ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  3

「3Dスキャナ」最新記事一覧


FAニュース:
生産ラインで品質検査を自動化、“光モノ”も読み取る携帯型3Dスキャナー
クレアフォームジャパンは、携帯型3次元測定器の新製品を発表。前モデルに対し速度12倍、精度で1.5倍を実現し、使いやすさを高めた。生産ラインに組み込む品質検査用として提案を進めていく方針だ。(2016/5/23)

3Dプリンタニュース:
手ごろで小さな“3Dプリンタ複合機”、10万円を切って登場
XYZプリンティングジャパンが、3Dプリントに3Dスキャン機能、レーザー刻印対応機能も搭載した「ダヴィンチ Jr.1.0 3in1」を発売する。(2016/5/17)

さすがのお値段で1枚100万円! 片岡愛之助さんのマスクが洋食器メーカーから発売
高級磁器を使用しています。(2016/5/10)

近未来の健康ガジェット:
ボディーラインの変化まで記録する体組成計「Naked 3D Fitness Tracker」
高性能な体重体組成計では、筋肉量や内臓脂肪の量など、体の中の細かなデータが取れますが、この「Naked 3D Fitness Tracker」は、それらに加えて、外見の変化をデータとして記録してくれる興味深い製品です。(2016/5/1)

CADニュース:
見える、見えるぞ! 私にも作業者の苦労が――MRと3Dヒューマンモデルで作業者の動きをリアルタイム表現
軽量化した3DモデルとMRによる仮想空間で、モーションキャプチャーによる動作の情報とヒューマンモデルを利用した検証が実施可能だ。実機試作削減に貢献できるとしている。(2016/4/21)

CAD読み物:
3Dスキャナでリバースエンジニアリングしよう
今回は3Dスキャナを用いたリバースエンジニアリングの活用法を紹介します。(2016/4/13)

人工知能が描くレンブラントの“新作”絵画 機械学習・3Dプリンタを活用
オランダの画家・レンブラントの画風を分析し、3Dプリンタを使って新作を作り出す――米Microsoftなどのプロジェクト「The Next Rembrandt」が完成した作品を発表した。(2016/4/8)

3Dプリンタニュース:
3Dスキャナーを搭載した“3Dプリンタ複合機”、XYZから
XYZプリンティングジャパンが、3Dプリントに3Dスキャン、レーザー刻印対応機能も搭載した“3Dプリンタ複合機”「ダヴィンチ 1.0 Pro 3in1」を発売する。(2016/4/6)

CAD読み物:
いろいろある3Dスキャナと基礎知識
今回は3Dスキャナの基本情報として、その種類について紹介します。(2016/4/6)

海苔も擬人化する時代! 海苔がノリノリのバンドマンになったフィギュア発売
思ってた擬人化と違う。(2016/4/2)

3次元って、面白っ! 〜操さんの3次元CAD考〜(49):
2015年度末! 水野的 3Dデータ関連動向まとめ
2015年度も終わりということで、ここ1年の3DプリンタやCAD関連の動きについて、水野的にまとめてみました。(2016/3/31)

3Dミライデザイン 講演レポート:
3D CADと3D CADベンダーの明日はどっちだ?
3D CADや3Dプリンタをテーマにしたイベント「3Dミライデザイン」が開催された。本稿では、第1部「デザイナーがつくるミライ」と第2部「ソフトウェアベンダーがつくるミライ」の講演内容について紹介する。(2016/3/28)

エロスを超えたアート――オリエント工業のドール、美しさの秘密
造形に定評のあるオリエント工業のラブドール。アートとして女性にも愛好されるその美しさの秘密を探ってきました。(2016/3/28)

あなたの知らないプリンタの世界:
40年前のデザインを現代に復刻――昭和の壁紙をデジタルでリメイクしてみた
今から約40年前、高度経済成長期の壁紙には、カラフルでデザイン性の高いものがたくさん。廃番になった壁紙を最新デジタル印刷を駆使してリメイクしてみました。現代風にアレンジした「復刻壁紙」の出来栄えは――。(2016/3/24)

