2005年09月23日 00時00分 更新

東京ゲームショウ2005

9月16日〜9月18日の間、過去最大の規模で開催され、史上最高の入場者となった「東京ゲームショウ2005」を振り返ってみよう。

2005年9月22日の記事

2005年9月21日の記事

2005年9月19日の記事

2005年9月18日の記事

2005年9月17日の記事

2005年9月16日の記事

2005年9月15日の記事

2005年9月14日の記事

2005年9月13日の記事

2005年9月12日の記事

2005年9月9日の記事

2005年9月8日の記事

2005年9月7日の記事

2005年9月6日の記事

2005年9月5日の記事

2005年9月2日の記事

2005年9月1日の記事

2005年8月29日の記事

2005年8月26日の記事

2005年8月23日の記事

2005年8月10日の記事

関連リンク

東京ゲームショウ2006
9月22日〜9月24日に開催される「東京ゲームショウ2006」の開催概要が発表された。7月5日時点で過去最大の社数、規模となることが明らかになった。2001年秋以来の、幕張メッセ1〜8ホールを使用しての開催となる。


注目の記事

東京ゲームショウ2005――「TGSフォーラム2005」基調講演: 任天堂代表取締役社長・岩田聡氏 基調講演では何が語られたのか
次世代機「Revolution」用のコントローラ“ゲームリモコン”を初公開し、大きな注目を集めた任天堂代表取締役・岩田聡氏のTGSフォーラム2005基調講演。岩田氏は2年ぶりの登壇となるが、今年の講演は「ゲーム人口の拡大に向けて〜ゲーム産業に今、何が必要か〜」と題し、ニンテンドーDSからRevolutionへとつながる任天堂の一貫したビジョン、ゲーム市場拡大への取り組みがそれぞれ語られた。 (9/16 23:59)


東京ゲームショウ2005閉幕。来場者は合計で17万6056人
9月16日〜18日の3日間にわたって開催された「東京ゲームショウ2005」が閉幕した。トータルの来場者は17万6056人と、昨年よりも1万6000人あまり多い来場者となった。 (9/18 17:45)


東京ゲームショウ2005――コナミブース: 「MGS 5」は桜井政博氏が制作? 衝撃的なコメントも飛び出した「MG Saga ON TGS」
コナミブースにて、「METAL GEAR」の歴史を振り返るステージイベント「MG Saga ON TGS」が開催された。ステージには、小島監督とアートディレクターの新川洋司氏に加え、特別ゲストとして、ゲームデザイナーの桜井政博氏の3人が登場した。 (9/19 06:12)


東京ゲームショウ2005――マイクロソフトブース: ワイヤレスコントローラのレスポンスなどXbox 360のハード面を検証
東京ゲームショウのマイクロソフトブースに用意されているXbox 360用タイトルのデモは、すべてXbox 360の実機が利用されていた。そこで、Xbox 360本体やコントローラなどのハード面を、実際に見て触って検証してみた。 (9/18 15:54)


東京ゲームショウ2005――タイトーブース: タッチペンで魔方陣を描いて敵を倒せ――ロストマジック
この冬発売予定のニンテンドーDSソフト「ロストマジック」は、タッチペンならではの操作感を生かしたソフト。プレーヤーは魔道士となり、魔方陣を描いて魔法を飛ばしたり、魔物を指示して敵を倒していくアクションRPGだ。 (9/18 15:52)


東京ゲームショウ2005――ナムコ/バンダイブース: やっぱり「ガンダム」は盛り上がる〜古谷徹氏、進藤尚美氏も来場
17日、ナムコ/バンダイブースで行われた「ガンダムバトルステージ in TGS2005」では、ガンダム関連タイトルを紹介。大挙して押し寄せたファンを前に期待度が高いことを再確認させられた。 (9/18 15:30)


東京ゲームショウ2005――セガブース: “大人だからこそ気軽に楽しめる”それが「龍が如く」だ
セガブースの一角、18歳未満は入場禁止の部屋状のコーナーにPS 2用ソフト「龍が如く」のシアター&試遊台が用意されている。試遊台にて体験したバトルや世界観、さらには収録されるであろうモードの数々を紹介する。 (9/18 13:46)


