ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  1

  • 関連の記事

「10ギガビットイーサネット」最新記事一覧

フラッシュストレージ徹底解剖 セミナーレポート:
「フラッシュファースト」時代におけるストレージ選択、“自社に向いている”のは一体どれか
一口に「フラッシュストレージ」といっても、特徴はさまざまだ。オールフラッシュの効果はある程度分かっているつもりでも、どの製品が自社に向いているのかは分かりにくいかもしれない。@ITが主催したセミナーでは、楽天のフラッシュストレージ活用の裏側が明かされるとともに、各ベンダーそれぞれの特徴と、選定と選択、活用のポイントが紹介された。(2016/6/28)

Interop Tokyo 2016速報:
2016年のInterop Tokyo、Best of Show Award受賞製品・サービスが決定
千葉・幕張メッセで開催中のInterop Tokyo 2016で、優秀展示製品を選ぶBest of Show Awardの受賞製品が決定した。(2016/6/8)

ITmedia エンタープライズ ソリューションセミナー レポート:
PR:「ビジネスのデジタル化」を推進するフラッシュストレージ、その進化とは?
「ビジネスのデジタル化」が進む今、多様化する顧客動向をいち早く把握し、ビジネスの価値を創出することが求められている。それを支えるのがデータ活用基盤。ITmedia エンタープライズ主催セミナーでは、フラッシュストレージに焦点を当て、その進化と活用方法を紹介した。(2016/5/31)

古田雄介のアキバPickUp!:
まだ姿を見せない「GTX 1080」がアキバに与える影響
最近はGeForce GTX 980カードが税込み5万円切りで売られるなど、ハイエンドグラフィックスカードの特価が目立っている。その影には、歴代のGeForceでも指折りの前評判を得ている次世代がいる。(2016/5/23)

中規模システムのオールフラッシュ化を推進:
戦略的価格帯のミッドレンジオールフラッシュ「EMC Unity」、EMCが販売開始
EMCジャパンは、ミッドレンジのストレージシステム「EMC Unity」の販売を開始した。価格は実効容量2TBのオーフルラッシュ構成で842万円から。(2016/5/19)

SOHO/中小企業に効く「NASキット」の選び方(第4回):
即戦力で使える台湾メーカー3社のおすすめNASキットは?
法人はもちろん、家庭でもネットワークストレージの「NAS」が普及する中で、近頃存在感を増しつつあるのがQNAPやSynology、ASUSTORなどの台湾メーカーが手掛ける「NASキット」だ。そんなNASキットの選び方を紹介する本連載の最終回は、即戦力で使える各社のおすすめ製品を各社の型番の命名ルールとともに紹介しよう。(2016/5/19)

物理デスクトップとの比較も今やナンセンス
Adobe、Googleが成功事例 “オンプレミスPC”が不要になる日
仮想デスクトップは、物理的なデスクトップと同等のパフォーマンスを実現しなければ、ユーザーの負担になる。現在では、多くの企業が十分なバックエンドリソースで高速VDI接続を活用している。(2015/11/9)

ET2015特別企画:
PR:最新SoC「Merlin Falcon」から多彩な採用事例まで、AMD 組み込みプロセッサの全てを体感
組み込み機器の画像処理能力への要求はマシンビジョンや4Kの普及でより高まっており、その全てを受け止めるべくAMDが投入するのが、最新SoC「Merlin Falcon」だ。ET2015の同社ブースではMerlin Falconの性能をくまなく確認できる他、多彩な同社製品の採用事例もチェックできる。(2015/10/28)

9つの重要機能をチェック
落とし穴ばかりのNAS購入、SSD対応で後悔しないためには?
NAS製品を確認する場合、購入前に評価すべき重要な機能が多数ある。(2015/10/18)

Computer Weekly:
F1コンストラクターズ3位に復活したWilliams、次の一手はネットワークの強化
低迷していたWilliamsだが、2014年からコンストラクターズ3位圏に復活。さらに上を目指すため、同チームは高速ネットワークを導入した。その導入効果は、意外なところにまで及んでいるという。(2015/9/16)

5分でわかる最新キーワード解説:
10Pbps伝送を可能にする「マルチコア・マルチモード光ファイバー」
1本の光ファイバーで、10ペタbpsを超える超高速伝送を可能にする技術が「マルチコア・マルチモード光ファイバー」です。マルチコア伝送は既に研究が進められていましたが、NICTとKDDIがそれぞれ独自の方法でこれまでの壁を打ち破りました。(2015/9/3)

