「ITmedia Gamez」は2011年3月31日をもって終了しました。今後のゲーム情報については、「ITmedia ガジェット」をご活用頂ければ幸いです。



news093.jpg

スイーツな会話でバカンスを――「どき魔女ぷらす」

SNKプレイモアは、「どき魔女」シリーズのいいところどりの最新作を、ニンテンドーDSで発売する。

新システムも搭載

wk_090420doki01.jpg

 あの「どきどき魔女裁判!」のキャラクターに、「どきどき魔女神判2」のシステムを“ぷらす”した、「どき魔女ぷらす」が発売される。

 タッチアドベンチャーと称される「どき魔女ぷらす」は、さまざまな場所へおもむき、、キャラクターと会話したり、魔女容疑者の情報や証拠となるアイテムを集めていくアドベンチャーパートと、追い詰めた魔女との魔法バトル、そしてドキドキすると浮かび上がる「魔女の紋章」を見つけ出す魔女チェックモードに分かれている。最新作では、新キャラクター、新シナリオ、新舞台、そして新システムを“ぷらす”しているとのこと。

wk_090420doki02.jpgwk_090420doki03.jpg 「アドベンチャーパート」では、魔女容疑者の情報収集と証拠固めをする。キャラクターと会話していちゃいちゃできる「スイーツコミュニケーションモード」も搭載

wk_090420doki04.jpgwk_090420doki05.jpg 集めた証拠で魔女容疑者を追いつめれば、容疑者とのバトルに。魔女だと認めない容疑者のHPをゼロにすればプレイヤーの勝利となる

wk_090420doki06.jpgwk_090420doki07.jpg 「魔法バトル」に勝利すれば、「魔女チェックモード」に移行。息を吹きかけたり、見つめたり、優しくドキドキさせると「魔女の紋章」が浮かび上がる

「スイーツコミュニケーションモード」

 メインキャラクターたちと、魔女探しそっちのけでラブラブできる新モード「スイーツコミュニケーションモード」が追加される。女の子たちの家に遊びに行って、2人っきりでイチャイチャするもよし、外でどきどきデートをするもよし。狙った彼女とあま〜い会話やスキンシップを楽しめば、今まで以上に深い仲になることもあるのだとか。

 ちなみに、上画面に流れる文字は、彼女に対するあなたの本音? 魔女チェックモードと同様にアイコンを選んだ後、ダイレクトに画面にタッチすることで、さまざまなリアクションを得ることができる。

wk_090420doki08.jpgwk_090420doki09.jpg このモードでは、プレイヤーが好きなキャラクターとスキンシップをはかり、彼女たちと仲良くなるのが目的となる。彼女たちと仲良くなって、プレイヤーを意識するドキドキ指数がMAXになると、何かが起きる……らしい

新キャラクター「夏南(かなん)きあら」登場

wk_090420doki10.jpg

wk_090420doki11.jpgwk_090420doki12.jpg 同性なのに(?)赤井まほに興味を示す、ちょっと不思議な女の子。ひょっとして彼女も魔女候補? 果たしてその正体は!?

新シナリオ&新舞台

 メインシナリオは、新キャラ「夏南きあら」を交え、パラレルなストーリー展開を新規に書き起こしている。掛け合いも一新され、新規サブシナリオも多数搭載される。また、オープニングをはじめ、重要なシーンはフルボイス対応させ、新たな舞台「南の島」を追加した。

 さらにバトル面では、ぷらす要素として魔女たちに新しいワザが追加される。超必殺のフィニッシュ技も“ぷらす”され、さらに熱くド派手な演出が施されるのだとか。

 魔女チェック時の反応やキャラクターパターンも倍増し、タッチの臨場感が大幅アップ。さらに「どき魔女1」とは違う衣装やポーズも追加される。

wk_090420doki13.jpgwk_090420doki14.jpg

wk_090420doki15.jpg

「どき魔女ぷらす」
対応機種ニンテンドーDS
ジャンルタッチアドベンチャー
発売予定日2009年夏
価格未定
プレイ人数1人
(C)SNK PLAYMORE



Copyright© 2014 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

-PR-Game Shopping