ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「手塚治虫」最新記事一覧

39年前の傑作「ルパンVS複製人間」、最新技術でよみがえる 監督「当時は誰もほめてくれなかったのに」
「ルパン三世」初の劇場版長編アニメ「ルパン三世 ルパンVS複製人間」が、4Kリマスター化の上でMX4D作品としてよみがえる。だが「当時は誰もほめてくれなかったのに」と監督は当惑気味だ。(2017/8/29)

主人公は弱気で卑屈! “異色”野球コミック『おおきく振りかぶって』が舞台化決定!
おお振り舞台化きた!(2017/8/25)

エアコンについている「自動温度調節機能」はAIと呼べるのか?
AIとは何なのか。(2017/7/15)

冨田勲さんによる「手塚アニメ」の名曲を初音ミクが歌うコラボCDが発売 生演奏をバックに歌唱、語り手としての演技も披露
時空やジャンルを超えたコラボレーション企画です。(2017/7/14)

「諸悪の根源は製作委員会」ってホント? アニメ制作における委員会の役割を制作会社と日本動画協会に聞いた
製作委員会ってそもそも何をする組織なの。(2017/6/18)

浦沢直樹×手塚治虫「PLUTO」がアニメ化! アヌシー国際アニメーション映画祭でサプライズ発表
ついにアニメ化か……!(2017/6/14)

初音ミク×手塚ワールドの企画展 宝塚・手塚治虫記念館で7月1日より開催
冨田勲さんが繋いだご縁。(2017/6/1)

手塚治虫や藤子不二雄、石ノ森章太郎、赤塚不二夫……トキワ荘の漫画家たちが愛したラーメン「松葉」に行ってきた
藤子作品に登場するキャラクター「小池さん」が食べているラーメンのモデルとなったお店です。(2017/5/27)

西原理恵子「毎日かあさん」、“卒母”理由に連載16年で幕 10月からは新連載がスタート
6月26日付で連載を終了する。通算723回。(2017/5/22)

あれって、AIですよね?:
「バビル2世」のコンピュータを、2017年のテクノロジーで解説しよう
手塚治虫が、スピルバーグが、そして全世界の子どもたちがあのころ夢見たテクノロジーは、2017年現在どこまで実現できているのだろうか?――「鉄腕アトム」や「2001年宇宙の旅」に登場したコンピュータやロボットを、現代のテクノロジーで徹底解説する「テクノロジー名作劇場」、第1回は、横山光輝先生の「バビル2世」だ!(2017/5/10)

マンガ賞選考委員はつらいよ
第21回手塚治虫文化賞でマンガ大賞に輝いたくらもちふさこ「花に染む」はどんな作品?(2017/4/27)

かつて、吾妻ひでおは神だった
マイナー漫画の魅力にはまった筆者の30年来の思い出とともに。(2017/4/15)

ビジネスの裏側:
百貨店を救う? アニメ・マンガの集客力
売り上げ減に悩む百貨店業界の救世主として、アニメとマンガが注目を集めている。(2017/4/11)

苦境の百貨店、「アニメ」で光 おそ松、ガンダム、黒子のバスケ……
売り上げ減に悩む百貨店業界の救世主として、アニメとマンガが注目を集めている。(2017/4/11)

グループ全体でレジャーを提供:
西武鉄道の強みは何か
西武新宿から、あるいは池袋から埼玉県へ路線を伸ばしていく西武鉄道。沿線には遊園地や球場などがあるが、どのような強みがあるのか。(2017/3/13)

漫画「鉄腕アトム」から生まれたロボット「ATOM」に秘められた、もうひとつの話
このデザインを見て、気付く人は気付くだろう。その技術に迫った。(2017/2/23)

雑誌にパーツが付属、全70号:
AIで話すロボット作れる「週刊鉄腕アトム」発売
講談社が、「鉄腕アトム」をモデルとした対話型ロボット「ATOM」のパーツが付属するパートワーク雑誌(全70号)を創刊。「ATOM」は、AIの顔認識技術と自然対話技術を活用し、ユーザーとの高度な対話ができるという。(2017/2/22)

