ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「ザ☆ネットスター!」最新記事一覧

ITmedia ニュース読者感謝祭:
2ちゃんねる、mixi、iPhone――IT業界10年の歩み 2004〜2014アクセスランキングTOP100
2004年にスタートしたITmediaニュース。誕生から11年の各年ごとのアクセスランキングTOP100をまとめました。……全1100個!(2015/2/18)

ねとらぼ:
NHKラジオでボカロ専門番組「エレうた!」
初音ミクやメグッポイドなど、VOCALOIDソフトで作った楽曲専門のリクエスト番組「エレうた!」が、この春、NHKラジオ第1で始まる。(2011/1/21)

テレビとUstとTwitterが“共演” NHK「ねとすた」最終回のカオス
5日に最終回を迎えたNHK BS2「ザ☆ネットスター!」の打ち上げでは、テレビとUstreamとTwitterがからまり、ねとすたらしいカオスが繰り広げられた。(2010/2/8)

【お知らせ】「ネットのスターは不滅です」――NHK「ねとすた」最終回、Twitter活用
ネットで人気のコンテンツや人を紹介するNHK BS2の番組「ザ☆ネットスター!」(ねとすた)が2月5日深夜の放送で最終回を迎える。(2010/2/4)

「アナロ熊のうた」がMステで紹介された
「アナロ熊」の生命力が強い! 先週発売された着うたが人気で、ミュージックステーションでも紹介された。(2009/6/22)

ねとらぼ:
NHK「ねとすた」サイトに「けいおん!」っぽいイラストが
自重しないことで有名なNHK BS2「ねとすた」のWebサイトに載ってるキャラがあまりに「けいおん!」っぽい。(2009/6/18)

ねとらぼ:
NHK BSの「ねとすた」から初音ミク曲発売 iTunesと着うたで
NHK BS2「ザ☆ネットスター!」の新旧オープニング曲がiTunesと着うたに。初音ミクが歌うオリジナル版に加え、ほんこ〜んさんやプリコさんが歌う「人間ボーカル版」もある。(2009/4/3)

【お知らせ】NHK BSの「ねとすた」11月号は「大企画会議キラッ☆」
「ザ☆ネットスター!」11月号は7日深夜に放送される。テーマは「第1回ねとすた大企画会議キラッ☆」。ゲストが新企画を提案し、これからの番組の方向性を議論する。(2008/11/7)

「日本人が優しすぎるから」――ニコ動で“育つ”香港の歌姫
歌は下手だと思ってた。ただ日本人の優しさに感動し、その気持ちを伝えたくて「ニコニコ動画」で歌い始めた。「私には歌うことしかできないから」――香港に住む18歳。歌で思いを届けようともがく。(2008/9/5)

【お知らせ】NHK BS「ネトスタ」7月号、台湾で「ニコニコ組曲」合唱した大学生が登場
NHK BS2のネット紹介番組「ザ☆ネットスター!」7月号の特集のテーマは台湾。ネット上の“日台交流”についてレポートする。「やる夫で学ぶ○○シリーズ」も紹介する。(2008/7/4)

ねとらぼ:
NHKが“ギャルゲー風”携帯ノベルや“金朋ネット番組” 「ねとすた」サイトで
NHK BS2のフリーダムな番組「ザ☆ネットスター!」から新企画が登場。“ギャルゲー風”携帯ノベルや、金田朋子さんがしゃべり倒すネット番組、東浩紀さんと柚姐のネット番組を公開する。(2008/5/29)

NHK BSで「MAD」特集 5月3日の「ザ☆ネットスター!」で
NHK BSのフリーダムすぎるネット番組「ザ☆ネットスター!」の5月3日放送分の特集は「MAD」だ。(2008/4/28)

NHK BS「ネットスター!」レギュラー化 初回は「初音ミク」特集
ネットで人気のコンテンツや人を紹介する新番組「ザ☆ネットスター!」がレギュラー番組化。第1回は「初音ミク現象」がテーマだ。(2008/3/25)

自分が「ギャルゲーキャラ」化される日が来るとは……
「初音ミク」関連の話題に注目が集まった先週、初音ミク曲をオープニング、エンディングに使ったテレビ番組が放映された。(2007/12/3)

【お知らせ】「ジョジョ立ち」「ロリ校長」も NHK BSで「ネットの面白さ発掘」番組
「ロリ校長」「ひとり情熱大陸」「ジョジョ立ち」――NHKは、話題のネットコンテンツを紹介する「ザ☆ネットスター!」を11月27日午後10時30分〜11時10分に衛星第2放送で放映する。(2007/11/26)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。