ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  2

  • 関連の記事

「240Hz駆動」最新記事一覧

PC USERアワード2014年下半期「ディスプレイ部門」でダブル受賞:
PR:「FlexScan EV3237」と「FORIS FS2434」に込められた“EIZOクオリティ”を探る
EIZOの4K対応31.5型ディスプレイ「FlexScan EV3237」、23.8型エンターテインメントディスプレイ「FORIS FS2434」が、PC USERアワード2014年下半期「ディスプレイ部門」にてそれぞれゴールドとシルバーを受賞。各製品に込められたEIZOならではのこだわりを開発陣に聞いた。(2014/12/18)

PC USERアワード:
2014年下半期の「ディスプレイ」おすすめ“7選+α”
4Kの台頭をはじめ、ここ数年では大きな変化があったディスプレイ市場の2014年。今年下半期に登場した製品の中から、ITmedia PC USER編集部が特におすすめのモデルを選出する(PC USER 20周年特別企画)。(2014/12/12)

ゲーマーなら見逃せません:
EIZO、東京ゲームショウ2014に最新ディスプレイを出展──プロゲーマーも登場
年に一度、ゲーム好きが大挙して集まる「東京ゲームショウ」。今年はEIZOが最新製品を出展する。(2014/9/2)

G-Tune、ゲーミングPC「NEXTGEAR」に240Hz対応のEIZO製23.5型液晶セットモデルを追加
マウスコンピューターは、G-Tuneブランド製ゲーミングPC「NEXTGEAR」シリーズのラインアップにEIZO製ゲーミング液晶付属のセットモデルを追加した。(2014/7/7)

TSUKUMO、ゲーミングPC「G-GEAR」に240Hz駆動液晶「FORIS FG2421」とのセットモデルを追加
Project Whiteは、EIZO製のゲーミング液晶ディスプレイ「FORIS FG2421」をセットにしたBTOデスクトップPCを発売する。(2014/7/1)

全機種に「X-Reality PRO」を搭載、ソニーがブラビア5シリーズ10機種を一挙リリース
ソニーは液晶テレビ“BRAVIA”(ブラビア)の新製品として、フルHDパネルを搭載する5シリーズ10機種を発表した。(2014/4/2)

2014年2月15日開催:
EIZO銀座ショールームで「AVA」ゲームイベント開催、「FORIS FG2421」の体感会も
移転オープンしたEIZOの銀座ショールーム「EIZO Galleria Ginza」にて、FPSゲーム「AVA」のオフラインイベントが開催される。(2014/1/31)

「2014年はe-Sports元年」:
アキバを“e-Sports”の聖地に――「e-sports SQUARE AKIHABARA」
PCゲーム競技、e-Sportsの専用施設である「e-sports SQUARE」が25日に秋葉原へ移転した。e-Sportsプレイヤーの裾野を広げ、世界に通じる国内プロゲーマーの育成を目指す。(2014/1/27)

新EIZO Galleria Ginza探訪:
PR:ようこそ、EIZOの奥深い世界へ――新しい銀座ショールームで知る「世界が認めた日本のディスプレイ」
EIZOの東京ショールームが銀座3丁目から7丁目に移転し、リニューアルオープンした。ホビーからビジネスまで幅広いユーザー層をカバーするほか、特定用途向けディスプレイの展示も充実。「ディスプレイの今」を体感できる。無料のセミナーやワークショップ、ギャラリーにも注目だ。(2014/1/27)

こんなゲーミングディスプレイを待っていた:
PR:“240Hz”ならライバルに勝てる!?――「FORIS FG2421」を実力派FPSチームが検証
動きが激しいゲームや入力タイミングが厳しいゲームでは、液晶ディスプレイの性能が勝敗に影響することも少なくない。EIZOが満を持して投入した「FORIS FG2421」は、業界初の240Hz駆動技術を搭載しつつ、入力の遅延も極限まで抑えた、非常に先進的なゲーミングディスプレイだ。その性能をトップゲーマーはどう評価するのか、国内でも実力派のFPSチームにじっくり試してもらった。(2014/1/20)

ディスプレイ愛好家の新聖地か:
EIZOの新しい銀座ショールームを訪ねてみた――貴重な実機展示、無料セミナー、ギャラリーも
国内ディスプレイメーカーのEIZO(旧社名:ナナオ)が、ショールーム「EIZO Galleria Ginza」を銀座の3丁目から7丁目に移転し、営業を開始した。EIZOの魅力がギュッと詰まったスペースになっている。(2014/1/13)

