「ITmedia Gamez」は2011年3月31日をもって終了しました。今後のゲーム情報については、「ITmedia ガジェット」をご活用頂ければ幸いです。



news076.jpg

東京ゲームショウ2008:「悪魔城ドラキュラ」がなんとハリウッドで実写映画化! さらにPS3、Xbox 360でも制作決定

驚きの発表が続いた、KONAMIブースの「『悪魔城ドラキュラ』ステージ 預言の円舞曲(ワルツ)」。シリーズの次なる展開として、なんとハリウッドで実写映画化されること、そして待望のPS3・Xbox 360版の開発が正式に発表された。

images

 「TGS 2008」初日のKONAMIブースでは、同社の『悪魔城ドラキュラ』シリーズの今後の展開について、シリーズのプロデューサーを務めるIGA氏(五十嵐孝司氏)が発表を行った。

 まず発表の中で最大のサプライズとなったのが、「悪魔城ドラキュラ」がハリウッドで実写映画化されるというもの。詳しい内容についてはまだ「詰めきれていない」(IGA氏)とのことだが、現時点で、監督が「ストンプ・ザ・ヤード」などの作品で知られるシルバン・ホワイト氏、制作が「ゴーストライダー」などを手がけたクリスタル・スカイ・ピクチャーズにそれぞれ決定しているとのこと。シリーズ22年目にして初の映画化、しかも制作はハリウッドということで、ファンにとっては楽しみな作品となりそうだ。

imagesimages 「悪魔城ドラキュラ」シリーズを統括する、KONAMIのIGA氏こと五十嵐孝司氏(左)、まさかのハリウッド映画化決定! ステージを見ていた人々からも驚きの声が漏れていた
images ほんの一瞬だけ公開されたPS3・Xbox 360版の映像。この男の正体は一体……?

 またもうひとつのサプライズとして、カンファレンスの最後に披露されたのが、本邦初公開となるPS3・Xbox 360版「悪魔城ドラキュラ」の映像。ムービーの内容は「漆黒の闇をまといし呪われた血族、同族を裏切り父親を滅ぼした、呪われた宿命――」という意味深なキャッチコピーと、赤く不気味に光る剣を持った金髪の男とが交互に映し出されるというもので、ほんの10秒ほどのごく短い映像ではあったが、次世代ハードでより美しく生まれ変わった「悪魔城ドラキュラ」の一端を垣間見ることができた。

 映像が終わり、IGA氏がまず発したのが「(正式に発表してしまって)これでもう後戻りできなくなりましたね(笑)」という一言。どうやら開発状況についてはまだまだこれからのようだが、こちらも詳細については追って公開していくとのことだ。

 ステージ上ではこのほか、10月23日発売予定のDS「悪魔城ドラキュラ 奪われた刻印」や、2009年1月15日発売予定のWii「悪魔城ドラキュラ Judgement」、およそ20年ぶりの登場となるアーケード版「悪魔城ドラキュラ THE ARCADE」などのタイトルを、実演を交えつつ紹介。このうち「悪魔城ドラキュラ THE ARCADE」については、今回は残念ながら出展されていないが、10月13日までの限定で、ラウンドワン横浜西口店にてロケテストを実施中だという。

imagesimages ブース内では、DS「悪魔城ドラキュラ 奪われた刻印」と、Wii「悪魔城ドラキュラ Judgement」の2タイトルが試遊できた(左)、漫画家・小畑健氏による、貴重な「悪魔城ドラキュラ Judgement」の設定イラストも展示されていた

 そのほかシリーズでは初の試みとして、今後は「悪魔城ドラキュラ マイスターコレクション 1/8シモン・ベルモンド」などのキャラクターフィギュアをKONAMI STYLEにて販売していくことなども明らかに。ここ数年は携帯機を中心に展開されてき「悪魔城ドラキュラ」シリーズだが、今後はハードやメディア、ジャンルにとらわれない、より広範な展開が期待できそうだ。

(C)2008 Konami Digital Entertainment


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

-PR-Game Shopping