5社共同で鉄腕アトムを開発する「ATOMプロジェクト」始動 第1弾はパートワークとして発売
アトム開発のアベンジャーズが集結。(2017/2/22)

【連載】行動経済学で理解する次世代マーケティングキーワード 第4回:
「ピア効果」――仲間同士の盛り上がりが満足度を劇的に高める
仲間同士でつながり合い、切磋琢磨することで成果が上がる「ピア効果」。SNSの普及を背景に、これをうまくマーケティングに取り入れるための考え方を紹介する。(2016/11/30)

漫画家・福元一義さん、今年9月に亡くなっていた 手塚治虫の元チーフアシスタント
手塚プロダクションなどへの取材で分かった。(2016/11/23)

「手塚治虫文化祭」特別対談:
巨匠・モンキー・パンチ、“漫画の神様”手塚治虫を語る 「手塚先生がいなければ漫画家になってなかった」
「手塚治虫文化祭 〜キチムシ‘16〜」の開催を記念し、手塚るみ子さんとの対談が実現した。(2016/11/3)

UNiCASE、手塚治虫マンガとコラボしたネクタイ柄iPhone 7ケースを発売
手塚治虫マンガ「鉄腕アトム」「UNICO」「ジャングル大帝」「ブラック・ジャック」のキャラクターやモチーフを取り入れ、ネクタイ柄をイメージしたデザインのiPhone 7ケースがUNiCASEから登場。(2016/11/2)

浦沢直樹、「バンド・デシネ」の著名ベルギー人作家と対談 デビュー当時の原稿料もぼそり
手塚作品をマネした子ども時代から、カラーページに苦労したデビュー後の話まで。(2016/10/24)

冨田勲追悼公演に“手塚治虫タッチの初音ミク”が登場! 手塚アニメ劇伴の貴重な音源集も初CD化へ
しかもイラストは2種類!(2016/9/30)

スピン経済の歩き方:
『君の名は。』『聲の形』……岐阜にアニメの「聖地」が続々と生まれている理由
ここ数年、上映されているアニメ映画の舞台をみると「岐阜県」が多い。「そんなの偶然でしょ」と思われたかもしれないが、アニメ業界で岐阜の存在感が増しているのは「必然」なのかもしれない。なぜなら……。(2016/9/6)

ポケモンGOで深刻化する「歩きスマホ」の画期的(?)な解決策
これで「歩きスマホ」問題を解決できるはず?(2016/9/3)

手塚治虫キャラクターをリメイクしたカードゲームだと! 奥浩哉、ヒロアキ、須田剛一、松山洋らが参加
ゲーム業界人がたくさん!(2016/8/23)

Kindle Unlimited、試してわかった「流行る理由」
Amazonが送り込んできた新たな黒船、定額読み放題サービスをさっそく使ってみた。「これは流行る!」と確信した。その理由は……。(2016/8/3)

Amazon、月額980円で電子書籍読み放題の「Kindle Unlimited」日本でスタート
米国で提供していたKindle Unlimitedを日本でも。(2016/8/3)

Kindle Unlimited、国内サービス開始 月額980円で読み放題
Amazon.co.jpでも、和書12万冊以上、洋書120万冊以上が定額で読み放題になるサービス「Kindle Unlimited」がスタート。月額980円でKindleアプリやKindle端末、Fireタブレットなどから利用できる。(2016/8/3)

アニメ「3月のライオン」声優陣が決定! 桐山零役は河西健吾、3姉妹役に茅野愛衣、花澤香菜、久野美咲
ひなちゃんの透明感を花澤さんが表現してくれるぞ!(2016/7/22)

鉄腕アトムと友だちになる日は近い? 「ロボットと暮らす未来」を考える特別展開催
横浜人形の家にて。(2016/7/16)