ゲーミングディスプレイ向けの残像チェックツールも公開:
EIZO、AVAゲームチーム「Galactic」とスポンサード契約――FORISを国内e-Sports市場へ積極展開
EIZOはオンラインFPS「AVA」のゲームチーム「Galactic」とスポンサード契約を締結。ゲーミングディスプレイ「FORIS FG2421」で国内e-Sports市場を狙う。(2013/11/28)

4倍速の23.5型VAパネル搭載:
EIZO、ゲーム向けPCディスプレイ初の“240Hz”駆動を実現した「FORIS FG2421」
120Hz駆動のゲーミングディスプレイを出さずに静観していたEIZOだが、いきなり“240Hz”駆動の「FORIS FG2421」を発売した。これがEIZO流の「倍返し」なのか。(2013/10/30)

内部240Hz駆動で動画ブレ軽減:
EIZO、“衛星画像表示”に向く120Hz駆動対応のGIS市場向け23.5型フルHD液晶「FDF2405W」
EIZOは、産業用ディスプレイ「DuraVision」のラインアップに120Hz駆動対応の23.5型フルHD液晶ディスプレイ「FDF2405W」を追加した。(2013/8/29)

本田雅一のTV Style:
薄型テレビ購入ガイド、個性派ぞろいの40インチ台!
40インチ台で“甲乙つけがたい”のが、ソニーのブラビア「W900Aシリーズ」と東芝レグザの「Z7シリーズ」。ただし甲乙つけがたいのは総合力であって、個々の個性はまったくといっていいほど違う。(2013/7/1)

65/55型の4Kテレビも登場、ソニーが“ブラビア”を一新
ソニーが液晶テレビ“ブラビア”の2013年春モデルを発表した。1月のInternational CESで話題になった4Kテレビ2モデルに加え、標準で壁掛けに対応するパーソナルサイズなど4シリーズをラインアップする。(2013/4/11)

帰ってきた“ブラビア史上最高画質”、「HX950シリーズ」登場
ソニーは、液晶テレビ「BRAVIA」(ブラビア)のフラグシップモデル「HX950シリーズ」2機種を発表した。(2012/8/29)

スポーツの祭典も近いですし:
ソニー、4倍速パネルを搭載した初のスタンダードモデル「KDL-40EX750」
ソニーは、液晶テレビ“BRAVIA”(ブラビア)の新製品として、4倍速技術を採用した40V型「KDL-40EX750」を発表した。スタンダードモデルの「EXシリーズ」に4倍速パネルを搭載したのは初めて。(2012/7/5)

「もっとTV」対応:
パナソニック、パネルも強化したスマートビエラ第2弾を発表
パナソニックは、薄型テレビ“スマートビエラ”の第2弾3シリーズ計7機種を6月下旬から順次発売する。プラズマ、液晶ともに新パネルを採用。「ビエラ最高画質モデル」(同社)もラインアップした。(2012/5/29)

マジックリモコン採用:
LGエレ、日本向けスマートテレビを5シリーズ一挙投入
LGエレクトロニクス・ジャパンが「LG Smart TV」を日本国内で販売する。VODやゲーム、SNSなど多くのネットワークコンテンツに対応し、専用のUIと新しい「マジックリモコン」で操作性の向上を図ったスマートテレビだ。(2012/5/9)

本田雅一のTV Style:
巧みなローカルディミング、新型ブラビア「HX850シリーズ」をチェックした
先日ソニーが発表した新型“BRAVIA”(ブラビア)を視聴に適した環境でチェックできた。そこで今回は、珍しく新製品のインプレッションをお届けしよう。(2012/4/2)

インパルスモード搭載:
ソニー、「スマート高画質」の“ブラビア”春モデルを発表
ソニーが液晶テレビ“BRAVIA”(ブラビア)の2012年春モデルを発表。ブラウン管のインパルス駆動を模した「インパルスモード」搭載機やBDレコーダー一体型など、5シリーズ14モデルをラインアップ。(2012/3/23)

スマホ連携も:
もっとTVを楽しむ“スマートビエラ”、パナソニックが一挙5シリーズを発表
パナソニックは、薄型テレビ“VIERA”(ビエラ)の新製品として、「スマートビエラ」5シリーズを発表した。「ビエラ・コネクト」やスマートフォン連携などを実現した“スマート”なテレビだ。(2012/2/7)

2012年PC春モデル:
15.5型モバイル拡充、“Z”に新色、編集ソフト刷新――ソニーの「VAIO」春モデル
ソニーは「VAIO」の2012年春モデルを2月4日より順次発売する。オールインワンモバイルノート「VAIO S」のラインアップを拡充し、最上位モバイルノート「VAIO Z」には新色を追加した。動画/音楽編集ソフトも刷新している。【春モデル情報追加】(2012/1/25)