東京ゲームショウ2005――KDDIブース: 会いに来てと言われたから井上ゆりなちゃんに会いに行ってみた
KDDIブースで、連日司会にアシスタントにリポーターにと大忙しの井上ゆりなちゃんを中心に、ゲーム紹介や他ブースと中継した対戦企画などを実施。特に「モンスターハンター2」は開場同時に数時間待ちとなった。 (9/18 13:18)


東京ゲームショウ2005――セガブース: セガ“ラブラビッツ”のスペシャルライブで今年もラヴィ
去年に引き続き、セガブースのラストを飾るライブは「君のために死ねる」でデビューした”ラブラビッツ”。今年は「きみしね」のテーマ曲に加え、新作「赤ちゃんはどこからくるの?」から2曲を披露。相変わらずテンション高すぎるライブです(褒め言葉)。 (9/18 09:40)


東京ゲームショウ2005――セガブース: 「龍が如く」にまたまた著名人が――人気グラビアアイドル安田美沙子さん、夏川純さん、後藤ゆきこさんが登場
セガが、2005年冬に発売を予定しているプレイステーション 2用ソフト「龍が如く」。声優初挑戦である渡哲也氏を始め、多くの著名人が参加する本作に、今度は人気グラビアアイドル3人が登場することが明らかになった。 (9/18 04:00)


東京ゲームショウ2005――SCEブース: 海外旅行にPSPを携えよう!「TALKMAN」
PSPならではの新機軸タイトルとして昨年7月の企画発表以来注目を集めてきた「TALKMAN」。発売を11月に控え、SCEブースでは特設エリアによるデモンストレーションが開かれていた。 (9/18 02:55)


東京ゲームショウ2005――バンダイナムコブース: 「ソウルキャリバーIII」の魅力を、プロデューサーが改めて語る
ナムコバンダイブースでは、発売間近となった剣劇対戦アクション「ソウルキャリバーIII」のスペシャルステージが開催。登壇した「ソウルキャリバー」プロジェクトのプロデューサー・世取山宏秋氏からは、本作の魅力が改めて語られた。 (9/18 02:42)


東京ゲームショウ2005――SCEブース: ゲームを遊んで幸福を招こう! 「福福の島」
PSPのタイトル数の充実ぶりは目を見張るものがあるSCEブースにおいて、異色のPSPタイトル「福福の島」をプレイしてみた。 (9/18 02:10)


東京ゲームショウ2005――SCEブース: 壮大なSF世界で豪快なアクションRPGを! 「ローグギャラクシー」
今年のSCEブースにおける試遊台数ナンバーワンを誇る「ローグギャラクシー」。12月発売予定の今作を一足お先に体験プレイすることができた。その模様を報告したいと思う。 (9/18 00:50)


東京ゲームショウ2005――SCEブース: 「ICO」から4年……。この感覚を待っていた! 「ワンダと巨像」
「ワンダと巨像」試遊台は全部で6台。常に誰かしらがプレイしているといった状態で、ファンの期待の高さがうかがえる。実際にプレイしてみたので、さっそくご報告! (9/17 23:44)


東京ゲームショウ2005――マイクロソフトブース: 想像以上に本格的なRPGとして仕上がりつつある――「エム 〜エンチャント・アーム〜」
フロムソフトウェアが開発している、Xbox 360向け本格ファンタジーRPGとして期待の「エム 〜エンチャント・アーム〜」。プレイアブルデモでは、街で他のキャラクターと会話を楽しんだり、敵との戦闘を体験できた。 (9/17 19:12)


Xbox 360「PGR 3」で“本物のリアルドライビング”が実現する
2006年1月に発売が決定したXbox 360向けレースゲーム「PGR 3」。今回、同社のデザインマネージャーであるギャレス氏と、ウェブディベロッパーのベン氏に、実機を使っての「PGR 3」デモ説明を受けることができた。 (9/17 17:07)


