「ITmedia Gamez」は2011年3月31日をもって終了しました。今後のゲーム情報については、「ITmedia ガジェット」をご活用頂ければ幸いです。



news014.jpg

今日は何の日? 萌え曜日!:女装少年にキュンキュンきちゃう? 話題の“男の娘”に萌えるべし!

“女装した少年に萌える”人たちって、女性ファンが多そうに聞こえますよね。しかし、いまや男性にも女装少年に萌える人たちが増えているようです。大丈夫なのか? 日本男児! とお思いのアナタ。本稿を読んで、めくるめく“男の娘(おとこのこ)”萌えワールドをご堪能あれ!

萌えの最新トレンド“男の娘萌え”

 マンガやアニメを見ていて、「なにこの娘、チョー萌え萌え!」なんて思ったキャラクターが実は女装した男子だと知った時、詐欺にでもあったような気分になってしまう雛見沢です、こんにちわ。

 しかし昨今の萌え業界では「むしろそれがイイ!」という風潮が目立つようになりました。女装する少年=“男の娘(おとこのこ)”という言葉ができたり、マンガ「ハヤテのごとく!」でのセリフ“こんなかわいい子が女の子のはずないじゃないですか”がネットで話題になるくらい、ホットな萌えジャンルのひとつとして注目されています。そんな“男の娘”というジャンルを楽しむために、先月発売されたばかりの作品や、絶対押さえておきたい実用書をピックアップしてご紹介します。

photo (C)GINTA/chuable soft (C)studio-HiRo (C)Fujimishobo

●絶対☆アイドル
発売元:富士見書房
原作:須田洋 作画:ぎん太

 アイドルを目指す少年・天乃宙が、ひょんなことから女装アイドルとしてデビューし、活躍するシンデレラストーリー。絵を見て分かる通り、ほんのり桜色に頬を染めながら衣装で裸体を隠す宙くんが、とんでもなくかわいいんです。本人としては男性アイドルとして活躍したかったのに、なぜか女装して歌うハメになる宙くんの苦悩っぷりを楽しみつつ、萌えるべし!


photo

●みずほアンビバレンツ
発売元:双葉社
著者:こいずみまり

 中学入学と同時に“女の子になること”に目覚めた超絶美少年・田代みずほが、周りの人間を勝手気ままに振り回すドタバタコメディ。彼女(彼?)の魅力の前には男女の差も関係なく、「男でも好きだ!」と同じ男子から迫られるほど。好き勝手に振る舞ってもかわいいから許せるのは、男の娘でも通用すると初めて知りました。こんな子に振り回されるなら本望ですね。


photo

●女装少年コレクション ゲーム編
発売元:一迅社

 男の娘萌えの火付け役ともなった、美少女ゲーム「はぴねす!」に登場する“準にゃん”こと渡良瀬準や、コンシューマ版が発売を予定している「恋する乙女と守護の楯」の山田妙子など、美少女ゲームを代表する男の娘たちが一挙紹介された書籍。本作では、美少女ゲームに登場した男の娘キャラ・約50人の魅力がたっぷり紹介されています。男の娘好きならばバイブルとして一冊は持っておくべき必携の書!


photo (C)CherryGirls

オトコのコはメイド服がお好き!?
制作:ホビージャパン

 喫茶店「cherry girls」で働く4兄弟のかわいいメイドさんたち(全員男の娘)の生活を、イラストとシナリオで楽しめるキャラクターコンテンツ。魅力は、なんといっても4人のメイドさん。物腰柔らかな清楚系の長男・ナオ、女装に抵抗を示す次男・ユキ、メガネが知的な三男・トモ、純真無垢な小悪魔系の四男・リオと、それぞれ個性豊かな男の娘たちが魅了してくれます。時折ある“ドキっ”とするシーンや萌え萌えシーンでは、彼らが男だと分かっていてもドキマギしてしまい、この葛藤や思いのたけを川辺でぶちまけたく(叫びたく)なります。


●オンナノコになりたい!
発売元:一迅社

●オトコの娘のための変身ガイド
発売元:遊タイム出版

photophoto (左から)オンナノコになりたい!、オトコの娘のための変身ガイド

 マンガやWebサイトなど、二次元の男の娘を楽しめる作品を紹介しましたが、お次は一段レベルを上げて、かわいい男の娘になるための女装ハウツー本2冊を紹介します。どちらも女装するために必要なメイクやスキンケア方法、パンストのはき方や仕草などが非常に細かく説明されており、初心者でも安心して女装できます。また、「オンナノコになりたい!」は続編としてコスプレ編が発売され、「オトコの娘のための変身ガイド」は本場の女装サロンに全面協力を得て制作するなど、それぞれに特色が見られる凝りよう。ちなみにもし自分が女装したら……なんて想像したら、久々に寒け以外で鳥肌立ちました。


 「もやしもん」の蛍や「ギルティギア」のブリジット、「乙女はお姉さまに恋してる」の瑞穂お姉さまや「ゆびさきミルクティー」の由紀(ゆき)ちゃんなど、今回紹介した以外にも男の娘ネタ作品はたくさんあり、魅力的な作品もまだまだたくさんあります。見た目が萌え萌えな女の子なのに実は男、といったモンモンとする葛藤を楽しみたい方は、ぜひ一度、これらの作品を手に取ってみてください。

 それでもまだ萌えないという人がいるかもしれません。でもほら、よーく考えて、恥ずかしがってイヤイヤ女装する男の娘を想像するとちょっと萌えません? ……なんて思った僕は、萌えの新たなステージへと上がったような気がします


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

-PR-Game Shopping