Air、VAIO、Ultrabook……:
私的ランキングで振り返る2011年のノートPC
PC USERでノートPCのレビューを中心に執筆しているテクニカルライターが、個人的なランキングとともに2011年のノートPCを振り返る。1位は意外なあの製品だ。(2011/12/31)

明るい3Dにワイヤレス! エプソン「EH-TW8000W」を試す
エプソンが発売した3Dプロジェクター「EH-TW8000W」は、明るくクロストークの少ない3D映像とWIreless HDによる簡単設置を実現した注目機だ。じっくりと試聴してみよう。(2011/12/20)

DLPと新型メガネがもたらした3D品質、三菱「LVP-HC7800D/DW」
三菱電機は、3D対応のDLPプロジェクター「LVP-HC7800D/DW」を発表した。DLPの採用に加え、強誘電液晶を採用した高速シャッターメガネの採用で3D映像をブラッシュアップ。詳しい話を聞いた。(2011/11/16)

今年は“3D”と“狭額”、FPD International 2011
「パシフィコ横浜」でフラットパネルの総合技術展「FPD International 2011」が開催中。今年は“3D”と“狭額”をアピールする展示が目立つ。(2011/10/27)

ソニー、ブラビア最上位機種に65V型「KDL-65HX920」を追加
ソニーは、直下型LEDバックライト搭載のブラビア最上位シリーズに65V型の大画面モデル「KDL-65HX920」を追加する。(2011/10/17)

3Dも進化:
JVC、4K対応のD-ILAプロジェクター「DLA-X90R」など3機種を発表
JVCケンウッドは、D-ILAプロジェクターの新製品を発表した。フルHDデバイスを使いながら“画素ずらし”によって4K解像度表示を可能にした。(2011/10/12)

エプソン、480Hz駆動のプロジェクター向け液晶パネルを量産出荷
セイコーエプソンは、3D表示対応のプロジェクター向け高温ポリシリコン(HTPS)TFT液晶パネル2機種の量産出荷を開始した。新開発のパネル駆動技術「Bright 3D Drive」により480Hz駆動を実現し、明るい3D表示を可能にしている。(2011/9/9)

太陽の“輝き”も表現するメガブライトネス技術、“AQUOS”に70V型「LC-70X5」登場
シャープは9月1日、“AQUOS”の新製品として、70V型の「LC-70X5」を発表した。従来は不可能だった“きらめき”を表現する新技術を搭載。3D表示や外付けHDD録画にも対応する。(2011/9/1)

シャープ、ネット機能充実の「AQUOS Lシリーズ」を発売
シャープは8月5日、液晶テレビ“AQUOS”のフラグシップモデル「Lシリーズ」を発売した。同社のスマートフォン「AQUOS PHONE」や「AQUOSブルーレイ」との連携機能が充実したネットワーク対応テレビだ。(2011/8/5)

山本浩司の「アレを観るなら是非コレで!」:
上位機を超える3D画質、ソニー「VPL-HW30ES」に驚いた
ソニー「VPL-HW30ES」の試作機をチェックする機会を得た。上級機と同じ240Hz駆動のSXRDパネルを用いて3D対応を果たし、型番末尾にソニー高級モデルの証となる“ES”が刻印されたモデルである。(2011/6/17)

メガネもいろいろ:
LG、偏光方式を採用した「CINEMA 3D」など液晶テレビ新製品
LGエレクトロニクス・ジャパンは、液晶テレビの新製品として、世界最薄をうたうハイエンドモデル“NANO FULL LED”および偏光方式を採用した“CINEMA 3D”の2シリーズを発売する。(2011/6/15)

手裏剣操作できます:
スマホ連携で次のステージへ、“AQUOS”の新提案「Lシリーズ」
シャープは、AQUOSのフラグシップモデル「Lシリーズ」を7月中旬に発売する。同社製スマートフォン「AQUOS PHONE」と連携。フリックで画像や映像をテレビに飛ばすユニークな操作を可能にした。(2011/6/15)

輝度1300ルーメン:
ソニー、240Hz駆動のスタンダード3Dプロジェクター「VPL-HW30ES」
ソニーは、3D対応の家庭用ビデオプロジェクター「VPL-HW30ES」を発売する。スタンダードモデルの位置づけと価格でありながら、ハイフレームレートSXRDを搭載。(2011/6/9)

4倍速VAパネル、2系統HDMI入力:
SCE、PS3向けの「3Dディスプレイ」を2011年秋以降に発売
SCEは3D立体視対応の24型フルHD液晶ディスプレイ「3Dディスプレイ」を2011年秋以降に発売する。2プレイヤーモードで違う画面を各プレイヤーに表示できる機能も搭載した。(2011/6/7)