CAD読み物:
3Dスキャナの精度とは一体何か
やみくもに精度を求めるのではなく、使用目的を明確化した上で検討しましょう。(2016/3/9)

アドバイザーの本田雅一が語る:
「NuAns NEO」開発秘話 高難度デザインスマホを実現したモノ作りに迫る
トリニティが投入した個性派Windows 10 Mobileスマートフォン「NuAns NEO」。美しいデザインに隠されたこだわりやストーリー、今後の展開について、アドバイザーの本田雅一氏に聞いた。(2016/3/5)

ラティス・テクノロジー XVL Studio:
点群を含む大容量3DモデルをMR環境で検証できる新ソリューション
ラティス・テクノロジーは、点群を含む大容量3DモデルをMR(複合現実感)環境で検証可能にした新ソリューション「XVL Studio Hybrid for MREAL」を発表した。(2016/3/3)

製造ITニュース:
大容量3Dモデルを複合現実感環境で検証できるソリューションを発売
ラティス・テクノロジーは、点群を含む大容量3Dモデルを複合現実感環境で検証できる新ソリューションを発表した。CGと現実が高精度に融合された仮想環境を、あたかも自分がその中に入ったように自由な視点から観察できる。(2016/3/2)

NDES Manufacturing-Space:
リバースエンジニアリングの手間を軽減、3次元測定データをIGES変換するクラウドサービス
NTTデータエンジニアリングシステムズ(NDES)は、モノづくり業界向けクラウドプラットフォーム「Manufacturing-Space」の新サービスとして、「オートサーフェス」と「マルチビューアーPlus」の提供を開始する。(2016/2/22)

99ドルの格安3Dスキャナーがクラウドファンディング中 目標金額を大きく上回る人気
オープンソース3Dスキャナー「BQ Ciclop」がベース。(2016/2/20)

無償CADレビュー:
無償3D CAD「FreeCAD」でSTLデータのソリッド化に挑戦!
パラメトリックモデリングだけではなくFEMまで備える、無償3D CADの「FreeCAD」はSTLをソリッド化することも可能だ。(2016/2/12)

CADイベントリポート:
リアルなロボットを追求するココロ、高度な3D設計環境を構築
話題のロボットを数多く手掛けるココロが、同社の設計現場における3D CAD導入の経緯や、3D CADを効果的に使うための環境構築について語った。(2016/1/18)

オートモーティブワールド2016:
3Dプリンタ製の樹脂金型が自動車製造を革新!? ハイテン材のプレス加工も
豊通マシナリーは「オートモーティブワールド2016」において、3Dプリンタで製造した樹脂製金型による金属プレス加工技術「デジタルモールド・プレス」について展示デモを行った。(2016/1/15)

2016年PC/タブレット春モデル:
11.6型タブレット・デタッチャブルタイプ登場 13.3型はCPUを刷新――「LAVIE Hybrid ZERO」
超軽量ノートPC「LAVIE Hybrid ZERO」の新モデルが登場。11.6型タブレット・デタッチャブルノートが新たに登場するほか、13.3型のクラムシェル・2in1も、第6世代Core iプロセッサを搭載してリニューアルする。(2016/1/13)

CES 2016:
パーソナル3DプリンタのXYZprintingが、ついに業務用3Dプリンタ事業に参入!?
XYZprintingは「2016 International CES」で、パーソナル向け/プロフェッショナル向け3Dプリンタの新製品や、同社初となる業務用3Dプリンタなどを発表した。(2016/1/7)

3Dプリンタの可能性を探る(10):
100ドル3D工作機械「OCPC Delta Kit」で何を作る?
慶應義塾大学 環境情報学部および総合政策学部の1〜2年生を対象に、レーザーカッターで加工されたMDF(繊維板)、電子部品などで構成される100ドル3D工作機械「OCPC Delta Kit」を用いた授業が行われた。仕掛け人は、同学 環境情報学部 准教授の田中浩也氏だ。記事後半では、未来の図書館や博物館に設置されるかもしれない3Dプリンタを紹介する。(2016/1/7)