PR:AMDの組み込みプロセッサが示す、IoTを実体化させる「現実解」
IoTの本格到来に伴う現実解として注目されているのが、ゲートウェイに処理を分担させる「エッジ・コンピューティング」だ。導入されるゲートウェイには高い能力が求められるが、AMDの組み込みプロセッサならばサポート体制も含め、十二分に対応する能力を持っている。(2015/8/25)

HPCシステムズ、Quadro K2200採用の3D CG作業向けデスクトップWS
HPCシステムズは、3D CG/3D CAD製作向けとなるXeon D-1540搭載デスクトップWS「SW-D1540」を発表した。(2015/8/24)

Cisco Smart Playの魅力がさらにアップ:
PR:もはやサーバーの新標準、Cisco UCSがさらに買いやすくなってどうしよう?
サーバーで「いいものを安く買える」プログラム、Cisco Smart Playが名前を変えて戻ってきた。新プログラム「Smart Play Select」は、特別価格キャンペーンとして、これ以上改善の余地はあるのか。(2015/9/29)

新人IT担当者のためのネットワーク機器入門・機器選定編【第1回】
より速く、より密に、よりシンプルに 「スイッチ」の進化に3つの潮流
ネットワーク機器の基礎的な技術と機能について説明してきた「新人IT担当者のためのネットワーク機器入門」。今回からは最近の製品トレンドをおさえつつ、機器選定のポイントを説明していきます。(2015/7/30)

Interop Tokyo 2015 シスコブースレポート【後編】:
PR:やりたいことの妨げではなく武器になるためにインフラに必要なものは?
企業がやりたいことを、やりたいときにすぐ実現するために、インフラには何が必要だろうか? 柔軟性や拡張性、プログラマビリティやセキュリティなどさまざまな要素が挙げられるだろう。Interop Tokyo 2015のシスコのブース展示の中から、Software Defined Network(SDN)をはじめ、ビジネスの迅速な展開を可能にするソリューション群を紹介していこう。(2015/7/13)

アスク、Synology製2U型の高性能NAS新製品 12ベイ、3900Mバイト/秒
アスクが、Synology製2Uラックマウント型NAS「RackStation」新製品を発売する。高い拡張性と冗長性、高パフォーマンスが特徴。(2015/7/14)

新しい購入オプションも追加
知ってるつもりの「EVO:RAIL」、素朴な疑問を解消する
米VMwareは、「VMworld 2014」で発表した「ハイパーコンバージドインフラ」関連製品に早くも調整を加えている。(2015/7/13)

「より速く、より安く」というネットワーク機器の原点を追求:
PR:いよいよ始まる「100GbE時代」に向けたハイエンドスイッチが登場
ここ数年、OpenFlowやSDNといったキーワードに注目が集まったInterop Tokyo。通信事業者やデータセンター、企業向けにイーサネットスイッチ「APRESIA」シリーズを提供してきた日立金属では、「着実に増加し続けているトラフィックをいかに高速に、低コストでさばくか」というネットワーク機器の原点に立ち返る展示を行った。(2015/7/7)

Interop Tokyo 2015 Report:
サイバー攻撃や被害を食い止めるセキュリティ技術たち
ネットワーク技術展示会のInteropでは例年多くのサイバー攻撃が観測される。会場ではその様子や防御策、最新のセキュリティ対策技術などが注目を集めていた。(2015/6/11)

IDT 5P49V5933/5P49V5935:
水晶振動子を一体化したプログラマブルクロックジェネレータ
IDTは、電子システムのタイミング向けに、水晶振動子を内蔵したVersaClock 5プログラマブルクロックジェネレータの新製品「5P49V5933」「5P49V5935」を発表した。水晶振動子を一体化したことで、基板面積やBOMコスト、設計時間を削減した。(2015/6/9)

10Gbps回線を個人向けに ソネット「NURO光」に登場 月額9800円
ソネットの「NURO 光」に、下り最大約10Gbpsの個人宅向けプランが追加。(2015/6/1)

NEC、データセンター向けSDN対応スイッチ発売
「QinQフレーム方式」などの採用で、最大64万個までのVLANを利用できるようになる。(2015/6/1)

