「ITmedia Gamez」は2011年3月31日をもって終了しました。今後のゲーム情報については、「ITmedia ガジェット」をご活用頂ければ幸いです。



news130.jpg

「AngelLoveOnline」次期アップデート「Season7〜忘却の都〜」実装間近――目玉は待望のハウジングシステム (1/2)

キューエンタテインメントが運営するMMORPG「AngelLoveOnline」では、2月26日に「Season7〜忘却の都〜」を実装する。それに先駆け、ひと足お先に体験リポートする。

wk_09022alo01.jpg

 キューエンタテインメントは同社が運営するMMORPG「AngelLoveOnline」(以下、Angel Love)の大型アップデート、「Season7〜忘却の都〜」を2月26日に実装する。今回アップデート直前のタイミングで同社を訪問し、実際のコンテンツを体験することができた。実はひと足先にTaipei Game Show記事でもAngel Love最新アップデート情報をお届けしていたのだが、言語を含む諸所の問題(ありていに言えば乏しい英語力)により、一部細かな部分については当初お伝えしていた内容と異なっている点を、あらかじめご了承いただきたい。

日本の強い要望でついに実現した、ハウジングシステム

 まずは注目のハウジングシステムからお伝えしよう。可愛さがポイントのカジュアル系MMOでは、もはや無くてはならぬ存在と言えるこの機能。女性プレイヤーの比率が高いAngel Loveでも人気が出ること間違いない。

 ハウスは基本的に所属国かエンジェル学園などの街エリアにしか設置できず、種類はサイズの異なる3タイプで、「ミニハウス」「ビューティハウス」「ゴージャスハウス」が用意されている。各ハウスの違いは見た目と部屋の広さ、設置できる家具数の上限だ。共通の機能としてハウスでは個人倉庫、アイテムの生産と注文書の納品、ペット飼育、傭兵召還、ダンスパーティ開催、ラッキーアップ/製作を行える。

 至れり尽くせり、あまりに便利なハウジングシステムだが、家を所有すればこれらの機能が全て利用できるわけではない。家にはレベルが存在し、レベルを上げるためには「魔力値」が必要になる。この魔力値を左右するのが部屋を彩る家具なのだ。家具は現時点で壁紙に床、ベッドや机、絵画など14カテゴリ、約140種類が用意されている。室内に家具を配置すると、それぞれに設定された魔力値が加算され、一定値に達すると家のレベルがあがるというわけだ。

 ちなみに同じ魔力値の家具でも、カテゴリが異なるものを組み合わせたほうがボーナス魔力値が付く分お得である。ハウス内での素材採取はかなり魅力的な機能だが、これが行えるのはハウスLv6からで必要魔力値は4500。家具の設置上限が35個というミニハウスの場合、ボーナス魔力値をうまく駆使すればLv6に届くかもというギリギリのところが限界との話だ。

wk_09022alo02.jpgwk_09022alo03.jpgwk_09022alo04.jpg

 気になる家具の入手方法だが、140種のうち約100種は生産系スキルによる製作が可能で、そのためのレシピはNPC販売となる。残り40種は完成品をアイテムモールで購入するか、素材に有料アイテムが必要となる。生産品/有料アイテムともに室内に一度設置すると有効期限は30日となっているため、プレイヤー間の売買や生産依頼といったコミュニケーションは、今まで以上に活発になるだろう。ごく稀にだが、生産スキルで作る家具の中には有効期限が30日以上のものが出来上がることもあり、高値で取引されることだろう。

 家具の配置はかなり自由度が高く、床材の上に絨毯を重ねたり、壁の好きな高さにランプや絵画を置くことが出来る。アイテム同士の当たり判定も比較的ゆるやかなので、工夫次第で個性溢れるマイルームが作れそうだ。現在公式サイト上にハウジングシステムを体験できるページがオープンしているので、一足先にインテリアを楽しみたいというプレイヤーは、ぜひ試してみて欲しい。

 また、ログインしている時間に比例してハウスは「清潔度」が落ち、機能が停止してしまう。せっかく頑張って多くの家具を設置してハウスLvを上げても、家の中が不潔では機能が利用不可となる。一家に一人ついているNPC「ラブ」に掃除道具を渡して、清潔度は常に保っておこう。

wk_09022alo05.jpgwk_09022alo06.jpgwk_09022alo07.jpg

 ハウスで利用できる機能について、もう少し詳しく説明しよう。ダンスパーティはハウスの持ち主がプレイヤーを招待でき、1分ほど室内にミラーボールがキラキラ光る……というだけのシンプルなもの。それだけ? などと言ってはいけない。パーティを開催すると参加人数に応じて経験値を獲得。参加者側にも2時間限定ステータスアップ効果のある消費アイテムがもらえるメリットがあるのだ。パーティ開催には有料アイテムが必要というのがネックだが、難易度の高いダンジョンやボス挑戦前に友達同士持ち回りでパーティを開いて、アイテム獲得という利用方法も考えられるだろう。室内採取はその名の通り、部屋の中に自分の生産スキルに合わせた資源が生えてくるというもの。

 ただし、何でも好きな資源が採れるわけではなく、キャラクターレベルに合った物のみだが、高レベルプレイヤーほど必要な資源が危険地帯に生えているので、これは嬉しい機能だろう。傭兵の召還はハウスLv2から利用可能な機能。メイドに話しかけると、アイテム「傭兵の石版」を入手。これを使うと8時間の間なら何度でも傭兵を召還し、ともに戦闘に参加してくれるのだ。ペットとは異なり命令ができない、一度死亡すると次の召還まで3分間のインターバルが必要などの違いはあるが、ハウスLvに比例してより強い傭兵を召還できる。ペット育成は通常戦闘に参加させないと育たないペットを、自宅に放置しておくだけでLvを上げられる便利機能だ。レベルアップ時に選択する「溺愛」「厳格」といった育成の方針も事前に設定できる。

wk_09022alo08.jpg ダンスパーティ開催中の様子。ハウスはインテリアだけでなく、室内からみた外観(庭にあたる場所)も、幾つかパターンを変えられる

 この他、他人のハウスを訪問して素敵だな〜と思ったら1票入れる、投票機能と掲示板が街中に設置される。ハウスを持ち、ハウスレベルが3以上の人のみ1日5回まで投票でき、ランキング200位以内に入れば魔力値がアップするボーナス付きだ。掲示板からは現在ダンスパーティ開催中のハウス一覧もチェックでき、掲示板からハウスへ直接ジャンプすることも可能だ。

 最後にハウスの入手方法だが、ミニハウスはゲーム内通貨を使ったガチャで、ビューティハウスとゴージャスハウスはアイテムモールのガチャのみとなっている。そう、いずれにせよ運が大きく左右するガチャでしかハウスは手に入らないのだ……。これに対するプレイヤーの反応がちょっと気になるところだが、キューエンタテインメント オンライン事業本部運営部 ディレクターの大泉公司氏によれば、あまりに便利な機能が多いことから、ある程度入手難易度は高めに設定したという話だ。また、既に台湾では数百種の家具が実装済みで、日本でも今後段階的なアップデートで家具とレシピを増やしたり、家そのものの外観を変えられるシステムなどが導入される予定とのことである。

wk_09022alo09.jpg 習得している生産スキルに合わせて、生産道具が二階(?)に設置される
wk_09022alo10.jpg ハウスレベル8でもらえる傭兵の石版は、プレイヤーキャラクターのレベルより少し高めの傭兵を召還可能だ
wk_09022alo11.jpg ハウスにはパスワード機能もあるが、できればBAN機能やブラックリスト機能などをつけて欲しかった
       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

-PR-Game Shopping