男女ともに16〜17才の利用率がもっとも高く、この年齢に限れば男性では全人口の60%、女性でも45%以上が「モバゲー」を利用しているとのことだった。単純に考えて、日本の高校生のおよそ半分は「モバゲー」ユーザーであるということになる。

 このときの発表内容は“「モバゲー」にスクエニ、ハドソンなどゲームメーカー6社が新たに参入し、アイテム課金制の本格ゲームを投入”というものだったが(詳しくこちらを参照)、この普及率を見れば、大手ゲームメーカーがこぞって「面倒くさいから、勝ち馬に乗ろう」(スクエニ・和田社長)と考えるのもうなずける。「モバゲー」が、ニンテンドーDS、PSPに次ぐ第3の携帯ゲームプラットフォームと呼ばれるようになる日も、そう遠くないのかもしれない。

wk_080421hibikore01.jpg 当初は10〜20代が9割以上を占めていた「モバゲー」だが、現在は10〜20代が8割、30代以上が2割に
wk_080421hibikore02.jpg 「モバゲー」を運営する、DeNA代表取締役社長・南場智子氏

[池谷勇人,ITmedia]

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


-PR-Game Shopping