東京ゲームショウ2005――カプコンブース: あの興奮がパワーアップして帰ってきた! 「モンスターハンター2[dos]」と「モンスターハンターポータブル」
大盛況のカプコンブースの中でもひときわにぎわっている「モンスターハンター」コーナー。アイルーの着ぐるみさんも参加者たちを熱く応援! そんな「モンスターハンター」シリーズの新作試遊台に触れてきたのでさっそくリポートします。 (9/17 14:35)


東京ゲームショウ2005――タイトーブース: 元テストパイロットも参戦――「ワールドエアフォース(仮称)」イベント
タイトーブースでは、Xbox 360ソフト「ワールドエアフォース(仮称)」のイベントが行われていた。プロデューサーであるタイトーの河上聖治氏と、元航空自衛隊テストパイロットの田中石城氏が登場。今作についてのデモを行った。 (9/17 13:50)


東京ゲームショウ2005: 本日から「東京ゲームショウ2005」一般公開はじまる――ビジネスデイは3万6068人の入場
先日16日に千葉県・幕張メッセで開幕した「東京ゲームショウ2005」は、本日17日から一般公開がはじまり、開場前から長い行列ができていた。 (9/17 10:08)


東京ゲームショウ2005――番外編: 「DEAD OR ALIVE4」特別試遊会リポート
9月16日夕刻。東京ゲームショウのビジネスデイが終了した幕張メッセでは帰路につく人々が散見されるこの時間に、メッセ近くのホテルにおいて、テクモのイベントが開催された。「DEAD OR ALIVE4」をいち早く体験できるというプレス向けのイベントだ。東京ゲームショウに赴いたその足で、このイベントに参加してみた。 (9/17 08:26)


東京ゲームショウ2005――マイクロソフトブース: パーティゲームは“ジャマしてなんぼ”――Xbox 360「エブリパーティ」プレイリポート
ボードゲーム好きで有名なゲームリパブリックの岡本吉起氏がプロデュースする、誰もが本気で楽しめるXbox 360用新感覚パーティゲーム「エブリパーティ」。「運の強さ」以外に、この手のゲームでは必要なものがあることを、改めて気付かせてくれる1本だ。 (9/17 06:26)


東京ゲームショウ2005――マイクロソフトブース: “大軍勢”を感じてきました――Xbox 360「NINETY-NINE NIGHTS」プレイリポート
水口哲也氏と韓国・ファンタグラムが手を組み、開発が行われているXbox 360用ファンタジーアクション「NINETY-NINE NIGHTS」。水口氏の語る“大軍勢感”とは一体どんなものなのかを身をもって知るべく、実際にプレイを行ってみた。 (9/17 04:16)


東京ゲームショウ2005――コナミブース: 「ときめきメモリアルONLINE」に体験入学――メタルユーキ校長も登場!
まだまだ開発段階ではあるが、ファンからの期待が高い「ときめきメモリアルONLINE」。男子も女子も存在するバーチャル高校とあらば、今までの「ときめきメモリアル」シリーズとは勝手が違うはず。MMORPGが隆盛なオンラインゲームの世界でこのタイトルはどのような魅力を提示してくれるのか。30分だけ体験入学してみたら校長先生に遭遇! (9/17 03:57)


東京ゲームショウ2005――タイトーブース: Xbox 360「ワールドエアフォース(仮称)」を前面に出しつつも実は……
タイトーはXbox 360と同時発売される「ワールドエアフォース(仮称)」を中心に、あらゆるジャンルで手に触ってもらうことを重視し展開している。 (9/17 03:34)


東京ゲームショウ2005――マイクロソフトブース: フロム・ソフトウェア、Xbox 360向けソフト「天誅 360」、「アーマード・コア 4」の発売を決定
マイクロソフトブースにて、フロム・ソフトウェアによるXbox 360向けタイトルの新作発表会が開催された。ここでは、「エム〜エンチャント・アーム〜」の新情報のほか、Xbox 360向け新作ソフト2本が発表された。 (9/17 02:27)


