「ITmedia Gamez」は2011年3月31日をもって終了しました。今後のゲーム情報については、「ITmedia ガジェット」をご活用頂ければ幸いです。



news113.jpg

日々是遊戯:今年の「ウン百分待ち」はどれ? 「TGS2008」へ行く人のための混雑予報

例年、人気タイトルとなるとプレイするのに数十分、数時間待ちも当たり前な「東京ゲームショウ」。そこで土日で会場を訪れる人のために、今年の混雑必至ブースをチェックしてみよう。

「モンハン3」やはり強し

wk_081010hibikore01.jpg 前作の大ヒットの後だけに、相当な人気が予想される「モンスターハンター3」

 明日10月11日から2日間は、一般ユーザーも入場可能なパブリックデーとなる「東京ゲームショウ2008」。休みを利用して、この週末に会場を訪れるゲームファンも多いことだろう。

 とは言え、限られた時間の中ですべてのブースを回るのは至難の業。特に例年、人気タイトルの試遊台は、ウン百分待ちもザラという状態で、うまく優先順位をつけて回っていかないと、最悪1〜2タイトル触っただけで終わりということにもなりかねない。そこで初日と2日目の様子から見た、人気タイトルの混雑予報をお届けしてみよう。

 まず、今回もっとも混雑が予想されるのがカプコンの「モンスターハンター3」。ビジネスデーの初日ですら最大3〜4時間待ちの行列ができており、プレイしたければこれ1本に絞るくらいの覚悟は必要かもしれない。とは言えプレイリポートでも触れているとおり、その体験内容はこれまでのシリーズ作品とはおもむきが異なるものとなっており、どれだけ待たされても触りたいという人はやはり多いだろう。

 また同じカプコンブースの「バイオハザード5」も要注意タイトルのひとつ。こちらも100分待ち以上は当たり前で、パブリックデーにはおそらくこれ以上の混雑が予想される。さすがに人気シリーズの最新作だけあって、注目している人は多いようだ。

 ざっと見たところ、ビジネスデーでは特にこの2タイトルに人気が集中していた印象。どちらも人気のタイトルだし、せっかくTGSに来たからにはぜひ触っておきたい。でもそうすると他のタイトルを見る時間がなくなってしまう……。一種、“究極の選択”に近いが、どちらを選ぶかはあなたの自由だ。

 ちなみに個人的にオススメなのが、レベルファイブをはじめ、ソニー・コンピュータエンタテインメントやスクウェア・エニックス、セガなどクローズドシアター式の出展形式をとっているところ。この手のブースでは一定時間ごとに中の人を一気に入れ替えるため、見た目よりも列の消化が早く、また出展内容も凝ったものが多い。とは言え、列は水もの。状況によっては、数百分待ちという「例外」も当然あり得るので、あまり鵜呑みにしすぎないように。

wk_081010hibikore02.jpg 国内でのプレイアブル出展は初となる「バイオハザード5」にも注目
wk_081010hibikore03.jpg 昨年の一番人気、レベルファイブは今年もクローズドシアターを展開
wk_081010hibikore04.jpg 物販コーナーも例年混雑するので、欲しいアイテムがある人はお早めに

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

-PR-Game Shopping