「ITmedia Gamez」は2011年3月31日をもって終了しました。今後のゲーム情報については、「ITmedia ガジェット」をご活用頂ければ幸いです。



news101.jpg

日々是遊戯:思わずよだれが……「朧村正」の食事シーンがスゴすぎると話題に

発売以来、好調なセールスが続いている、マーベラスエンターテイメントの「朧村正」。その「食事シーン」だけを集めた動画がなぜか話題になっている。

見るとお腹が減る動画

wk_090427hibikore01.jpg 特大の海老天が乗った天麩羅蕎麦。写真だとわかりませんが、ぷるんぷるん揺れてます

 去る4月9日にマーベラスエンターテインエントより発売された、Wii専用アクションRPG「朧村正」。和風絵巻調の美しいグラフィックや、今どき珍しい2Dベースの本格アクションRPGということで発売前からゲームファンの注目を集めていた本作ですが、その「食事シーン」だけを集めた映像が動画共有サイトなどにアップされ、ひそかに人気を集めている模様です。

 実はこのゲームを開発したヴァニラウェアという会社、ファンの間では以前から「食事シーンへのこだわりが半端ではない」ことで有名。もちろん本作においても、相変わらず凝りまくった芸の細かい演出で、プレイヤーの胃袋を刺激しまくってくれています。

 そのこだわりっぷりは、動画を見ていただければ一目瞭然。寿司、蕎麦、団子、焼き魚などなど、宿場ごとに用意された佳肴の品々は、もし可能ならば今すぐモニタの中に手を突っ込んでたぐり寄せたくなるほどのリアルさ。しかもご丁寧に、一口ごとに細かく量が減っていく演出まで付いているからたまらない。天麩羅蕎麦なら、まず特大の海老天をぱくり。続いてつゆと蕎麦をずずっ。もうもうと立ち上る湯気の白さと、いちいちおいしそうに揺れる椀の汁がさらに食欲をそそります。食事中、食べているプレイヤーの姿は一切見えませんが、食べ物の動きだけで、ここまでリアルに「食事」の風景を見せられるというのがスゴい。ああ、見てたらまたお腹が減ってきた……。

 ちなみに同じヴァニラウェア開発の「オーディンスフィア」や「プリンセスクラウン」も、やはり食事シーンに定評のある作品でした。時には体力回復、時にはパワーアップやスコアボーナスのアイテムとして、古くからゲームには欠かせない存在だった「食べ物」ですが、こうしてホントに「食べている風景」を見せてくれるのはけっこう新鮮。ゲーム性にはまったく関係ない部分で、こういう小さなこだわりを見せてくれるメーカーってちょっとイイですよね。

wk_090427hibikore02.jpg つやっつやのマグロ寿司。これがおいしくないわけない!
wk_090427hibikore03.jpg 鯛のお頭付きもこのとおり、キレイに骨だけの姿に
wk_090427hibikore04.jpg デザートは草餅。箸を入れると、もっちり、ぷつん! と切れます

(C)2009 Marvelous Entertainment Inc.



Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

-PR-Game Shopping