ニュース
2008年04月24日 14時16分 更新

日々是遊戯:

クラブニンテンドーのプラチナ会員特典「Wii用SFCコントローラ」の触り心地は?

もはや恒例となりつつある、クラブニンテンドーの会員向けプレゼントサービス。ようやく筆者のもとにも、2007年度のプラチナ会員向け特典が到着したので、さっそく簡単なレビューをお届けしてみたい。

バーチャルコンソールのおともにぜひ

wk_080424hibikore01.jpg

 先週土曜日、ようやく待ちに待った「Wiiスーパーファミコン クラシックコントローラ」が筆者の元にも到着した。

 この製品、ひと言で言えば、懐かしのスーパーファミコン用コントローラを、Wii用にリメイクしたもの。中学生時代はバリバリのスーファミっ子で、Wiiのメニュー画面がバーチャルコンソールでほとんど埋め尽くされているような筆者にとっては、ノドから手が出るほど欲しかったアイテムだ。

 で、気になるその出来映えだが、さすがに本家任天堂が手がけているだけあって、重さ、握り心地、そしてボタンの押下感に至るまで、本物のSFCコントローラに比べて一切そん色なし! ためしに押し入れから実物を引っ張り出してきて比べてみたが、表面のサラサラ具合以外はすべて同じと言ってよさそうだった(旧コンの方は、使い込みすぎで表面がツヤツヤになってしまっていた)。以前セガサターンパッドが復刻された際には、LRボタンのクリック感が変わってしまっていて悲しい思いをしたことがあったが、こちらはそんな抜かりはない。パッケージのデザインも、スーパーファミコン本体の外箱そっくりというこだわりようで、実に細かなところまでファンサービスが行き届いている。

 どうやら人間の五感というのはこちらが思っている以上に敏感らしく、いくら画面上での再現度が完全でも、「コントローラの握り心地」が違うだけで、「あれ?」と違和感を覚えることも少なくない。個人的に、バーチャルコンソールで唯一不満だったのが“しっくりくるコントローラがない”ことだったのだが、これでその唯一の不満も完全に解消された形となる。“当時の懐かしさ”も含めてバーチャルコンソールを楽しみたい人にとっては、またとないプレゼントとなったのではないだろうか。

 なお、通常のクラシックコントローラに比べるとボタン数などが足りないため、あくまで本製品はバーチャルコンソール用という位置づけ。一応クラシックコントローラとして認識はするが、当然アナログスティックを使うタイトルなどは遊べないので注意しよう。

wk_080424hibikore02.jpgwk_080424hibikore03.jpgwk_080424hibikore04.jpg

[池谷勇人,ITmedia]

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


-PR-Game Shopping