ハイテクと匠の技が融合 ラグビー日本代表支えた「ジャージー」の秘密
ラグビーW杯で日本代表の勝利を支えた陰の殊勲者は、ゴールドウインが開発した赤白のジャージだー。ハイテクと“匠の技”が融合し、快進撃の原動力となった。(2015/12/11)

試行錯誤の3Dスキャン体験:
2万円台で購入できるパーソナル3Dスキャナの実力やいかに!?
パーソナル3Dスキャナ「XYZprinting ハンドヘルド 3Dスキャナー」を使って、3Dスキャン初体験! いろいろな対象物をスキャンした結果や実際の使用感、使いこなすためのヒントなどをお届けします。(2015/11/27)

Canon EXPO 2015 Tokyo:
キヤノンが“ばら積みピッキング”の次に狙うのは“ロボットアームの目”
キヤノンは「Canon EXPO 2015 Tokyo」において、2014年に新規参入したマシンビジョンの新たな技術展示などを行った。(2015/11/5)

3Dプリンタニュース:
3Dフィギュア作成が可能な省スペース全身撮影用3Dスキャナ
武藤工業は、全身撮影用3Dスキャナ「MUTOH 3D PhotoScan System MS-2000N」の販売を2015年11月2日より開始すると発表した。(2015/10/30)

3Dプリンタニュース:
Wi-Fi機能だけじゃない! 新型プリントヘッド搭載「ダヴィンチ Jr. 1.0w」
XYZプリンティングジャパンは、Wi-Fi機能を搭載したパーソナル3Dプリンタ「ダヴィンチ Jr. 1.0w」の販売を2015年10月30日より開始する。販売価格(税込)は5万9800円。(2015/10/27)

家庭用3Dプリンター「ダヴィンチ Jr. 1.0w」 Wi-FiでPC・タブレットに接続
Wi-Fi機能を搭載し、PCやタブレットから操作できる個人向け3Dプリンター「ダヴィンチ Jr. 1.0w」が発売される。価格は5万9800円(税込)。(2015/10/27)

XYZプリンティング、エントリー3Dプリンタ「ダヴィンチ Jr.」にWi-Fi機能搭載の新モデル
XYZプリンティングジャパンは、同社製パーソナル向け3Dプリンタ「ダヴィンチ Jr.」のラインアップにWi-Fi機能を搭載したバリエーションモデルを追加した。(2015/10/27)

XYZプリンティング、立体物を片手で手軽にスキャンできる「ハンドヘルド 3Dスキャナー」発売
XYZプリンティングジャパンは、コンパクト設計のハンディ3Dスキャナ「XYZprinting ハンドヘルド 3Dスキャナー」を発表した。(2015/10/26)

3Dプリンタとセットでお得なパックも:
ハンディタイプの小型「3Dスキャナ」が2万2800円で登場!
XYZプリンティングジャパンは、ハンディタイプの小型3Dスキャナ「XYZprinting ハンドヘルド 3Dスキャナー」の予約販売を開始した。(2015/10/26)

3次元ツールニュース:
3次元スキャナの点群モデルとXVLを融合、「XVL Studio」に新版
ラティス・テクノロジーが新製品「XVL Studio Hybrid」を発表。点群モデルとXVLを合わせて検証を行うことができ、既存設備や工場の品質改善に役立つという。(2015/10/21)

メカ設計 メルマガ 編集後記:
キヤノンが自社開発3Dプリンタのコンセプトモデル発表
気になる黒い箱。(2015/10/20)

機械学習で画像処理はここまで変わる:
顔写真3Dモデル化、絶対フォント感、複数画像検索、観光写真無人化、陰影分離、簡単フォント自作、消失点自動作成――デザイナー/クリエイターが茫然自失で拍手喝采な最先端技術動画11連発
アドビ システムズは、2015年10月6日(現地時間)に開催した「Adobe MAX 2015 Sneak Peeks」で、11の新技術を披露。顔写真3Dモデル化、絶対フォント感、複数画像検索、観光写真無人化、陰影分離、簡単フォント自作、消失点自動作成naなど、今回もデザイナー/クリエイターのみならず、日常的にデジカメやスマホで写真を撮る人でも欲しくなるような機能が多数見られた。(2015/10/16)

