ニュース
2008年06月05日 14時51分 更新

あれこれ迷わないためのダウンロードゲーム講座:

ソフトウェアダウンロードのススメ――Xbox 360編 (1/3)

今や当たり前となった家庭用ゲーム機でのソフトウェアダウンロードサービスについて、各プラットフォームごとに紹介していこうと思う。第1回目は、他ハードに先行してサービスを開始したXbox 360について。

 Xbox 360、プレイステーション 3(PSP)、Wiiではソフトをお店に行かないで安価に購入できるオンラインサービスがスタートしている。今回からスタートする「あれこれ迷わないためのダウンロード講座」では、各コンシューマー機のソフトウェアダウンロードサービスの特徴を紹介しつつオススメタイトルをピックアップしていく。第1回目は、他ハードよりも先行してダウンロードサービスを開始し、現在100種類以上ものソフトが用意されているXbox 360のサービスを紹介する。

24時間いつでもゲームが買える! 懐かしのあの名作が次世代機で遊べる! ソフトウェアダウンロードのススメ

 家にいながら新しいゲームがほしい。そんなことを考えたことがある人は筆者だけではないはず。そんなあなたにぜひオススメしたいのが、ゲームのダウンロードサービス。次世代機ではXbox 360の「Xbox LIVE」、PS3(PSP)の「PLAYSTATION Network」、Wiiの「Wiiショッピングチャンネル」といった独自のオンラインサービスをスタートしている。今回は、現行のハードの中で最初にサービスを開始したXbox 360のオンラインサービスの魅力をお伝えしていきたい。

wk_080603dr01.jpgwk_080603dr02.jpgwk_080603dr03.jpg 左からマーケットプレースタブ、PLAYSTATION Store、Wii ショッピングチャンネル。各ハードのオンラインサービスのトップ画面。Xbox 360はオレンジ、PS3は青、Wiiは白と機種ごとに配色やレイアウトに特徴があることがよく分かる

ダウンロードゲームや追加マップ、アイテムなど、いろいろなサービスが盛りだくさんの「Xbox LIVE」

 「Xbox LIVE」は初代Xboxが発売されてから1年後の2003年1月にスタートし、数々のアップデートを重ねてきたXbox 360のオンラインサービス。Xbox LIVEを利用するには、「Xbox LIVE シルバーメンバーシップ」と「Xbox LIVE ゴールドメンバーシップ」のいずれかの登録が必要になる。

 Xbox LIVE シルバーメンバーシップは、無料で登録することが可能で、ゲームの追加データ、体験版、予告編ムービーなどのダウンロードができる「Xbox Live マーケットプレース」の利用や、ボイスチャット、メッセージのやりとり、Xbox LIVE上で友達がどんなゲームで遊んでいるかの状況が分かる「フレンドリスト」の使用ができるようになる。

 Xbox LIVE ゴールドメンバーシップは、シルバーメンバーシップのサービスに加えて世界中のプレイヤーとのオンライン対戦や、Xbox LIVEゴールドメンバーシップ専用コンテンツのダウンロード、Xbox公式サイトにある「My Xbox」からメッセージのやりとりが可能になる。ゴールドメンバーシップは月々の料金が819円、年間の一括支払いをならば年額5229円になり、月換算で約436円とかなりお得になる。また、一部のパッケージソフトを購入すると、制限された日数、ゴールドメンバーシップを体験できるトライアルキットが封入されていることもある。

 Xbox LIVEのサービスの1つ、「Xbox LIVE アーケード」はマイクロソフトポイント(以下、MSP)を使用して手軽に遊べるゲームをいつでもダウンロードすることができるサービス。配信されているタイトルはシンプルなパズルゲームから懐かしの名作、オンライン対戦可能なゲームなどがあり、価格は1タイトル400MSP(約600円)から800MSP(約1200円)と、パッケージソフトと比べて安価に購入できる。

 また、昨年末にサービスが開始された「Xbox クラシックス」は、初代Xboxのゲームタイトルをダウンロードして、Xbox 360でプレイできるサービス。タイトルはどれも1200MSP(約1800円)となっている。ただし、1タイトルあたりの容量が多くても150Mバイト程度のXbox LIVE アーケードとは違い、ほとんどのタイトルで1Gバイト以上のデータ容量が必要になるため、Xbox 360 ハードディスク(20Gバイト、120Gバイト)が必須となる。

 Xbox公式サイトでは4月11日〜6月30日までの期間中にXbox LIVE ゴールドメンバーシップ(3カ月、12カ月)に登録した人全員に100MSPがプレゼントされる、「FEEL The LIVE」キャンペーンが行われている。さらに毎月抽選で最大3万5000MSPが当たるので、これを機会にXbox LIVE ゴールドメンバーシップに登録してみてはいかがだろうか。

wk_080603dr04.jpg 「ゲームストア」では、ゲームのダウンロードだけでなく、体験版やデモ、追加アイテムなどをダウンロードすることも
wk_080603dr05.jpg 100種類以上ものタイトル数を誇る「Xbox LIVE アーケード」
wk_080603dr06.jpg 現在は入手困難な初代XboxのタイトルをXbox 360でプレイできる「Xbox クラシックス」

気楽にお試し版をダウンロード、気に入ったら購入して完全版をプレイ――「Xbox LIVE アーケード」

 Xbox LIVE アーケード、Xbox クラシックスなどを含むマーケットプレースでゲームを入手するためには、MSPが必要になる。MSPの購入方法はプリペイド方式とクレジットカード決済の2種類。プリペイド方式はゲームの販売店やオンラインショップ、コンビニエンスストア、携帯電話などで購入できる。携帯電話での支払方法は「ドコモ ケータイ払い」、「Mobile Edy」などが利用できる。マーケットプレースまたはXbox公式サイトにある「My Xbox」でMSPの「ご利用コード」を入力すればチャージが完了する。クレジットカードを使用する場合は、マーケットプレースまたはMy Xboxのメニューの「マイクロソフトポイントの追加」でチャージできる。

wk_080603dr07.jpgwk_080603dr08.jpg 「ご利用コード」は、Xbox LiveとXbox公式ホームページの中にある「My Xbox」で入力する方法の2種類がある

 Xbox 360では、ゲームのダウンロードを「ダッシュボード」の「マーケットプレース」で行う。まず「マーケットプレース」に移動し、「ゲームストア」を選択。表示されるメニューの中から「Xbox LIVE アーケード」を選択する。さらに「新着」、「アーケードヒット」、「ジャンル」、「すべて:アーケード ゲーム」の項目が表示されるので、この中から好きなタイトルをダウンロードできる。

wk_080603dr09.jpg 追加マップやアイテムなどの追加コンテンツも購入することができる
wk_080603dr10.jpg 「確認して購入します」を選ぶと、マイクロソフトポイントが引き落とされ、ゲームがダウンロードされる
wk_080603dr11.jpg ダウンロードしたゲームは「ゲーム」タブの「ゲームライブラリー」から選んで遊べる
       1|2|3 次のページへ

[増山裕樹,ITmedia]

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


-PR-Game Shopping