ニュース
2008年06月04日 13時20分 更新

日々是遊戯:

マックとつくばエクスプレスでスタートした「ニンテンドースポット」を試してみた

手持ちのDSで、さまざまなお役立ち情報にアクセスすることができる新サービス「ニンテンドースポット」が5月26日より、杉並区・世田谷区の一部マクドナルドおよび、つくばエクスプレスの各駅にてスタートした。果たして、その使い勝手は?

手持ちのニンテンドーDSが情報端末に

 5月26日より、つくばエクスプレスおよび杉並区・世田谷区の一部マクドナルドにてスタートした、任天堂の新サービス「ニンテンドースポット」を試してみた。

 このサービス、手持ちのニンテンドーDSを使って、マクドナルドやつくばエクスプレスのお得な情報を閲覧したり、ゲームの体験版などをダウンロードできるというもの。以前「活用してますか? PSPで使える無料公衆無線LANサービス」という記事で、「Wi-Fine」や「BBモバイルポイント」といったサービスを紹介したことがあったが、これのニンテンドーDS版といったところだろう。

 ということで、まずは世田谷区にある某マクドナルドへ。店内でニンテンドーDSを立ち上げ、メニューの「DSダウンロードプレイ」から「ニンテンドースポットビューア」をダウンロードすると、自動的にタイトル画面が起動した。あとは好きな見出しをタッチしていくだけで、マクドナルドのメニュー案内や、お得な割引クーポン、親子で楽しめる「食育」をテーマとしたミニゲームなど、さまざまなコンテンツを楽しむことができるというわけだ。画面は基本的に、下画面をタッチすると、上画面に詳細が表示されるといった構成になっていて、思ったよりも直感的で分かりやすい。モバイルサイトでも同じような情報は見ることができるが、こちらの方が断然見やすくまとまっている印象だ。

 続いては秋葉原駅にある、つくばエクスプレスの「ニンテンドースポット」体験コーナーへ。ここでは最初からタイトル画面まで立ち上がった状態となっていたが、スタッフの説明によると、あらかじめ駅で「ニンテンドースポットビューア」をダウンロードしておけば、あとは電車内(ただしTX-2000系以外は非対応とのこと)でもそのまま引き続き各コンテンツを利用することができるという。

 こちらのコンテンツは、マクドナルドとはうって変わって実用系。駅周辺のグルメ・宿泊情報をはじめ、お天気やニュース、乗り換え案内から今日の運勢まで、普通に便利そうな情報がそろっており、移動中の情報収集やヒマつぶしにはもってこいだろう。またグルメ情報などはちゃんと、ビューアを立ち上げた駅の周辺情報が反映されるようになっており、なかなか細かいところまで考えて作ってあるなと感心させられた。

 どちらも使ってみて感じたのは、大きめの博物館などに行くと貸してくれる個人用の情報端末に似ているな、ということ(展示物の前に行くと、自動的に音声や映像・文章で詳しく説明してくれるアレ)。もっとも、あちらは高価な専用端末が必要だが、こちらは誰でも持っているニンテンドーDSでOKというのが面白い。技術的には、無線LANのインフラさえあればどこでも配信は可能なわけで、今後こうしたサービスがもっと広まれば、喫茶店でこだわりのコーヒー情報を閲覧できたり、書店で新刊の売れ筋ランキングをダウンロードしたりと、街のいろいろなところで、スポットに合わせた情報を配信したりもできそうだ。毎回いちいちビューアごとダウンロードしなければならなかったりと、使い勝手の面ではまだまだ改善の余地はありそうだが、今後のさらなる展開に期待したいサービスだ。

wk_080604hibikore01.jpg マクドナルドでは、新メニューの詳細や割引クーポン、親子で楽しめるゲームなどを配信中
wk_080604hibikore02.jpg つくばエクスプレスでは、秋葉原駅に体験スポットを設けて「ニンテンドースポット」をPR中
wk_080604hibikore03.jpg 店頭にある「DSステーション」と同様に、体験版ソフトのダウンロードなども可能

[池谷勇人,ITmedia]

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


-PR-Game Shopping