「ITmedia Gamez」は2011年3月31日をもって終了しました。今後のゲーム情報については、「ITmedia ガジェット」をご活用頂ければ幸いです。



news069.jpg

日々是遊戯:人間の限界を超えた究極のプレイ「TAS」って知ってますか?

ニコニコ動画などでゲーム動画を見ているとよく目にする「TAS」という言葉。「TAS氏」「TASさん」などと呼ばれていたりもしますが、まさか人間だと思ってる人はいませんよね?

「TASさん」は人ではありません

wk_081204hibikore01.jpg

 YouTubeやニコニコ動画などを見ていて、「TAS」という言葉を目にしたことはないだろうか。主にゲーム関係の動画に出てくる用語で、正しくは「Tool Assisted Speedrun」の略。簡単に言えば、エミュレータなどのツールを使って作成された、文字通り“人間離れ”したタイムアタックプレイのことを指す。

 もしまだ見たことがなければ、とりあえず「スーパーマリオ64」(→動画はこちら」や「ロックマン2」(→動画はこちらこちらこちら)あたりから見てみるのがオススメだ。「ロックマン2」の25分クリアあたりはまだ理解できるのだが、普通の人が遊んだら1週間〜1カ月はかかるであろう「スーパーマリオ64」を一体どうやったら5分29秒でクリアできるのか……(もしかすると、今はさらに更新されているかも)。もはやスーパープレイとかそういうレベルを超越した、思わず笑っちゃうようなミラクルの数々にきっと目を疑うハズだ。

 ところでこの「TAS動画」、実際にはどのようにして作られているのだろうか。ちょっと前になるが、その製作風景をTASプレイヤーみずから解説した動画がYouTubeにアップされ、注目を集めていた。

 この動画では「スーパマリオ64」を例にTASの作り方を解説。普通はエミュレータのコマ送り機能を使って正確な動きを実現したり、クイックセーブ&ロード機能を使って難しいシーンを何度もやり直したり――というのがTAS動画を作る際の基本になるのだが、「スーパーマリオ64」では操作をアナログスティックで行うため、人間の手ではどうしても正確さに限界がある。そこでこの動画では、コントローラからの入力もすべてツールで制御し、1コマごとに押すボタンやスティックの倒す方向を細かく指定。人間の手ではほとんど不可能な、究極の正確さを実現しているらしい。いやはや、わずか5分ちょっとのプレイに、まさかここまでの労力がかけられていたとは……。

 ちなみにこれはさすがにかなり高度な例で、普通のTASの作り方については、こちらの動画で別の方が日本語で詳しく解説してくれている。もちろん見ているだけでも楽しい「TAS動画」だが、もしやる気と根気があるなら、これを機に「TASさんデビュー」を目指してみてはいかがでしょうか。あ、もちろんエミュレータを使用する際には、違法に手に入れたROMデータなどを使うのは厳禁ですよ!


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

-PR-Game Shopping