フォースメディア、QNAP製ハイエンド10ベイNAS「TVS-EC1080」など5製品の取り扱いを開始
フォースメディアは、QNAP製ビジネスNAS「TurboNAS」の取り扱いラインアップを一新、2モデル計5製品の取り扱いを開始する。(2015/4/24)

PC USER 週間ベスト10:
「Apple Watch」と「新しいMacBook」に人気集中!(2015年4月6日〜4月12日)
今回のアクセスランキングは、トップ10のうち7本もの記事が「Apple Watch」と「新しいMacBook」で占められました。(2015/4/13)

古田雄介のアキバPickUp!:
「ロマンがすごいです」――10ギガビットLANを2基搭載するマザーが登場
ASRockの超ハイエンドマザー「X99 WS-E/10G」が、その機能と価格で評判となっている。10ギガビットLANとPCIeブリッジチップを2基搭載しており、価格は11万5000円前後だ。(2015/4/6)

ASRock、10GbEポートも備えたX99チップセット搭載のWS向けE-ATXマザー「X99 WS-E/10G」
マスタードシードは、台湾ASRock製となるワークステーション向けE-ATXマザーボード「X99 WS-E/10G」の取り扱いを開始する。(2015/3/20)

MWC 2015:
MWC 2015もキーワードは“コネクテッド”、IoTや5G関連技術に注目
スペイン バルセロナで開催される「Mobile World Congress(MWC) 2015」(2015年3月2〜5日)では、「2015 International CES」と同様、“コネクテッド”がキーワードになりそうだ。MWCは、名前にこそ「モバイル」という言葉が入っているが、もはやスマートフォンやモデム向けの技術だけでなく、さまざまな分野向けの接続機器やネットワーク技術について議論を交わすための場となっている。(2015/3/2)

仕事で使うNAS 第1回:
ビジネス向けNAS選びで注目したい8つのポイント
家庭やSOHOで使っても便利なNAS。数十人規模以上の中小企業で使えばより活用の場も広がる。しかし、規模が大きくなればその分、意識しなければならないことも多くなる。今回はビジネス向けNASを選ぶうえで注目すべきポイントを紹介していこう。(2015/2/12)

複数の周波数/出力に対応するデバイスで簡単に:
RMS位相ジッタ・バジェットにおけるマージンを拡大する方法
周波数マージニングを使ってテストを行うことで、システムの設計余裕度を確認し、その信頼性と堅牢性を最高のレベルにまで高めることができます。(2015/2/6)

アスク、Synology製の法人向け8ベイNAS「DiskStation DS2015xs」
アスクからSynology製8ベイNASが登場。10GbE SFP+ポートを2基搭載し、VLANを使用したRAID 5構成で1930.18Mバイト/秒以上のスループットを実現した。(2014/12/26)

Ceph/RADOS入門(4):
Cephがスケールできる理由、単一障害点を排除する仕組み、負荷を減らす実装
Ceph/RADOS が採用しているCRUSH、Paxosといった、分散したデータから正しく応答するための仕組みを支えるアルゴリズムの概要を学びながら、挙動を見ていきます。(2014/12/19)

サーバ仮想化のネットワーク課題はこれで解決
バンダイナムコがネットワーク仮想化を導入「管理工数が3分の1以下に」
サーバ仮想化によってネットワークスイッチには高い耐障害性と拡張性が求められるようになった。だが、高性能なシャーシ型10GbE/40GbEスイッチは高価で導入をためらう。そんな企業に現実的な「解」を紹介する。(2014/12/26)

CCENT/CCNA 試験対策 2014年版(4):
超入門 ネットワークケーブルの種類と配線方式の違い
CCENT取得に向けて勉強中の新米ネットワークエンジニアS君が、ネットワークデバイスやホスト接続に適切なメディアやケーブル、ポート、コネクターなどについて調べました。(2014/12/11)

大きく進化した最新製品を割安で提供:
PR:Cisco UCSの「これでどうだ」、3連発
あの「Smart Play」が帰ってきた。シスコシステムズの先進的サーバ製品群「Cisco Unified Computing System(Cisco UCS)」を、手の届きやすい価格で提供するプログラムだ。今回はラックマウントサーバに加え、ブレードサーバもこのプログラムの対象となっている。またNexusスイッチを割安で購入できるプログラムも別途用意されている。Windows 2003システムの移行を考えている読者などにとって、サーバだけ、あるいはネットワークとセットでハードウェアが交換できる、またとないチャンスである。(2014/12/8)

