ニュース
2008年07月01日 00時00分 更新

朝まで生寺田P――「スパロボZ 〜真夜中の宴〜」でスパロボ談義

シリーズ最新作「スーパーロボット大戦Z」の発売予定日が9月25日と発表された6月28日、寺田プロデューサーらとスパロボを語る、真夜中の宴が催された。ゲストも参戦!

ぐずぐずなイベントと宣言しながらも、終わってみたらなんだか充実した内容だったりするから侮れない

wk_080630super01.jpg

 6月28日午後10時から翌29日の未明まで、「スーパーロボット大戦」ファンが東京・秋葉原のUDXシアターで実にまったりとした時間を過ごしていた。彼らの前には同タイトルシリーズチーフプロデューサーの寺田貴信氏と、プロモーションディレクターの嶋崎直登氏が、これまたまったりとスーパーロボット大戦を振り返る。ダラダラと、しかしファンにとっては実にくつろいだ至福の時間だったのではないだろうか?


wk_080630super02.jpg

 この「スパロボZ 〜真夜中の宴〜」と題されたバンダイナムコゲームスのイベントは、4月19日開催された「スパロボ感謝祭2008」で公開されたプレイステーション 2用シミュレーションRPG「スーパーロボット大戦Z」の特別番組を、BS11デジタルで放送するのと同時刻に寺田氏と嶋崎氏と一緒に見るというもの。150人の狭き門に招待された参加者は、朝までの長丁場をBS11デジタル特番「スーパーロボット大戦感謝祭2008ダイジェスト」を鑑賞し、寺田氏と嶋崎氏によるスパロボ放談、「Z」新規参入作品のアニメ上映などを楽しんだ。

 なお、「スーパーロボット大戦感謝祭2008ダイジェスト」は、「スパロボ感謝祭2008ダイジェスト」と「スパロボZ」PVを放送したもので、感謝祭の時のものとは微妙に異なり、効果音や新たな戦闘シーンが追加されていた。

 さて、件の「スーパーロボット大戦Z」の発売予定日を9月25日に控えてのこのイベントだが、寺田氏が「ぐだぐだとやりますので、寝ててもらってかまいませんし、帰ってもらっても」と、進行もそこそこにぐだぐだと始まった。

wk_080630super03.jpg 杉田さんが差し入れを持って陣中見舞いに

 ダイジェストを見たあとは、サプライズゲストとしてたまたま秋葉原に遊びに来ていた声優の杉田智和さんが乱入。しょっぱなから深夜のノリで飛ばしまくる。

 深夜零時を過ぎると、杉田さんは帰り、その後しばらくは嶋崎氏との台本のない会話が続く。寺田氏は、ロボットアニメを見るとつい攻撃判定とか移動力を考えちゃうスパロボ脳になっているのだそうだ。ちなみに「Z」は、オリジナル主人公が2人おり、そのどちらかを選ぶことによって、1話の内容が変化するらしい。


wk_080630super04.jpg 右が森住氏

 途中、モノリスソフトの森住惣一郎氏が参加し、「無限のフロンティア スーパーロボット大戦 OG サーガ」についてトーク。休憩をはさみ、質問に答えるコーナーや、新規参戦作品を見ようということになり、それぞれの第1話をみんなで観賞するなど、梅雨時の真夜中をスパロボざんまいで過ごしたのだった……。

[加藤亘,ITmedia]

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


-PR-Game Shopping