ニュース
2008年05月27日 14時12分 更新

PS3で動作する世界最高速の密行列LU分解プログラムを公開

 プレイステーション 3で動作する世界最高速の密行列LU分解プログラムが公開される。これは、2008年Cellスピードチャレンジの規定課題部門で最優秀賞を受賞した東京工業大学小長谷研究室チーム(里城晴紀氏)プログラムを、6月11日から6月13日の期間中、つくば国際会議場にて開催される先進的計算基盤システムシンポジウムSACSIS2008で表彰するというもの。

 今回で2回目となるマルチコアプログラミングコンテストCellスピードチャレンジでは、日本全国から88チームが参加。密行列のLU分解に基づく連立一次方程式の求解を規定課題部門のテーマとした。これはスーパーコンピュータの世界一を決めるHPL(High-Performance Linpack Benchmark)にも採用されており、今回、Cell Broadband Engineを搭載するプレイステーション 3でどこまで性能を引き出せるかが注目されていた。

 小長谷研究室チームでは、新規にPDS(Plan Do See)サイクルと呼ばれるCell Broadband Engineのためのプログラム最適化戦略(この成果でCellスピードチャレンジ自由課題部門の第2位を受賞)を開発し、シミュレータと実機との性能差から性能を制限する要因(メモリアクセスのボトルネック、パイプラインハザードなど)を推察することで最適化コードの開発に成功した。

関連キーワード

Cell | プレイステーション 3


[ITmedia]

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


-PR-Game Shopping