「ITmedia Gamez」は2011年3月31日をもって終了しました。今後のゲーム情報については、「ITmedia ガジェット」をご活用頂ければ幸いです。



news110.jpg

日々是遊戯:で、結局ニンテンドーDSiは「買い」なのか?

昨日の任天堂のカンファレンスで発表となった「ニンテンドーDSi」。さまざまな新機能が追加されている一方、DSiにはGBAスロットがないこともあり、今後はDS Liteとの棲み分けが進んでいくものと思われる。両モデルの違いを再確認しつつ、DSiは本当に「買い」なのか冷静に考えてみよう。

「DSiウェア」の将来性に期待

wk_081003hibikore01.jpg

 昨日の「任天堂カンファレンス2008.秋」で正式に発表となった、ウワサの新DS「ニンテンドーDSi」。新たにカメラ機能と音楽再生機能を搭載し……といった詳細なスペックについてはニュースの方で確認していただくとして、個人的に気になったのがニンテンドーDS Liteとの棲み分けだ。

 カンファレンス内での岩田社長の説明によると、今後もDS Liteについては販売を継続し、ユーザーは好みや用途に応じて好きな方を選択できるようになるとのこと。つまり、DS→DS Liteのような完全上位互換ではなく、DSiとDS Liteはそれぞれ違ったラインとして動いていくというわけだ。

 となると、結局のところどっちを買うのがいいのだろうか。ちょうどDSiの公式サイトに、「DS Liteとの比較」というページがあるので、これを参考に両者を比較してみよう。

 まずDSiの特徴としては、カメラ機能、音楽再生機能が標準で付属しているほか、「DSiショップ」と呼ばれるオンラインショップで、新たなツールやゲームを購入・追加できる点が挙げられる。またハード面では、若干の薄型・軽量化と、液晶画面の高輝度・大画面化が行われているのも魅力だ。

 一方、DS Liteの強みは、まず第一に価格の安さ(DSiより2000円安い)、そして何よりDSiにはない「GBAスロット」が付いている点が大きい。また細かなことではあるが、最大輝度で比較した場合、バッテリーの持続時間はDS Liteが約5〜8時間、対するDSiは約3〜4時間と、DS Liteの方がバッテリーの持ちがいい。ただDSiでは明るさ調整が5段階に増えており(DS Liteは4段階)、最大輝度ではDSiの方が明るかったとの報告もあるので注意してほしい。

 ということで両モデルの違いを簡単にまとめると、「ならではの新機能・新サービスが盛りだくさんなDSi」と、「GBAスロットがあって、なおかつ安価でバッテリー寿命で勝るDS Lite」といった感じになるだろうか。新機能にこだわらず、従来どおりゲームが遊べればいいという人はDS Lite、カメラや音楽再生といった新機能に関心がある人はDSi――といった具合に、今後は棲み分けが進んでいくものと思われる。

 ただ個人的には、多少高くてもやはりDSiの方に1票を投じておきたい。なぜならDSiの機能は今後「DSiショップ」で配信される「DSiウェア」によっていくらでも拡張されていく可能性があり、現時点で判明している機能やサービスは、そのほんの一部にすぎないと思うからだ。また、対応ソフトの欄にさりげなく「ニンテンドーDSi専用ソフト」という表記もあり、今後はもしかするとDS Liteでは遊べないDS用タイトルも出てくるかもしれない。将来性で選ぶなら、やはりここはDSiということになるだろう。

 個人的な願望としては、ツール系ソフトを思いきり充実させて、iPhoneのようなデジタルガジェットとしても利用できるようになれば面白いと思うのだが……。あ、もしかして、だから「DSi」なのか!?

wk_081003hibikore02.jpgwk_081003hibikore03.jpgwk_081003hibikore04.jpg

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

-PR-Game Shopping