この特集のトップページへ

  COLUMN    FSMO(Flexible Single Master Operation)

 Active Directoryドメインのドメインコントローラは,基本的にマルチマスタレプリケーションを採用しているが,マルチマスタレプリケーションで実現困難なものはシングルマスタレプリケーションを採用している。このように,シングルマスタレプリケーションを採用して稼動する操作内容が「FSMO(Flexible Single Master Operation:フィズモ)」である。FSMOには,(1) スキーママスタ,(2) ドメインネーミングマスタ,(3) RIDプールマスタ,(4) PDCエミュレータ,(5) インフラストラクチャマスタ,の5種類があり,これらの役割を担うドメインコントローラは管理者が自由に変更することができる。

 スキーママスタ
 Active Directoryデータベーススキーマ(ディレクトリデータベースに格納する情報の種類)を変更するときのマスタとなる。フォレスト全体で1台必要。
 
 ドメイン名前付けマスタ
 「ドメインネーミングマスタ」と呼ばれることもある。フォレストに対して,ドメインの追加や削除を管理する。フォレスト全体で1台必要。
 
 RIDマスタ
 「RIDプールマスタ」と呼ばれることもある。各ドメインコントローラがRIDプールを使い切りそうになったときに,次のRIDプールを割り当てる(RIDそのものを割り当てるわけではない)。各ドメインに1台必要。
 
 PDCエミュレータ
 旧バージョンのクライアントに対してPDCの役割を提供する。また,Active Directoryネイティブモードでも,パスワードの照合に失敗した場合(パスワードデータが複製されるよりも早くログオンした場合)は,このコンピュータに認証が転送される。各ドメインに1台必要。
 
 インフラストラクチャマスタ
 ドメイン内でグループアカウント内のメンバの割り当てを担当する。たとえばユーザーの名前を変更した場合,グループアカウントのメンバ表示を変更する必要がある。このような変更に責任をもつのがインフラストラクチャマスタである。ただし,変更結果はマルチマスタレプリケーションで伝達される。各ドメインに1台必要。
prevpg.gif Deployment of AD−Part1 16/17 nextpg.gif


Special

- PR -

Special

- PR -