連載
» 2005年06月18日 12時00分 UPDATE

マインド・マップとUMLを使った要求分析支援(前編):マインド・マップの基本と応用 (2/2)

[平鍋健児, 懸田剛, 山本明夫,株式会社 永和システムマネジメント]
前のページへ 1|2       

マインド・マップとソフトウェア開発、UML

 さて、いよいよ本題です。マインド・マップをソフトウェア開発でどのように使えるか、というテーマを扱います。特に、オブジェクト指向開発においてなくてはならない標準記法である、UMLとうまく融合して使えないか、という挑戦です。

 まずは、少しマインド・マップの特徴を分析してみます。再度先頭のマインド・マップの例を、ツール(JUDE)を使って書いてみました(図7)。

ALT 図7 XPのマインド・マップ

 マインド・マップは、視覚的には放射状の構造をしていますが、論理的にはツリー構造になります(図8)。

ALT 図8 ツリー構造に変換した例

 また、文章の構造(章、節、パラグラフ)を表現しているということもできます()。

XP

価値

  • 普遍的
  • 相互補完的
  • 一貫性
  • 目的を示す

原則

  • 領域特化
  • 矛盾性
  • 広範囲の適応

実践

  • チェック可能
  • 具体的
  • 変更適応性

表 文書構造(個条書き)に変換した例

 このように、マインド・マップは非常に単純な論理構造です。しかし、その分、柔らかく、応用が利く構造だといえます。ツリーの枝から葉へとつながるキーワードの関係性の意味は、特に規定されていません。マインド・マップはただ単に「連想」ということだけで、非常に単純で決め事が少ない記法だということができます。


POINT> マインド・マップは、「連想ツリー構造」であり、決め事が少ない柔らかい記法です。


 では、UMLをマインド・マップと比べてみます。図9にレンタルビデオ店の概念モデルの一部をUMLの例として示します。四角で描かれている1つ1つの名詞がクラスを示し、クラス間の関係が線によって書かれています。線には種類があります。図には、関連(−)、汎化(白抜き矢印)、コンポジット(黒いひし形)などが登場しています。例えば、汎化はいくつかの概念の上位汎用概念を示し、コンポジットでは、全体−部分の関係を示します。さらに、「1」や「*」のように関連の両端に多重度が書かれ、クラス間の要素の数との関係を示しています。

ALT 図9 UMLクラス図の例(レンタルビデオ店の概念モデル)

 このように、UMLは文法(シンタクス)と意味(セマンティクス)が定義されており、概念間の関係を雄弁に定義しています。また、「正しいモデル」と「正しくないモデル」の分け目が比較的きっちりしています。しかし、UMLでクラス図を描いているとき、文法や意味で悩んでしまい、手が止まってしまうことはありませんか? これはどう描くのだろう、これで正しいのだろうか、この矢印はどちら向きだっけ? などと描き方のレベルで悩んでいては、素早くアイデアを書き留めることができません。アイデアがどんどんわいている過程や、顧客へのインタビューの過程では、とにかく手を止めずに言葉を書き留めて収集することが重要です。それは人によっては一般的なメモ書きだったり、付せんを使ってみたり、きれいに整理されたノートなのかもしれません。

 マインド・マップは、発想法ですから、思い付きを逃さず書くこと、文法や意味よりも、語彙を自由に発散させることができるのが特徴です。文法や意味がない分、フリーな感覚で思考を止めることなく、どんどん書くことができます。また、マインド・マップはキーワード指向です。そのため、一般的な文章とは異なり、より簡潔にキーワードでまとめられた「単語地図」となります。文章に比べて個々の言葉がより際立ち、意味を見る者に訴えかけます。さらにマインド・マップを書く速度は、日本語の「文章」を作るよりも高速です。さらに、マインド・マップは一覧性に優れています。全体をぱっと見て分かる1つの絵に押し込めます。細かく見ようと思えば枝を拡大して見られますし、一歩さがれば、全体を「ふかん」することができます。

マインド・マップとアジャイル開発

 ここでもう1つ、マインド・マップが持つ、最も重要な特徴があります。この記事の最初で述べたマインド・マップの「想起力」(思い出す力)です。マインド・マップは、一度見たら忘れられないインパクトを脳に与えます。後で自分が書いたマインド・マップを見て、その場面(アイデアがわいた瞬間や、顧客との会話、誰とどういうムードで話をしたか)がよみがえります。「対話」や「ムード」というドキュメントにはうまく載らないコンテクスト情報を、マインド・マップの持つ「想起力」によってつなぎ留めることができるのです。

 この特徴を生かして、アイデアを広げる場面、アイデアを収集する場面においてマインド・マップをうまく使えるのではないか、と筆者たちは考えています。『実践UML』の著者として有名なクレーグ・ラーマンも、アイデアや要求の収集の場面で使える 「ブレインライティング」(頭の中の書き出し)と「アフィニティクラスタリング」 (グルーピング)手法の1つとしてマインド・マップを紹介しています[6]。


[6] 『初めてのアジャイル開発』、クレーグ・ラーマン


 「アジャイルソフトウェア開発宣言」[7]において、ソフトウェア開発では、顧客との対話が重要であることがうたわれて再認識されています。特に、ユーザーが語るストーリーが重視されており、「ドキュメント」が顧客との対話の代替にはならないことが改めて認識されています。ストーリーカードは、「情報カード」という媒体に書かれて壁に貼り付けられます。この「ストーリーカード」という媒体は、物理的でたくさん書き込めないアナログなものをわざと使うことで、ユーザーとの関わりの重点を「ドキュメント」から「対話」へと移すことが狙いです。つまり、ストーリーカード自体は「仕様」ではなくその対話を思い出すことができる「きっかけ」「シンボル」、過去のリアルな場面への「ポインタ」、対話の「イコン」[8]となるのです 。