2011年PC夏モデル:
第2世代Coreに完全移行、テレビなしモデルも用意した16型クラスノート――「VAIO F」
16型クラスのAVノートPC「VAIO F」シリーズは店頭向けに3機種を用意。下位2機種はフルモデルチェンジし、テレビチューナーがないハイスペック機も発売される。(2011/6/7)

2011年PC夏モデル:
ソニーが「VAIO」夏モデルを発表――13.3型モバイル上位機、3D対応の液晶一体型、新デザインノートが登場
ソニーは「VAIO」の2011年夏モデルを6月11日より順次発売する。13.3型モバイルノート「VAIO S」の上位機をはじめ、3D立体視対応の液晶一体型や新デザインのノートなど、計7シリーズをモデルチェンジした。(2011/6/7)

本田雅一のTV Style:
明るさの余裕がもたらした、“BRAVIA”の3D画質改善
前回予告したとおり、ソニーの新型“BRAVIA”の3D表示について紹介していこう。新製品の「HX920シリーズ」は明るめの部屋でも十分にパワフルでダイナミックな3D表現が楽しめるようになった。(2011/5/9)

合わせてクアッドコア?:
手が届く全録テレビ、“REGZA”「ZG2シリーズ」詳報
CELL REGZA譲りの「タイムシフトマシン」を搭載した“REGZA”「ZG2シリーズ」が登場する。映像エンジンは「CEVOエンジン」の基板を2枚使った「レグザエンジンCEVO Duo」。2TバイトのHDDに地デジ9チューナーという“ぜいたく仕様”だ。(2011/4/20)

2つのテレビ機能+新感覚のタッチ操作が楽しい:
新型「VAIO L」徹底検証――“テレパソ”の弱点を克服した24型ボードPC
PC、テレビ、レコーダーを1台で実現できる“テレパソ”は機能が豊富な半面、各機能が中途半端になりがちだ。ソニーの新型「VAIO L」は、この問題に正面から挑んできた。(2011/4/19)

ブラビア史上最高エンジン:
写真で解説する“BRAVIA”2011年春モデル(画質編)
ソニーが発表した“BRAVIA”の上位モデルには、新映像エンジン「X-Reality PRO」が採用された。今年1月に登場した「X-Reality」がほんの数カ月でアップデートされたことになるが、何が異なるのか。担当者のコメントを交えながら解説していこう。(2011/4/13)

意外と変わった:
写真で解説する「BRAVIA」2011年春モデル(デザイン編)
ソニーが3月16日に発表した“BRAVIA”の2011年春モデル。ネット機能の充実した“インターネットテレビ”として打ち出しているが、実はそれ以外の見どころも多い。まずは同じように見えて実はちょっと違う外観からチェック。(2011/4/8)

性能もキラリと光るか?:
新型「VAIO C」徹底検証(後編)――新素材の蛍光ノートをじっくりテストする
集光材によって“電源なしで光る”ボディを実現した新型「VAIO C」。その斬新かつ目立ちまくる外観に、性能面はついていっているのか、各種テストで実力に迫った。(2011/4/6)

節電しながら目立てます:
新型「VAIO C」徹底検証(前編)――“電気なしでボディが光る”個性派ノート
電源いらずでボディを光らせるという、一風変わったノートPCがソニーから登場した。この新型「VAIO C」なら、無駄な電気を使わず、電飾のような光彩感が楽しめる。(2011/4/5)

本田雅一のTV Style:
薄型テレビ新製品でみえた各社の“持ち玉”
2011年春の薄型テレビは、非常に面白い素材がそろった。地デジ商戦最後の数カ月を戦うために、各社はさまざまな“持ち玉”を用意したからだ。(2011/3/28)

4倍速フルHD液晶+3D立体視+第2世代Core i7+外部GPU:
「VAIO F(3D)」徹底検証(後編)――3DノートPCの本命か?
3D立体視の品質にこだわり抜いたVAIO F(3D)は、それを支えるパフォーマンス面にも力が入っている。レビュー後編は、PCとしての実力を各種テストでチェックしよう。(2011/3/24)

2DのBlu-rayも地デジも3D変換:
「VAIO F(3D)」徹底検証(前編)――さすがに“4倍速フルHDの3D映像”は格が違った
「PCの3D立体視はイマイチ……」と思っている人は少なくないかもしれない。しかし、VAIO初の3D立体視対応モデルには、その不名誉な印象を覆すだけの実力が確かにある。(2011/3/23)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。