ニュース
2008年07月25日 16時21分 更新

日々是遊戯:

アタリの創設者が経営する、一風変わったゲームレストラン「uWink」

各座席には専用のターミナルが設置されていて、料理を食べながらゲームで遊んだり、他のテーブルと対戦したりすることもできる――。そんな一風変わったレストランがハリウッドにあるらしい。ということで、E3取材のついでに行ってみました。

料理とゲームが一緒に楽しめる

wk_080725uwink01.jpg 筆者が行ったのは、任天堂もカンファレンスを行ったコダックシアター内のお店

 E3取材へ行ったついでに、ハリウッドにある「uWink」というレストランで夕食を食べてきた。

 このレストラン、実はアタリの創業者であり、世界最古のビデオゲーム「ポン」の生みの親としても知られるノーラン・ブッシュネル氏が展開しているもの。店内の各テーブルにはタッチスクリーン式の専用ターミナルが設置されていて、ここでメニューの注文はもちろん、無料のミニゲームで遊んだり、店内のお客同士で対戦もできたりするのだそうで、かねてから行ってみるチャンスをうかがっていたのだった。

 席に案内されると、さっそくウワサに聞いたターミナルとご対面。店員さんの説明に従い、ユーザー名などの簡単な情報を入力すれば、それで利用準備はOK。あとは画面からそのまま注文もできるし、料理が出てくるのを待つ間、ミニゲームや動画を楽しむこともできるというわけだ。


wk_080725uwink02.jpg ターミナルから注文しているところ。タッチパネルで簡単にオーダーができる

 用意されているミニゲームは、シンプルな落ちモノパズルなどのほか、「ミリオネア」のようなクイズゲームや、互いに描いた絵の内容を交互に当てていくゲームなど、どちらかと言えばカップルやファミリーで一緒に遊べる、オリジナルのパーティゲームのようなものが多め。なるほど、ゲームといっても1人で黙々と遊ぶのではなく、テーブル内のみんなで遊べるようにちゃんと考えてあるらしい。中には架空のデートをしながら質問に答えていき、カップルの相性を診断してくれるゲームもあったが、同行してくれたのが坊主頭の男だったのが悔やまれた。

 そうこうしているうちに、どうも店内大会らしきイベントへのお誘いが画面に表示された。さっそく参加してみると、店内のスクリーンに参加ユーザーの名前がずらりと並んだ。おお、どうやら5テーブルでの対抗戦になったらしい。種目は、4つの文字を並べ替えて単語を作っていく「脳トレ」のようなゲーム。よし、これなら英語が分からなくてもなんとかなりそうだ。

 ――が、最初こそ「『マジックアカデミー』で鍛えた腕前を見せてやるぜ!」と勝つ気まんまんだったのだが、やはりボキャブラリーの差は埋めがたく、上位との差は開いていくばかり。よく見ると日本人らしき参加者の名前もあり、「こ、この人にだけは負けられねぇ!」と勝手な対抗心を燃やすも、最後の最後で逆転され、結果は5人中最下位に終わってしまったのでした。

 ボリュームの多さには少々参ったものの、料理も予想以上においしく、「もし日本にあったら友達を誘ってまた行きたいな」というのが正直な感想。もしアメリカへ行く機会があれば、一度訪ねてみてもいいかもしれない。

wk_080725uwink03.jpg ゲームの選択画面。テレビゲームというより、みんなで遊べるテーブルゲームが多い
wk_080725uwink04.jpg 「ミリオネア」のようなクイズゲーム。テーブル内のみんなで協力して挑んだら燃えそうだ
wk_080725uwink05.jpg 店内はこんな感じ。壁のスクリーンには、店内イベントの進行状況などが表示される

wk_080725uwink06.jpg 店内イベントに参加してみたところ。文字を並べ替えて単語を作っていく
wk_080725uwink07.jpg 結果は最下位。ボキャブラリーの貧弱さを露呈しただけで終わってしまった……
wk_080725uwink08.jpg チップの支払いまでターミナル上で行うことができる

[池谷勇人,ITmedia]

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


-PR-Game Shopping