東京ゲームショウ2005――コナミブース: 「ゲームが変わる。TGSで変わる。MGSが変える」――小島監督MGS4トークショウ
プレイステーション 3タイトルとして発表された「METAL GEAR SOLID4」。その最新映像を携えて小島監督が堂々登場! 実際にプレイできるのはまだまだ先のようだが、PS3の、そして「METAL GEAR SOLID4」の大きな可能性を感じさせてくれるトークショウだった。 (9/17 02:16)


東京ゲームショウ2005――ロビー・バック基調講演リポート: 目標はコンセプトリーダーからマーケットリーダーへ
東京ゲームショウ2005と併催されているTGSフォーラムにおいて、Microsoftシニアバイスプレジデントのロビー・バック氏による基調講演が行われた。 (9/17 01:38)


東京ゲームショウ2005――ガンホーブース: ECO、「SAGA1 白き大地と無限の回廊」を10月中に実装
ガンホーブースで行われた「エミル・クロニクル・オンライン」の紹介コーナーでは、次のステップとなる「SAGA1 白き大地と無限の回廊」が発表された。今度はアクロニア大陸の北に位置する氷河の島「ノーザン」が加わることになる。 (9/17 01:37)


東京ゲームショウ2005――セガブース: 次世代ゲーム機向けタイトル紹介イベントでXbox 360向け「SONIC THE HEDGEHOG」を公開
セガブースの特設ステージでは、連日多数のイベントが開催される予定となっている。その中で、セガの中裕司氏によって進められる次世代ゲーム機向けタイトルの紹介イベント「SEGA THE FUTURE!」において、Xbox 360向けのソニック・ザ・ヘッジホッグが公開された。 (9/17 00:34)


東京ゲームショウ2005――バンダイナムコブース: 初の共同出展で、40タイトル近くを誇る大型ブースに
経営統合を行うバンダイとナムコは、共同でのブース出展で、ちょうど真ん中で区切る形で、左がナムコ、右がバンダイとなっていた。なお、プレイアブル版は「リッジレーサー6」や「.hack//fragment」など、合わせて30タイトルにおよぶ。 (9/16 23:55)


東京ゲームショウ2005――セガブース: 「アーマード・コア」以上の自由度とオリジナリティを――Xbox 360「クロムハウンズ(仮称)」
セガとフロム・ソフトウェアがコンビを組んだ、Xbox 360向けメカアクションゲーム「クロムハウンズ(仮称)」。フロム・ソフトウェアの「アーマード・コア」シリーズのノウハウはもちろん、両社の持つ技術が注ぎ込まれた本作のプレゼンテーションが行われた。 (9/16 23:50)


東京ゲームショウ2005――コナミブース: メタルギアソリッドシリーズ、幻想水滸伝シリーズなど大作出揃う
プレイアブルタイトルの多いコナミブース。話題の新作にどんどん触れてみよう。特設エリアでのイベントも目白押しで最新映像満載のコナミシアターも大盛況だ。 (9/16 23:42)


東京ゲームショウ2005――ガンホーブース: 開始2日間で10万ID達成――ヨーグルティングはこれからも元気
「学園オンラインRPG」という珍しいジャンルのネットワークゲーム「ヨーグルティング」。東京ゲームショウのガンホーブースでは、ヨーグルティングの今後の展開についても発表された。ついに4年生にまで進級可能だ! (9/16 21:39)


東京ゲームショウ2005――コーエーブース: Xbox 360「真・三國無双 4 Special」とPSP「戦国無双」試遊可能
本日発売が報じられたPSP版「戦国無双」が早くもプレイアブル出展され、さらに次世代機関連には人だかりが絶えなかった。 (9/16 21:37)


東京ゲームショウ2005: スクエニ、「コードエイジ」携帯ゲームをプレイアブルで展示
ドコモブースに、マルチメディア展開が話題の携帯ゲーム「コード・エイジ ブロウルズ」が実際に遊べる状態で展示されている。 (9/16 21:29)


