「ITmedia Gamez」は2011年3月31日をもって終了しました。今後のゲーム情報については、「ITmedia ガジェット」をご活用頂ければ幸いです。



news123.jpg

午後4時28分、渋谷が「428」で染められた――「428 〜封鎖された渋谷で〜」発売記念イベント

12月4日、Wii「428 〜封鎖された渋谷で〜」の発売を記念して、セガは渋谷109前広場において、主題歌を歌う上木彩矢さんのゲリラライブを敢行した。

上木彩矢さんのゲリラライブで「渋谷」で「428」を!

wk_08120442801.jpg 急きょ決まったライブということもあり、バンドがいないのを不安がっていたが、堂々と歌い上げた

 12月4日、渋谷109前広場に設けられた特設ステージにおいて、セガより同日発売のWii用サウンドノベル「428 〜封鎖された渋谷で〜」の発売記念イベントが行われた。このイベントについては事前に告知していたものの、どういった内容のものになるかは伏せられていた。しかし、特設ステージに掲げられた看板には主題歌を歌う上木彩矢さんのシングル「世界はそれでも変わりはしない」の巨大ポップが並べられて立てられている。これを見て、ピンと来ないはずがない。

 上木さんは10代〜20代の女性に支持されるロックヴォーカリスト。場所柄もあるが、開始時間前にはぎっしり人があふれていた。イベントの開始時間は「428 〜封鎖された渋谷で〜」を文字って、午後4時28分。多少、時間的に正確ではなかったが、登場した上木さんに大きなの拍手と声援がおくられる。こうして、短い時間ながら「428」の時間が始まった。

 「428 〜封鎖された渋谷で〜」は200×年4月28日の1日に、渋谷を舞台に巻き起こるサスペンスを、複数の人物の行動を通して描き出すサウンドノベル。プレイヤーの選択によって、赤の他人だった複数の人物の物語が、互いに交差し連鎖していくというダイナミズムと、渋谷での一大ロケーションを敢行して撮影された映像が見事にシンクロしていく。人物の視点を変え、時間を飛び、プレイヤーは渋谷の迷宮に迷い込んでいく。

wk_08120442802.jpg 渋谷は学生の時にも来た街なので、特別な思いがあると上木さん

 上木さんは主題歌だけでなく、自身も同名のアーティスト役でゲームに出演している。さらに楽曲がゲームのストーリー展開に深く関与しているなど、従来になかったタイアップを実現している。楽曲が主題歌となったことについて喜びを隠せない上木さんは、2007年の2月に話をもらってからい、そこからゲームの世界観を想像して何曲か制作。その中から12月3日に発売されたシングル「世界はそれでも変わりはしない」が選ばれた。世界観がゲームにリンクしているのは、歌詞で渋谷をイメージし、たくさんの人を描いた結果と分析する。上木さんは、あまりゲームはやらないそうだが、チュンソフトの「かまいたちの夜」は遊んでおり、本作の体験版も遊んではまったと明かす。


wk_08120442803.jpgwk_08120442804.jpgwk_08120442805.jpg 「世界はそれでも変わりはしない」のPVも渋谷で撮影されており、ゲームとリンクしているところもあるのだそうだ。上木さんは行き交う人々の足を止める熱量で歌い上げる

wk_08120442809.jpg 左がディレクターのイシイジロウ氏、右が上木彩矢さん

 上木さんのライブ後、渋谷GiGOにて428店頭抽選会が催され、本作ディレクターのイシイジロウ氏のサイン会も開催された。サイン会には100名ほどが列をなし、時間をかけてファンと語る姿も。中には「10年待ちました!」と熱い思いを語る、チュンソフトが手がけた「街 〜運命の交差点〜」からのファンも駆けつけていた。以下、イシイ氏とライブを終えたばかりの上木さんへのインタビューを掲載する(以後、敬称略)。

イシイ 渋谷でこうしたイベントができたことに感動しています。渋谷を舞台にしたソフトだと分かる1日になりました。ファンからもたくさん声をかけてもらい、励みになりました。

上木 発売が待ち遠しかったです。体験版をやっていたのですが、やっとでたかと。渋谷の109前でライブもできてよかったです。

イシイ 上木さんに曲をお願いした際、何曲か送ってくれたんですが、どれもよくて。全部使っていいのか聞いてみたんです。オープニングとエンディングと挿入歌とって。でも、駄目でした(笑)。選ぶのに迷ったのですが、この曲にした決定打はエンディングで前向きに終われるという点でした。最終的にゲームでかけてみると、採用した曲のほうが気持ちいいんです。

上木 いつもこれでいいのかと悩みながら作っているので、そういうのを聞くと作ったかいがありますね。109の前で歌うことになったのも急で、すごく心細かったのですが、見に来てくれたお客さんの温かさに助けら、やってよかったと思っています。

イシイ 上木さんにはゲーム中にも登場してもらっているのですが、すごい早朝に撮影だったんです。上木さんに合わせてシナリオがまだリライトされていなかったので、イメージをつかみづらく苦労されたかもしれません。でもそこは同じ関西人同士のコミュニケーションでなんとかなったんじゃないかと。

上木 とてもスムーズに楽しく撮影できました。

イシイ ファンに10年待ってましたと言われましたが、今度は10年待たせないようにしたいと思っています。(「街 〜運命の交差点〜」の)ファンがたくさんいるんです。次回作は皆さんの応援次第ですが、またやれたらとは思っています。本作はチュンソフトのサウンドノベルの集大成として作っています。究極のものをスタッフが出しきったと思っていますので、端から端まで楽しんでほしい。上木さんの楽曲も、さまざまな好みのジャンルが違うスタッフすべてが、この曲でよかったと思える素敵な楽曲なので、ユーザーもそう思ってもらいたいし、そういうゲームになっています。

上木 体験版から楽しさが伝わっていた素晴らしいゲームです。わたしも集中して遊んでみたいです。世界観からリンクさせて作った楽曲というこだわりもあるので、ぜひ聞いてほしいです。


wk_08120442806.jpgwk_08120442807.jpg 渋谷GiGOでは抽選会と、イシイ氏のサイン会が行われた
wk_08120442808.jpg 渋谷の街に、12月3日から都内を走行している「428×上木彩矢」のミュージックトラックが登場。渋谷一帯の街頭7地点にビルボードも設置されている

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

-PR-Game Shopping