Sub7Me Server

 「Sub7Me Server」(アルファバージョン)は、Team2600というアンダーグラウンドチームの作成したMacintosh用のバックドアツールで、現在ダウンロード可能なトロイの木馬の中では比較的新しい部類に入る。現バージョンでは、WindowsのSub Sevenとの互換性はない(Windows版のSub SevenクライアントからSub7Me Serverを操作することはできない)。

 Sub7Me Serverは、「System Extension」という機能拡張書類からなり、これがインストールされているとネットワークを介して、Macintoshのリモート操作が可能になる。Sub7Me Serverが使用するポート番号は27374だが、付属のSub7Me Server Editorにてポート番号を変更することもできる。

画面
写真1■Sub7Me Server Editorの画面

 リモート操作は、専用のクライアントソフトで行う。ただし、現在のバージョンで制御できる内容は、Macintoshのシステムに関連した情報や、クリップボードの盗聴、改ざん、システムのシャットダウンなど限られたもののみである。また、Sub7Me Server自体が動作不安定になりクラッシュしてしまうケースもある(再起動により復旧するが)。公開されているバージョンがアルファバージョンであるため、サーバ/クライアントともに試験的なバージョンということになるだろう。

 クライアントソフト自体はWindows版のSub Sevenサーバの制御も可能になっている。

画面
写真2■Sub7クライアント起動画面
画面
写真3■PCの情報を表示(一部は不完全)
画面
写真4■再起動や終了を行う画面
画面
写真5■クリップボード編集画面

PREV 2/5 NEXT


Special

- PR -

Special

- PR -