「ITmedia Gamez」は2011年3月31日をもって終了しました。今後のゲーム情報については、「ITmedia ガジェット」をご活用頂ければ幸いです。



news077.jpg

2人だから戦える――「バイオハザード 5」Co-opプレイを体験してきた

カプコンのPS3/Xbox 360用ソフト「バイオハザード5」。相棒と力を合わせて数々の難局を乗り切る“Co-op(協力)プレイ”を先行体験する機会を得たので、プレイした感触などをお届けする。

 3月5日に発売されるプレイステーション 3/Xbox 360用ソフト「バイオハザード5」に、相棒と力を合わせて数々の難局を乗り切る“Co-op(協力)プレイ”(オンラインでもオフラインでも可能)が搭載されているのは、すでにお伝えしている通りだ(関連記事→オフラインでも協力プレイ――「バイオハザード 5」スペシャルステージで新モードが明らかに)。

 今回、このCo-opプレイを先行体験する機会を得たので、プレイした感触などをお伝えしていこう。なお、詳しく触れていくとネタバレになってしまうため、ストーリーは割愛する。

photophotophoto Co-opプレイで操作できるのは、クリス・レッドフィールドとシェバ・アローマの2人だ

 まず始めに、これは当たり前のことだが、Co-opプレイは声を掛け合うのが非常に重要だと感じた。ゲーム中、一番多く出てくる敵は、狂気の人々なのだが、その数が結構半端ない。同じ敵を攻撃していると、別の敵にあっという間に近寄られて攻撃される、ということが多々あるのだ。また、背後から襲ってくる敵も、これまでのシリーズタイトルに比べて多い。

 シングルプレイの場合、相棒のシェバ・アローマの操作はCPUが行ってくれるので、背後に敵がいたとしても攻撃してくれる。だが、Co-opプレイの場合、2人が同じ方向を見て戦っていると、背後から近づく敵には気づかない。“前はどうにかするから後ろを見張ってて!”“後ろからも敵が来たから、とりあえず突破しよう!”など、お互いの状況を声に出して伝えることが何より大切だ。

photophotophoto 武器を持った敵の集団に襲われるクリスとシェバ。その場で戦うのか? それとも一旦突破するのか? 状況判断が求められる

 役割分担という意味でお勧めしたいのは、片方のプレイヤーが撃って敵をよろめかせ、もうひとりのプレイヤーが敵の懐に飛び込み、ボタンで“アッパー”や“フック”などのアクションを使う方法。弾薬を節約したい時などに有効だ。ただし、うまく敵をよろめかせられなかったり、タイミングを間違えると、一転してピンチに陥る。敵を倒すと弾薬を入手できることもあるので、弾薬に余裕がある場合は、素直に銃を使ったほうが良いだろう。

 敵と戦っている時だけでなく、体力を回復する際にも声を掛け合いたい。というのも、バイオハザード5では、2人のキャラクターが近くにいる状態で回復アイテム(救急スプレーやグリーンハーブなど)を使用すると、両方のキャラクターが回復するからだ。効果は半減することなく、ひとりで使った時と同じ分だけ回復する。弾薬とは異なり、敵から回復アイテムを入手できることはないので、ある意味では一番覚えておきたい要素かもしれない。

 ここまで書いてきて言うのも何だが、Co-opプレイでは、パートナーに気を使い過ぎても良くない。回復アイテムを例に挙げると、体力が赤ゲージのDYING(瀕死状態)になっているのに、“死にそうなんで回復アイテム使うよ”“ちょっと待って。いまそっちに行くから”といったやり取りをしている間に、敵に殺されてしまう。ゲームオーバーになっては元も子もないので、ある程度は自己判断も必要となるだろう。

先行体験できたシーンを最新画像とともに紹介

photophoto 「バイオハザード5」の象徴的な新クリーチャーを相手にするクリス。シェバの姿が見当たらないようだが……

photophoto 古代遺跡を探索するクリスとシェバ。通常、遺跡といえば“仕掛け”がつきものだが、シリーズ恒例の謎解きなどは存在するのだろうか

photo さまざまなシチュエーションが迫る、ここは軍用車に搭載の銃座を使って迫る敵との戦い。銃座は撃ちすぎるとオーバーヒートしてしまう
photo ひとりでは開けられない扉など、2人で協力するシーンは多々ある。囮作戦なら話は別だが、パートナーを置き去りにして、先に進まないようにしたい

photo カプセルの中に見えるものは……ここは何をする場所なのだろうか?
photo 強烈な爪あとが刻まれた壁。爪といえば“ハンター”“リッカー”“タイラント”などが思い出されるが……
photo 研究施設と思わしき巨大な場所に立つクリスとシェバ

※本記事はXbox 360版バイオハザード5を元に執筆しています。
(C)CAPCOM CO., LTD. 2009 ALL RIGHTS RESERVED.

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

-PR-Game Shopping