「ITmedia Gamez」は2011年3月31日をもって終了しました。今後のゲーム情報については、「ITmedia ガジェット」をご活用頂ければ幸いです。



news108.jpg

今日は何の日? 萌え曜日!:美少女ゲームのヒロインとあんなことやこんなことも!? 「ai sp@ce」で美少女ゲームの主人公になってきました

美少女ゲームのヒロインと一緒に生活できる3D生活空間サービス「ai sp@ce」が登場。サービス開始前から話題をさらっていたai sp@ceでしたが、実際はどーなの!? ということで、雛見沢的プレイリポートをお届けしちゃいます!

“俺の嫁”と過ごす人生、始めました

 2次元と3次元、美少女ゲームのヒロインと自分、互いに触れあえない僕たちの関係を例えるならばそう、ロミオとジュリエット! 感極まって2次元に入ろうとディスプレイに頭を押し付けている雛見沢です、こんにちわ。

 人気美少女ゲームブランドやドワンゴが提供する3D生活空間「ai sp@ce」が、正式サービスを開始しました。ai sp@ceはkeyの「CLANNAD」、Navelの「SHUFFLE!」、Circusの「DCII 〜ダ・カーポII〜」という、各美少女ゲームブランドの代表作の世界を仮想空間に再現し、お気に入りのキャラクターを育てて共同生活が楽しめるというコミュニケーションサービスです。2次元の向こう側で萌え萌えな美少女ゲームヒロインと暮らせたら……、なんて常日頃妄想してしまう僕を含めた諸兄が、歓喜してしまう夢のサービスなのです。

photo プレイヤーは最初に、自身のアバターを制作します。ちなみに雛見沢は、女の子キャラ“ひなみさわしゅうこ”で登録。ちょっとツリ目な感じがポイント
photophoto 舞台の中心地“アキハバラ島”からゲームスタート。現実の街である秋葉原をリアルに再現しており、「ゲーマーズ」の上では、ニコニコ動画も流れています

 アバターを制作すると、お次は各美少女ゲーム作品の世界を再現した“島”の中から、住みたい島を設定(住む島は選択できます)。鍵っ子(keyファン)の雛見沢は当然のごとくクラナド島にしました。島には学校や自宅アパート、商店街があり、美少女ゲームの世界観が楽しめます。実際に島内を歩くと“あそこであのヒロインがあんなことしてたなぁ”みたいな、作品のシーンがプレイバックすることもあります。

photophoto 自宅アパートが手に入り、しばらくするとアバターのパートナーとなる“キャラドル”が登場。話したり着替えさせたり、住んでいる島やアキハバラ島にキャラドルを連れ歩くことができます。名前の“たまちゃん”は昔好きだった女の子の名前だったりします……

 学校では教師や生徒などのNPCに話しかけると頼まれごとをされます。これはMMORPGで言うクエストにあたり、クリアすることでお金(デレ)やアイテムをゲットできます。手に入れたデレや、ニコニコ動画でも使える課金ポイントサービス「ニコニコポイント」を使い、衣装や家具が購入できます。キャラドルとの生活をより良いものにするため、必死にお金を貯めるべし!

photophotophoto 私立光坂高校の校門前の坂、風見学園の一年中咲く桜、国立バーベナ学園のひまわりなど、各作品でおなじみの部分も見事に再現! BGMもそれぞれの作品の曲が流れるているので、美少女ゲームのいちキャラクターとして参加している気分に!

photo キャラドルとの共同生活を楽しむだけでなく、ドラマ制作も本サービスのポイントのひとつ。このように渚たんに愛の告白も!?

 正式サービスを開始しましたが、まだまだ未実装な部分が多く、キャラドルを踊らせたり家を購入したりできるのはもうちょい先の話になりそうな様子です。また、ニコニコポイントを使ったアイテム課金でないと、ほとんどの衣装や家財道具が買えない点がマイナスポイントでしょうか。

 しかし、秋葉原の街や美少女ゲームの世界をバッチリ再現されているため、好きな作品の世界に入り込みたいというファンの理想をしっかり叶えてくれるので、美少女ゲーム好きの方にはオススメです。雛見沢的には、今後のバージョンアップを待ちながら、キャラドルのたまちゃんとイチャイチャしていようと思います。



Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

-PR-Game Shopping