「ITmedia Gamez」は2011年3月31日をもって終了しました。今後のゲーム情報については、「ITmedia ガジェット」をご活用頂ければ幸いです。



news060.jpg

日々是遊戯:Google先生に、2001年のゲーム業界がどんなだったか聞いてみた

Googleが10周年を記念して期間限定でオープンしている、「2001年当時のWebサイトをさかのぼって検索・閲覧できる特設サイト」が面白い。これを使って、2001年のゲーム業界を振り返ってみると……?

7年でびっくりするほど変わるゲーム業界

wk_081008hibikore00.jpg

 すでにあちこちで話題になっているが、Googleが今年で10周年ということで、これを記念して「2001年にタイムスリップできる特設サイト」を10月下旬までの期間限定でオープンしている。

 要は「2001年当時のWebサイトをさかのぼって検索・閲覧できる」というだけなのだが、いざ触ってみるとこれがなかなか面白い。せっかくなので、2001年当時のゲーム業界がどんなだったのか、Google先生に尋ねてみた。

 さて、最初はやはり任天堂から見てみよう。2001年と言えばちょうどゲームボーイアドバンスとゲームキューブが発売された年だが、サイトの情報自体はどうやら2000年末くらいに保存されたものらしく、主力はまだまだゲームボーイカラーとニンテンドウ64といった印象。この頃はまさかニンテンドーDSやWiiがこんなに売れるとは思わなかったなあ……(というか出てないし)。

 対するソニー・コンピュータエンタテインメントはどうだろうか。なぜかSCEIのページはひっかからなかったので、かわりに当時のPlayStatiton.comをのぞいてみると、こちらはちょうどプレイステーション 2が立ち上げに大成功したところで、しかももうすぐ最大のキラーソフト「ファイナルファンタジーX」も発売間近という、まさに世の春を謳歌しているような状態。これがまさか、後に任天堂にシェアを奪い返されることになろうとは……。あと左下のランキングに、個人的に大好きなバカゲー「蚊」がランクインしているのにちょっと笑いました。

 それから当時のハードメーカーと言えば、忘れてはならないのがセガ。2001年と言えば年明け早々いきなりドリームキャストの製造中止が発表された、セガファンにとっては忘れようにも忘れられない年なのだが、サイト自体は不思議と落ち着いたもの。発売スケジュールなどを見るかぎり、おそらくハード撤退発表からしばらく経ったころに保存されたものと思われる。たしかハード撤退に伴い、この年は数百億円規模の赤字を計上したはずだが、いやはやあれからよく立ち直ったものだと思う。

 2001年と言えばほんの7年前なのだが、各ハードメーカーのページをざっと見てみただけでも、今とはまったく状況が違っており、業界の流れの速さをあらためて痛感させられた。他にもかなりのサイトが当時のままで保存されているので、興味がある人はぜひ検索してみてはいかがだろうか。

wk_081008hibikore01.jpg 2001年当時の任天堂ホームページ。まだGBAの情報は少なく、GCに至っては名前すら出ていない
wk_081008hibikore02.jpg PSに続いてPS2も大当たりし、向かうところ敵なしといった状態のPlayStation.com
wk_081008hibikore03.jpg 意外にすっきりしたデザインのセガ。当時のBBSの内容なんかも残っていて面白い

wk_081008hibikore04.jpg この時点ではまだ未発売のXboxだが、オフィシャルサイトはすでに存在していた模様
wk_081008hibikore05.jpg ちなみに当時のITmedia +D Gamesはというと……なんか全然違います
wk_081008hibikore06.jpg 検索結果から「View old version on the Internet Archive」をクリックすると当時のページが見られる

関連キーワード

Google | 検索 | 期間限定 | 日々是遊戯



Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

-PR-Game Shopping