ニュース
2008年06月06日 18時55分 更新

「AFRIKA」の大地をリアルに体感――第2回「体験! プレイステーション」

SCEJは6月6日、新宿西口イベント広場にて第2回目となるPS3の体験型イベント「体験! プレイステーション」を開催した。いくつかのタイトルとともに、8月28日に発売が決定した「AFRIKA」の最新映像も上映された。
photo にぎわっているイベント広場、ちらほらとビジネスパーソンの姿も

 ソニー・コンピュータエンタテインメントジャパンは6月6日、新宿西口イベント広場にて「体験! プレイステーション」を開催した。このイベントはプレイステーション3(以下、PS3)を実際にプレイすることのできるイベントで、PS3の魅力を体感することができるというもの。第2回目となる今日は、お昼休みのビジネスパーソンも立ち寄り、にぎわった様子だった。

 発売中のタイトルとしては「グランツーリスモ 5 プロローグ」、「みんなのGOLF5」など5タイトルをプレイすることができる。それらに加えて、今回新たに発売前タイトルとして「頭文字D エクストリームステージ」や、「カンフー・パンダ」の体験版も公開されていた。また、謎に包まれていたタイトル「AFRIKA」の発売が8月28日に決定し、その最新映像も公開された。

ゲームジャンルは「SAFARI」

photo 主人公のフォトグラファー、カメラで獲物を狙っている

 今まで、詳細をがほとんど明かされず“どのようなゲームシステムになるのか”とweb上でも物議を醸してきた「AFRIKA」。分かっていることといえば、「実写かと思うほどのリアルな画面で“アフリカ”を舞台としたゲーム」ということくらいだった。しかし、今回の映像にはカメラを持った男性が登場しており、どうもその彼が主人公らしい。日中だけではなく夜間にも行動し、動物たちの写真を撮影していた。

 担当の方によれば、「AFRIKA」のゲームジャンルは「SAFARI」とのこと。日本で一般的ではないこのジャンルだが、英語でアフリカ探検を意味する。意味の通り、アフリカの一定の地域を探検するゲームだそうだ。ただ単純に探検をするだけではなく、“動物たちの写真を撮影する”というミッションが設けられ、プレイヤーはフォトグラファーとしてクライアントから受ける“依頼”をこなし報酬を得る。報酬は写真のできによって変化し、得たお金は新しいカメラや新しい車を購入するために使えるそうだ。

 このゲームの根本には、クリエイターが実際に“アフリカ”に行った際の感動を、「ゲームというインタラクティブメディアを使って多くの人に体験してほしい」という思いがあるとのこと。担当の方は「リアルに勝てるものはない、けれどPS3のようなハードの進化によりリアルな世界を体感できるようになっている」と語った。より“リアル”に近づいたPS3の映像でアフリカの大地を踏む感動を体感できるかもしれない。

photo 撮影中の画面
photo リアルな映像のなかを主人公が駆け回る

photo 撮影のためには木に登ることも?
photo キリンを写真に納めようとする主人公

[小笠原由依,ITmedia]

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


-PR-Game Shopping