名コラボ再び! BUMP OF CHICKEN、アニメ「3月のライオン」主題歌を書き下ろし
「バンプかな?」「バンプじゃねーか」の形式美再び。(2016/7/15)

漫画の聖地「トキワ荘」の復元が決定 2020年にオープン予定
豊島区の跡地近くに建てられます。(2016/7/10)

「映画とは人生そのもの」 映画フリーク永井豪、漫画との関係性や“文化”としての創作を語りまくる
「映画は最も漫画に近いというか、“映像で伝える”というところが近いと思うんです」。(2016/6/24)

日本アニメの創成期を知る大ベテラン 「カールおじさん」の生みの親・ひこねのりおさんに聞くアニメ業界秘話【PR】
31年ぶりに公開された「たけのこの里」の新作CM。ベテランアニメーターのひこねのりおさんに貴重なお話を聞きました。(2016/6/20)

鉄腕アトム誕生前史を描く「アトム ザ・ビギニング」アニメ化決定
月刊「ヒーローズ」で連載中。原作第3巻は6月3日発売。(2016/6/1)

洗練された曲線美 「ワンパンマン」サイタマ先生のベアブリックが発売
ジェノスが箱買いしちゃうやつ。(2016/5/31)

ロボホン発売、自ら「カンパイ」、予約は1000台
伊勢志摩サミットにも“出張中”。(2016/5/26)

シンセサイザーの巨匠・冨田勲さん死去
シンセサイザー音楽の第一人者として世界的に知られる作曲家の冨田勲さんが死去した。84歳だった。(2016/5/9)

作曲家・編曲家の冨田勲さん亡くなる 84歳
初音ミクとのコラボが話題になっていました。(2016/5/8)

第20回手塚治虫文化賞、大賞に「よつばと!」「鼻紙写楽」が異例のW受賞 短編賞には「じみへん」
清新な才能を持つ作家に贈る「新生賞」は安藤ゆきさんに。(2016/4/27)

郵便ポストが楳図かずおさんお馴染みのボーダーに! 切手の博物館に「まことちゃんポスト」設置へ
グワシとサバラも描かれています。(2016/4/24)

アニメ監督×漫画家×小説家:
これからの人類はAIとどう向き合っていくべきか――「AIの遺電子」山田胡瓜と「イヴの時間」吉浦康裕、水市恵が語る現在と未来
これまでSFにしか存在しなかった、人間と見分けのつかない知性を備えたAIが近い将来、本当に実現するのかもしれない。そんなAIが実用化された社会はどんなものになるのだろうか。(2016/4/14)

テレビアニメ「3月のライオン」のメインビジュアルが解禁! 音楽は「おそ松さん」の橋本由香利
キャラデザは「ニセコイ」「荒川アンダー ザ ブリッジ」の杉山延寛が担当。(2016/3/25)

神木隆之介、実写映画「3月のライオン」の主人公・桐山零役に 監督は「るろうに剣心」シリーズの大友啓史
予想通りだったという人も多いかも?(2016/3/16)

モデルでアクセサリーデザイナーの武居詩織は、市川春子「宝石の国」の“曖昧さ”に魅了された
デザイナー視点で読む「宝石の国」。(2016/3/5)

田中圭一はもともとパロディを描くつもりはなかった? 手塚るみ子とのトークイベントで明らかに
いつもの熱いかけあいも展開されました。(2016/3/1)

NHK Eテレで「浦沢直樹の漫勉」セカンドシーズン放送決定 萩尾望都、花沢健吾、五十嵐大介、古屋兎丸の仕事に迫る
待ってましたああああああ!(2016/2/19)

Google、西陣織や九谷焼など工芸品の写真をネット公開 「Made in Japan: 日本の匠」プロジェクト始動
Googleが、日本の工芸品82種の写真をネットで無料公開する「Made in Japan: 日本の匠」をスタート。(2016/1/26)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。