Ceph/RADOS入門(3):
Ceph/RADOSのインストール、環境構築と接続テストまで
OpenStack環境で使える分散ストレージとして注目を集めるCeph/RADOS。今回は実際に5台のサーバーを使って分散ストレージ環境を構築、各インターフェースの動作確認までの手順を紹介します。(2014/11/17)

Ceph/RADOS入門(2):
Ceph/RADOSの実装から動作の仕組みを理解する
OpenStack環境下の分散ストレージとして注目を集めるCeph/RADOS。今回は各コンポーネントを深掘りして挙動を理解していく。分散の仕組みや特徴を理解することで、より良いシステム構成検討を目指そう。(2014/11/10)

Ceph/RADOS入門(1):
分散ストレージCeph/RADOSとは?
本稿では、分散ストレージのOSS実装として注目を集めるCeph/RADOSを紹介していきます。(2014/10/17)

ASUSTOR、エンタープライズ向けの高性能NAS「AS7」シリーズ
ユニスターは、ASUSTOR製となるエンタープライズ向けNAS「AS7」シリーズの取り扱いを発表した。(2014/10/8)

IT導入・活用事例:
ヤフー、コンテンツ配信基盤のファイアウォールを刷新
「Yahoo! JAPAN」のコンテンツ配信プラットフォームのファイアウォールに、フォーティネットの「FortiGate-3700D」が採用された。(2014/9/29)

富士通、柔軟なネットワーク構成が可能な新サーバを発売
最新版Xeonプロセッサの採用により、性能も約40%向上している。(2014/9/9)

ホワイトペーパー:
検証:10GBASE-T導入による低コストなクラウド環境構築
標準的なデータセンターで使用可能な10GBASE-Tは、今日のネットワークにおけるさまざまな用途に適合する。後方互換性、コスト効率、使いやすさを兼ね備えた10GBASE-Tに焦点を当てる。(2014/8/29)

毎日放送、約20台のファイアウォールを統合
放送局舎のリニューアルに伴い、仮想化技術を利用して複数ベンダーのファイアウォールをシングルベンダーに集約している。(2014/7/14)

ソフォス、中規模システム向けにUTM6機種投入
ハードウェアを刷新し、ファイアウォールスループットの性能を最大で約4倍に高めたという「Sophos SG シリーズ」を発表した。(2014/6/19)

EMC、中堅・中小向けのストレージ新モデルとデータ保護製品群発売
ストレージ新製品の「VNXe3200」「Data Domain DD2200」とデータ保護ソフトウェアスイートの「EMC Data Protection Suite」などをリリースした。(2014/6/4)

「Thunderbolt 2」でMacとPCの接続が可能に
Intelが発表したThunderbolt 2の新機能「Thunderbolt Network」により、MacとPC、PCとPCを直接接続できるようになる。(2014/4/8)

Cisco、IOSの定例セキュリティ情報6件を公開
IOSに存在しているDoS攻撃の脆弱性を修正するソフトウェアアップデートが公開された。(2014/3/28)

チェック・ポイント、データセンター向けのセキュリティモジュールを発売
ファイアウォールスループットが最大400Gbpsの「SGM260」をデータセンターや通信事業者、サービスプロバイダー向けに提供する。(2014/1/30)

ビジネスニュース 業界動向:
データセンターの進化が加速――2014年はInfiniband/ファイバチャネル/イーサネットが一斉に高速化へ
米調査会社は、データセンターのネットワークスイッチとして主に使われているデータ転送技術であるInfinibandとファイバチャネル(Fibre Channel)、イーサネットが、3つともに2014年に高速化されるとの報告書を公表した。データセンターへの旺盛な投資が続く中、先端技術導入の速度も上がっている。(2014/1/30)

ネットギア、Xeon E3+10GbE×2基を備えた“世界最速”デスクトップNAS
ネットギアジャパンは、デスクトップ型NASとして“世界最速”の処理能力をうたった高機能NAS「ReadyNAS 716X」を発表した。(2014/1/23)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。