この特集のトップページへ
Chapter 3:DNS(Domain Name System) 〜概要〜

3.3.1 RecursiveとIterative

 Fig.3-9からもわかるように,クライアントから最初に問い合わせを受けたDNSサーバーは,www.itmedia.co.jpというドメイン名を解決するまで名前解決を試みる。これに対して,ルートネームサーバーは,jpドメインのDNSサーバーのIPアドレスを回答しているだけである。DNSサーバーがクライアントからの問い合わせに対してルートネームサーバーのIPアドレスを回答するのではなく,www.itmedia.co.jpに対応するIPアドレスを回答しようとするのは,DNSサーバーへの問い合わせの方法が異なるからである。

 クライアントは,DNSサーバーに問い合わせを実行する場合,Recursive(再帰)という方法で問い合わせる。この方法は,DNSサーバーに完全な名前解決を依頼するものである。Recursive形式で問い合わせを受けたDNSサーバーは,問い合わせられたドメイン名をそのサーバー自身が解決し,最終的な回答であるIPアドレスをクライアントに送信する。

 これに対し,DNSサーバーがルートネームサーバーやそのほかのDNSサーバーに対して問い合わせるときに用いた方法は,Iterative(反復)と呼ばれている。この方法で問い合わせを受けたDNSサーバーは,自分の知っている範囲内で回答すればよい。問い合わせがRecursiveであるかIterativeであるかは,DNSのパケットのフラグフィールドにあるRAビットにより決定される。

PREV 8/11 NEXT


Special

- PR -

Special

- PR -