ニュース
2008年06月09日 00時01分 更新

「AFRIKA」ってなに? が、ある意味正解なサファリライフ

SCEJは8月28日、かねてから謎とされていた(?)PS3対応ソフト「AFRIKA」を発売する。で、アフリカの大地で何するの?

アフリカに行きたくなる

wk_080606afrika01.jpg

 2006年5月に開催された「SCEAプレスカンファレンス」において、雄大なアフリカの自然を背景に、シマウマやキリンが草をはみ、それら草食動物を狙う肉食動物の姿のみが上映されるや、憶測に憶測を呼んだ謎のプレイステーション 3対応タイトル「AFRIKA」がようやくどんなゲームなのかが判明した。

 フタを開けてみれば、すでにその答えは初公開の時から分かっていたのかもしれない。いわば本作は、気の向くままアフリカの大地に生きる動物たちの表情を、切り取っていくといった内容だ。それがジャンルを「SAFARI」(サファリ)としているゆえんだろう。

 サファリはスワヒリ語で“旅行”のことを表わす。目の前に広がる大地を前に、手段はこだわらず、ただ気の向くまま足の向くまま、心のおもむくままに大自然とそこに暮らす動物たちと出会い、その日の中での特別な“何か”を探すこととも解釈される。自分のスタイルで、自由に大地と触れあうことこそ、サファリであり「AFRIKA」なのだ。

wk_080606afrika02.jpgwk_080606afrika03.jpg

 プレイヤーは基本的に、何をしてもかまわない。アフリカの広がる大地を徒歩やクルマで移動し、ただぼんやりそこのありようを眺めているだけでもいい。とはいえ、目的も必要となる。そこで、プレイヤーはフォトグラファーという職業が割り当てられている。依頼にそって、アフリカで暮らす動物たちの表情を撮影し、それで資金を得ることができるのだ。しかし、相手は自然。希望にそった動物に会い、そしてその瞬間を撮影できるとは限らない。プレイヤーはひたすら動物の気分次第に付き合い、決定的瞬間を狙うことになる。だからこそ、これだ! と思える瞬間があれば、プレイヤーは考えるまでもなく写真に撮影し、コレクションしておくことをオススメしておく。

wk_080606afrika04.jpgwk_080606afrika05.jpg どこに行ってもかまわない。そこにはアフリカの大地がただ待っている

wk_080606afrika06.jpgwk_080606afrika07.jpg やはり、近距離で迫力ある姿を撮影したほうが、ギャラも上がるというものだが、近づけばそりゃ逃げますよね

wk_080606afrika08.jpg

 また、「AFRIKA」では、さまざまな視点でアフリカを体験することもできる。各所に定点カメラが設置されており、動物の目線や鳥の視点から大地を見渡すことが可能なのだ。人の存在のない、ありのままの隙だらけの動物の姿を垣間見ることもあるだろう。なお、ありのままの自然ということで、時間経過で刻々とその姿を変えていく。場合によっては夜のサファリも楽しむことができるという。昼とはまったく異なる顔を見せてくれる。

wk_080606afrika09.jpgwk_080606afrika10.jpg 人間の都合お構いなしの自然の営みを体感

wk_080606afrika11.jpgwk_080606afrika12.jpg サファリライフを過ごすうちに、本当のアフリカの風をにおいを感じるために旅立ちたくなるはず

wk_080606afrika13.jpgwk_080606afrika14.jpg 出会った動物はライブラリに収録されていく。選択すると動物の写真と映像が閲覧でき、詳しい生態など知ることができる
「AFRIKA」
対応機種プレイステーション 3
ジャンルSAFARI
発売予定日2008年8月28日
価格(税込)5980円
(C)Sony Computer Entertainment Inc. All Rights Reserved.


[ITmedia]

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


-PR-Game Shopping