東京ゲームショウ2005――マイクロソフトブース: HORIがXbox 360用周辺機器を展示
コントローラなどの周辺機器メーカーとしておなじみのHORIが、Xbox 360用のコントローラなどの周辺機器を発表。マイクロソフトブースで実際にその周辺機器が展示されている。 (9/16 19:46)


東京ゲームショウ2005――カプコンブース: 「大神」や「新 鬼武者」などPS 2の話題作が続々登場――Xbox 360「デッド ライジング」も
カプコンブースでは、ようやく情報が明らかにされ始めた、プレイステーション 2用ソフト「大神」や、“ゾンビ”をテーマにしたXbox 360用ソフト「デッド ライジング」など、話題作が合計で14タイトル、プレイアブルで出展されていた。 (9/16 19:42)


東京ゲームショウ2005――セガブース: 怒濤の新作ソフトをところ狭しと一挙展示
サミーの経営統合後初の東京ゲームショウとなるセガは、例年通り巨大なブースを構え、多数の新作タイトルの試遊台を用意し精力的なアピールを行っていた。 (9/16 17:10)


東京ゲームショウ2005――SCEブース: 怒濤の新作ソフトをところ狭しと一挙展示
プレイステーション 3への注目が集まるなか、PS2、PSPの出展タイトルも充実しており、見所、遊び所が盛り沢山のSCEブース。多くのタイトルがプレイアブル出展されていた。 (9/16 16:29)


東京ゲームショウ2005――ガンホーブース: ゲームアーツとガンホーが組んで「グランディアオンライン」登場
ガンホー・オンライン・エンターテイメントブースにて行われているイベントで、「グランディアオンライン」が発表された。発表の席にはゲームアーツの宮路洋一氏、ジー・モードの宮路武氏も登場し、グランディアに関する熱い思いをかたっていた。開始時期は未定。 (9/16 16:16)


東京ゲームショウ2005――テクモブース: プレイステーション 2、PSP、Xbox向けのタイトルをプレイアブル展示
テクモブースでは、プレイステーション 2やPSP、Xbox向けなど、現世代ゲーム機向けの新作4タイトルをプレイアブル出展。Xbox 360ローンチタイトルとして期待されている「DEAD OR ALIVE 4」、モンスター育成ゲームの新作「モンスターファーム5 サーカスキャラバン」は映像出展だ。 (9/16 15:42)


ナムコ「ポータブル・リゾート」(仮称)は、大人の心を癒す“手のひら極楽時間”
エンターテインメント・ツールってなんだ? 現在開催されている「東京ゲームショウ2005」では、「ポータブル・リゾート」(仮称)でウクレレが弾ける。 (9/16 12:31)


東京ゲームショウ 2005: Xbox 360、プレイアブル版を14タイトル出展――マイクロソフトブース
Xbox 360のタイトルを多数出展しているマイクロソフトは、会場内でも一段と注目を集めている。プレイアブル版は14タイトル、それぞれのタイトルごとに試遊台が約5台づつ設置されていた。 (9/16 11:13)


「Xbox 360の購入意欲はこれからどんどん高まっていく」――ピーター・ムーア氏に日本市場での展望と意気込みを聞く
東京ゲームショウを明日に控え、マイクロソフトは記者発表会を開きXbox 360の日本での発売日や価格を発表。その発表会の直後、Xboxのキーマンであるピーター・ムーア氏にインタビューする機会を得た。今度こそ日本で成功できるのか、その展望を聞いた。 (9/15 20:57)


Xbox 360プレス発表会: 日本は世界戦略の鍵を握る、最も重要な市場だ
本日、「Xbox 360プレス発表会」が都内にて開催された。登壇したマイクロソフト 執行役 Xbox事業本部長である丸山嘉浩氏からは、発売日や同時発売となるタイトル、さらには明日より開幕する東京ゲームショウ2005におけるブース内容などが語られた。 (9/15 19:54)


Xbox 360の価格は3万9795円で12月10日発売
マイクロソフトは、次世代機「Xbox 360」の価格と発売日を発表した。価格は3万9795円で12月10日発売。なお、米国仕様とは異なり、1ラインアップのみとなる。 (9/15 13:45)




-PR-Game Shopping