「ITmedia Gamez」は2011年3月31日をもって終了しました。今後のゲーム情報については、「ITmedia ガジェット」をご活用頂ければ幸いです。



news058.jpg

日々是遊戯:合計12万枚、重さ144キロもの「遊戯王カード」コレクションがヤフオクに

今なおTCGファンの間では根強い人気を誇る「遊戯王カード」だが、先日オークションに合計12万枚ものコレクションをまとめて出品した人がおり、注目を集めていた。果たして落札価格は!?

60万円は安い? 高い?

wk_090312hibikore01.jpg

 「俺のターン、ドロー!」で有名(?)な「遊戯王カード」こと、KONAMIの「遊☆戯☆王 5D's オフィシャルカードゲーム」(2008年に「遊☆戯☆王オフィシャルカードゲーム デュエルモンスターズ」から名称変更)。日本におけるトレーディングカードゲーム(TCG)ブームの先駆けとして、発売から10年以上が経った今でも根強い人気を誇る同シリーズだが、先日Yahoo!オークションで「引退に伴い、これまで集めたカードをまとめて処分したい」という出品があり、話題となっていた。

 「捨てるくらいなら誰かに譲りたい」というだけならよくある話だが、注目を集めたのはその枚数。レアリティ別の内訳を見ると、ホログラフィックレア(12BOXに1枚の割合で封入されている、ホログラム仕様のカード)が4枚、レリーフレア(アルティメットレア)約602枚、シークレットレア約1064枚、ウルトラレア約4295枚、スーパーレア約4974枚、レアカード約1万2000枚、ノーマルカード約10万1000枚。全部を足すと、なんと合計12万枚にものぼるというから驚くほかない。ノーマルカードの枚数に至っては、あまりに量が多いため、カード700枚を約1キロと考え、総重量144.2キロに700を掛けて算出した数字だそう。もはや計測単位が「重さ」になってしまっているあたり、出品者のコレクションのものすごさがうかがえる。

 結局、最終的には60万4000円で落札された形となったが、通常のブースターが150円(税込)で5枚入りと考えると、単純に12万枚すべてをブースターで集めたと仮定して、出品者がこれまでに費やした金額は約360万円。差額の300万円は文字通り闇のゲームに消えた形となったが、10年以上もの間たっぷり楽しんで300万円なら、大人が趣味に費やす額としてはそこまでケタ外れというわけでもない……のかもしれない。出品に至った理由は「車を購入したいため」とのことだが、一体出品者の中でどんな心境の変化があったのか、ぜひ直接会って聞いてみたいものだ。

 なお参考までに、直近30日の平均落札価格をレアリティ別に算出してみたところ、ホログラフィックレアが約1520円、レリーフレアが約571円、シークレットレアが約731円、ウルトラレアが約976円、スーパーレアが約953円、ノーマルレアが約328円という結果に(ノーマルカードは単価が低すぎる&ばらつきが大きすぎるので除外)。ためしにこれをそれぞれの枚数に掛け合わせてみると……うおっ、なんと合計1340万円! って、冷静に考えれてみれば、価値の低いカードはそもそも出品すらされないわけで、そうしたカードも含めれば実際の単価はもっと低くなるはず。ということでこちらの数字はあくまで「参考」ということでひとつ。

wk_090312hibikore02.jpgwk_090312hibikore03.jpgwk_090312hibikore04.jpg

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

-PR-Game Shopping