ニュース
2008年07月22日 12時14分 更新

「装星機ガジェットロボ」に水木一郎アニキが参戦決定

wk_080722aniki01.jpg

 クリエイティヴ・コアは、7月21日にSHIBUYA O-EASTにて開催された「水木一郎デビュー40周年記念ライブ〜道〜」において、ニンテンドーDS用ソフト「装星機ガジェットロボ」に、水木一郎さんも参戦することを明らかにした。

 これはクリエイティヴ・コアとコロムビアミュージックエンタテインメントのグループ初のコラボレーション企画が実現したもので、幅広い年齢層のアニメファン・ゲームファンに贈る本格ロボットRPGになるとのこと。40周年を迎えた我らがアニキ・水木一郎さんと、「装星機ガジェットロボ」がどんな魂の共鳴を生むのかは、今後発表されることになる。

 ガジェットロボとは、全長約15センチの通信端末の総称で、「ボディ(頭+体)」と「右うで」、「左うで」、「脚部」、「バックパック」そして、ガジェットロボ用に開発された「ガジェットコア」で構成されている。「ガジェットコア」には持ち主の個人データが入っており、そのデータを守るのが「ガジェットロボ」の使命となる。ゲームでは、主人公・速水ゲンキとなる、「ガジェットロボ」を操る。敵を倒すことによって「ガジェットロボ」のパーツを入手、そのパーツを組み替えれば、「ガジェットロボ」はより個性的になり、どんどん強くなっていく。着脱可能なパーツの種類は全250種類、組み替えパターンは、3億通り以上になり、まさに自分だけの最強ロボを作る事が可能だ。

ストーリー

 今よりも少し未来のお話……。宇宙から飛来した隕石「コア・クリスタ」を研究した速水テツ博士は、「コア・クリスタ」に無限で無害な新エネルギーがあることを発見した。博士は、この「コア・クリスタ」を「記録通信端末」に加工、それを守るため「ロボットタイプ」の体を作り、携帯端末として販売を開始した。それが「ガジェットロボ」だ。「ガジェットロボ」は「動く携帯」、「一緒に生活する携帯」として大ヒットする。物語は主人公「速水ゲンキ」が初めて「ガジェットロボ」を手にするところから始まる……。

wk_080722aniki02.jpg 主人公:速水ゲンキ
ガジェットロボを手に入れることである事件に巻き込まれる
wk_080722aniki03.jpg ガジェットロボ:ブラスト
ゲンキのパートナーガジェット
wk_080722aniki04.jpg 速水テツ博士
ゲンキと同じ苗字ということは、ゲンキのおじいちゃんだろうか? ブラストとも関係がある?

「装星機ガジェットロボ」
対応機種ニンテンドーDS
ジャンルぼくらのロボットRPG
発売日未定
価格未定
(C)2008 Creative Core Co.,Ltd.


[ITmedia]

Copyright© 2014 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


-PR-Game Shopping