[7] http://www.agilemanifesto.org

[8] Mike Cohn, User Stories Applied: For Agile Software Development


 同じように、マインド・マップはその想起性によって、実際の場面を思い出すことができる、という特性を持っています。これを利用して、コンテクスト情報を埋め込んだ形でアイデアをキーワードと連想によって収集しよう、というわけです。顧客とのインタビューで収集した情報は、「キーワード」によってマインド・マップに素早く記録されます。キーワードには、顧客自身の使った言葉がたくさん使われているでしょう。マインド・マップを後で見ると、顧客との対話の場面を思い出すことができます。描き終わったマインド・マップをその場で積極的に顧客に見せて、対話の場面を印象付けることができます。マインド・マップも、ストーリーカード同様、対話の「イコン」として機能します。

 さて、マインド・マップの特徴をまとめます。


POINT> マインド・マップは、以下の特徴を持つ。

・柔らかい「連想ツリー」構造である
・「速記性」に優れている
・「キーワード指向」であり「単語地図」が作れる
・「ふかん性」によって、全体を一覧できる
・「想起性」によって、思い付きや対話の場面をリアルに思い出すことができる


思考の発散と収束、「要求ギャザリング」と「要求モデリング」

 「要求」という魔物をとらえようとする難しさは、 例えば「要求開発」の分野[9] でも大きなテーマとなっています。

 この記事の最後に、「要求分析」という活動のなかで、マインド・マップと UMLとの役割分担を考えたいと思います。前述のように、マインド・マップは、素早く書ける、全体が見える、キーワードで書ける、その場面を思い出すことができる、という特徴があります。


[9] 要求開発とは、「要求とはあるものではなく、開発するものである」という基本スタンスで顧客の要求を定義しようとする新しい動き、あるいは考え方。「要求開発アライアンス」が積極的に普及活動を展開している。ビジネスモデリングによる業務の可視化を活動の中心にすえている。


ALT 図10 思考の発散過程・収束過程

 図10に、マインド・マップとUMLが得意な分野を分けてみました。要求分析の前段階の発散・収集過程を、「要求ギャザリング」活動、後段階の収束・モデル化過程を、「要求モデリング」活動と呼びます。

 要求ギャザリング活動では、ソフトウェアの仕様や要求分析を行う「基」になる、「アイデア出し」や「情報収集」を行います。マインド・マップをうまく使うことで、思考のスピードを落とすことなく、キーワードを収集することができます。また、後で対話や発想の場面を思い出すことが容易になります。

 そして、その後の「要求モデリング」活動において、収集したキーワードから、より関係の意味をしっかり表現できるUMLモデルへと落としていきます。ここでは、UMLの持つしっかりしたセマンティクスとシンタクスが生き、後の設計フェイズへとつながるアウトプットを出すことができます。

 こういった役割分担を行うことができる、というのが、マインド・マップとUMLの融合の骨子です。


POINT> 思考の発散・概念の収集過程(要求ギャザリング)では、マインド・マップを用い、思考の収束・概念のモデル化過程(要求モデリング)では、UMLを用いる。


 “出して、つなげて、広げる”のがマインド・マップ、“並べて、つなげて、まとめる”のがUMLといってもよいでしょう。 これによって、双方の利点が生きる形での融合が可能です。

 ここで注目していただきたいのはいままで「要求ギャザリング」の過程が、要求分析という文脈においてあまり注目されてこなかった点です。マインド・マップのような思考ツールは汎用的なテクニックのため、要求分析と同じ文脈で語られることがありませんでした。しかし実際に業務に携わっているプロフェッショナルの中には、以前からマインド・マップを使用していたり、付せんにキーワードを書いて整理したり、アウトラインエディタにメモを取り整理する、という現場の職人芸で要求の収集や発散過程を処理してきた方が多くいます。今回のマインド・マップとUMLの連携という挑戦は、この「要求ギャザリング」という発散過程の暗黙知の表出化ともとらえることができます。


POINT> マインド・マップとUMLの連携は、要求分析前段階(発散過程)の暗黙知の表出化であり、「要求ギャザリング」という活動の形式化である。


 最後に、本記事(前編)を書くに当たって作ったマインド・マップを紹介します。

ALT 図11 この記事のマインド・マップ(クリックすると拡大)

 さて、後編は、現実の要求収集から分析・モデリングという場面において、実際にどのようにマインド・マップとUMLが連携するのか、という実例をお見せしましょう。


<参考>
▼『人生に奇跡を起こすノート術−マインド・マップ放射思考』
トニー・ブザン著。 マインド・マップの考案者による入門書。
▼『User Stories Applied:For Agile Software Development』
Mike Cohn著。
アジャイル開発やXPにおける、「ユーザー・ストーリー」(情報カードに書いた要求)の重要さが説かれている。
▼『初めてのアジャイル開発』
クレーグ・ラーマン著。アジャイル開発を体系的に理解できると同時に、さまざまなツールも紹介されている。

マインド・マップとUMLを統合したツール。評価版がダウンロードできる。

伊藤 賢さんによる、マインド・マップのサイト。メルマガも購読できる。

要求開発アライアンス


前のページへ 1|2       

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -