「ITmedia Gamez」は2011年3月31日をもって終了しました。今後のゲーム情報については、「ITmedia ガジェット」をご活用頂ければ幸いです。



news050.jpg

東京ゲームショウ2008 コーエーブース:「大航海時代 Online」がPS3に――コーエー、ネットエンタテイメントフェスタ2008

コーエーは東京ゲームショウ初日の10月9日、同社が運営するMMORPG4タイトルの運営・開発プロデューサーが一堂に会するステージイベント、「ネットエンターテイメントフェスタ2008」を開催した。

photo

 ネットエンターテイメントフェスタは、昨年の東京ゲームショウでもほぼ同様のスタイルで行われたもので、各オンラインゲームの特徴や魅力をプロデューサー自らが語り、また、プレイヤーから事前に寄せられた意見・要望に回答するというものだ。今回もステージ上には「信長の野望 Online」の山中肇氏、「大航海時代 Online」の渥美貴史氏、「真・三國無双 Online」の藤重和博氏、そして「三國志 Online」の上野彰三氏が登場した。

PS3版「大航海時代 Online」サービス開始は2009年予定

photo 運営プロデューサーの渥美貴史氏(左)と、開発ディレクターの竹田智一氏(右)

 各プロデューサーからのコメントを紹介する前に、まずはこの日発表された、大航海時代 Onlineに関する最新情報お届けしよう。現在はWindows版のみとなっている本タイトルだが、ついにPS3でも発売されることが決定(関連記事参照)。サービス開始は2009年の「できるだけ早い時期」を予定しているとのことだが、これ以上の詳しい時期については明かされなかった。運営プロデューサーの渥美貴史氏、開発ディレクターの竹田智一氏はこの発表について、「もともと大航海時代のシリーズは、コンシューマーのプレイヤーに、長く親しまれてきたタイトル。今まで以上に多くの人に楽しんでほしいと、以前から思っていたので、PS3版での発売を発表できてとてもうれしい」と述べた。

 PS3版になって何が変わるのか? という点だが、竹田氏はまずグラフィックスの向上を挙げた。従来はプレイヤー個々で所持しているPCのスペックには差があるのが当たり前で、低スペックのPCの場合、それに合わせた表示となっていた。しかし、PS3は高スペックPCに相当する描画能力があり、「海をかけるロマンを体験できる」グラフィックスになるそうだ。また、コントローラを使用した操作になるため、ユーザーインタフェースはPS3版向けに全面作り変えられている。

 なお、PS3版から大航海時代 Onlineを始めた場合、既存サーバでプレイすることになるのか、あるいはアカウントに制限をかけた新規サーバーを開設するのかは現在検討中であり、プレイヤーのメリット・デメリットを考慮した上でベストな形にしたい、とのことだ。

 渥美氏は最後に、「大航海時代 Onlineは2003年にサービスを開始して以来、多くの方に楽しんでいただいています。PS3という新しいプラットホームで本タイトルを提供することは、長年の夢でした。最高のグラフィックで体験できる大航海時代の世界を、楽しみにしていてください」とコメント。PS3版の登場によりプレイヤーの裾野が広がることで、大海原にまた新しい冒険が生まれることだろう。

次期アップデートの内容が先行体験できる、「真・三國無双 Online」

 さて、冒頭の4タイトル運営プロデューサーによる、各タイトルの紹介だが、こちらは最近実装されたアップデートやタイトルコンセプトを説明するだけ、ごくアッサリとした内容だ。途中で大航海時代 Online担当の渥美氏が「サービス開始から3年目、人に例えるなら30代のちょうど脂の乗った時期」と説明したことから、なぜか藤重氏や上野氏までが「こちらは人で言うなら10代の元気盛り」「やっと10歳になったばかり」と年齢に例えだしたのだが、人間と違ってオンラインゲームの場合は若い方がうれしいのかどうか……。

 後半の「プロデューサーに訊け! コーナー」では、事前にプレイヤーから寄せられている意見・要望の中でも、特に多いもの、目立つ物をピックアップし、その場でタイトル担当プロデューサーが回答。「個人的にほかのオンラインゲームでも遊ぶのですか?(信長の野望Online)」や「アルパカはペットとして登場しないのでしょうか(大航海時代 Online)」といった比較的答えやすいものから、「上納品とNonPvPサーバについてプレイヤー間でも意見が割れているが、どう考えているのでしょうか(大航海時代 Online)」のように、実装直後から公式BBSはもちろん、ファンサイトでも熱く議論が交わされているテーマに関する質問も含まれていた。ちなみに渥美氏の回答だが、「上納品は低レベルプレイヤーには素材が手に入れにくく、上級プレイヤーには簡単に海賊を回避できてしまうアイテム。今後はバランスを調整していきた」ということだ。

 このほか、真・三國無双 Onlineの次期アップデート「Revolution 3」の内容についての質問もあったのだが、実は一部新機能を東京ゲームショウでは先行体験できる。実際にコーエーブースにてプレイを行ってきたので、続けて紹介しよう。

photophoto 左から山中肇氏、渥美貴史氏、藤重和博氏、上野彰三氏

スピーディなPvPが楽しめる「闘技」システム

 TGS特別バージョンとして先行体験できるのは、真・三國無双 Onlineの次期アップデート「Revolution」の、ほんのごく一部。新武器「大積刃剣」と新システム「闘技」の2つとなっている。

 アイテムの詳細についてはスクリーンショットを見ていただくとして、従来からあるPvPと闘技モード最大の違いは、マップはより狭く小さく、アイテムは最初から最大強化済みの状態で始まる、という点だ。お互い平等の条件で開始され、制限時間も5分と1回の勝敗が短時間で決まるため、何度も繰り返し楽しめるのがポイントになっている。闘技モードへの参加は最大4人 vs 4人だが、コーエーブースでは実際にほかのプレイヤーとのPvPを体験できる。現役プレイヤーはぜひこの機会に、足を運んでみてほしい。

photo これが新アイテムの「大積刃剣」だ
photo 闘技モードをプレイしてみた。本当にマップが狭いので敵の武将にすぐ出会うこと……
photo NPCに話しかけると、闘技場のマップや参加人数枠を選択できる


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

-PR-Game Shopping