「ITmedia Gamez」は2011年3月31日をもって終了しました。今後のゲーム情報については、「ITmedia ガジェット」をご活用頂ければ幸いです。



news054.jpg

日々是遊戯:海外ユーザーが指摘する「JRPGが変えなければならない7つのこと」

イギリスのゲームサイト「THE OFFICIAL XBOX MAGAZINE」で、「JRPGが変えなければならない7つのこと」なる記事が話題を呼んでいる。

ココがヘンだよJRPG!

wk_090203hibikore01.jpg

 日本では相変わらずの人気ジャンルである一方、海外ではそこまで人気というほどでもないRPG。最近では「JRPG」という言葉も定着しつつあり、「Fallout3」や「Fable II」のような海外製RPGと、日本製RPGとを明確に分けて考える動きもあったりする。

 そんな中、イギリスのゲーム雑誌「THE OFFICIAL XBOX MAGAZINE」のサイトにおいて、「JRPGが変えなければならない7つのこと」(原題「7 J-RPG Hates(And What Needs To Change)」)なる記事が掲載されて話題を呼んでいる。多少筆者による意訳が入ってはいるものの、記事内で指摘されている「変えなければならないこと」とは、簡単にまとめると以下の7点。

1:子供のキャラクターをパーティに加えるのをやめさせるべき

パーティに一人はいる、幼い子供のキャラクター。でも生きるか死ぬかのミッションに、9歳の子供を連れていくのはどうなの?

2:悪人はもっとクールに

90年代以前のような、記憶に残るような悪役がいない。誰だって魅力のないケチな悪役なんかと対立したくはない。

3:装備を変えたら外見も変わるべき

せっかくすばらしい防具を手に入れて装備しても、彼らが着ているのはいつも同じ服。主人公たちが成長している実感がない。

4:もっとまともな声優を

日本語のオリジナル音声に比べて、吹き替え声優がチープ。

5:ムービーシーンであっさり死ぬキャラクター

ほんのちょっと前までは華麗に銃弾をかわし、巨大なモンスターを翻弄していたキャラクターを、ムービーシーンで突然殺すのはやめてほしい。

6:もっとダンジョンにパズル要素を

「ゼルダの伝説」のように、ダンジョンではもっと頭を使わせてほしい。単にザコとのランダムバトルでイライラさせられるだけのダンジョンにはうんざり。

7:ヒーローにも悪の側面を

私たちが見たいのはもっと複雑で、深みのあるストーリー。世界はそうはっきりと白黒に塗り分けられるものではないし、時には世界を破壊するようなヒーローも必要では?

 ――と、まあ大体こんな感じ。もちろん海外のユーザーと日本のユーザーとではセンスや嗜好に大きな違いがあるものの、総じて日本のRPGメーカーにとってはなかなか耳の痛い内容となっている。日本では“お約束”として広く受け入れられているような要素でも、海外のユーザーから見れば「なんで?」と思ってしまうような部分はまだまだ多いようだ。

 とは言え、海外ファンからも大きな期待を寄せられている「ファイナルファンタジーXIII」や、レビューサイトで軒並み高評価を獲得していた「ペルソナ4」など、まだまだ良質なJRPGを望む声が多いのも事実。ある意味では、今回の記事もそうした期待感の裏返しと言えなくもないのかもしれない?

関連キーワード

RPG | イギリス | 日々是遊戯



Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

-PR-Game Shopping