CEATEC 2015:
1人1台「3Dスキャナ」の時代に!? 3万円を切るパーソナル3Dスキャナ年内発売予定
XYZプリンティングジャパンは「CEATEC JAPAN 2015」に出展。多機能パーソナル3Dプリンタやハンディ型3Dスキャナ、3Dペンなど、日本未発表の新製品ラインアップを多数展示した。(2015/10/8)

CEATEC 2015:
国内未発表の多機能パーソナル3Dプリンタや低価格3Dスキャナを展示
XYZプリンティングジャパンは「CEATEC JAPAN 2015」に出展し、日本未発表の新製品ラインアップを多数展示すると発表した。(2015/10/6)

Kinectで3Dスキャンして3Dプリントを楽しもう(4):
Kinect以外のDepthセンサーを使った3Dスキャン
モーションコントローラーデバイス「Kinect for Windows」で対象物を3Dスキャンして、3Dプリントするまでの手順を詳しく解説する連載。最終回では「Intel RealSense」と「Structure Sensor」を使った3Dスキャンについて紹介する。(2015/10/2)

3Dモデリングコンテスト:
楽しいお風呂、愉快な銭湯を自分たちの手で! 「3Dモデラボ コンテスト 〜2015夏〜」結果発表!!
日常の暮らしに欠かせない存在であり、日本の文化の象徴でもある“銭湯・お風呂”が、3Dプリンタと融合したらどんな新しいアイデアが生まれてくるのか? 「3Dモデラボ コンテスト 〜2015夏〜」に寄せられた3Dデータ作品の中から優秀作品を決定した。(2015/9/29)

モノづくり総合版メルマガ 編集後記:
スマホで3Dスキャンできる時代が目の前に!?
こんなの待っていた!!(2015/9/24)

無償3次元CADによる「ミニ四駆」ボディ設計講座(3):
スマホでスキャンした3次元データを基にミニ四駆のボディを作ろう!
タミヤの「ミニ四駆」を題材に、無償3次元CADでミニ四駆の“オリジナルボディ”を3Dモデリングし、3Dプリンタで出力するまでを解説する連載。第3回では、「Autodesk 123D Catch」でスキャンしたデータを基にミニ四駆のボディをモデリングする。(2015/9/16)

9月6日は「松崎しげるの日」 色を使った自己ブランディングとは
9(ク)月6(ロ)日は「松崎しげるの日」であることをご存じでしょうか。芸能界の一線で活躍し続け、イメージカラーが記念日になってしまう、松崎しげるさんをイメージコンサルタントの観点から分析しました。(2015/9/15)

初心者も歓迎:
「SOLIDWORKS」など高機能ツールが使えるFabスペースが横浜市にオープン
3次元CAD「SOLIDWORKS 2015」や3Dスキャナ「Artec Spider」など高機能ツールが利用できるFabスペースが神奈川県横浜市にオープンした。(2015/9/14)

それブラックコーヒーやない、松崎しげるや! フィギュア「コーヒーカップの松崎しげる」爆誕
松崎さんを3Dスキャンし精密に再現。肌の色は本人完全監修。(2015/9/4)

ディズニーランドだけがディズニーじゃない:
全ての“ディズニー”が一堂に集まる大イベント「D23 Expo」を体験してきた
ディズニーはテーマパークだけでなく、映画もテレビもゲームもあります。“オール・ディズニー”が集まった「ディズニー界のコミケ」に行ってきました。(2015/9/2)

3Dプリンタブームのその先:
「単なる試作機器や製造設備で終わらせないためには?」――今、求められる3Dプリンタの真価と進化
作られるモノ(対象)のイメージを変えないまま、従来通り、試作機器や製造設備として使っているだけでは、3Dプリンタの可能性はこれ以上広がらない。特に“カタチ”のプリントだけでなく、ITとも連動する“機能”のプリントへ歩みを進めなければ先はない。3Dプリンタブームが落ち着きを見せ、一般消費者も過度な期待から冷静な目で今後の動向を見守っている。こうした現状の中、慶應義塾大学 環境情報学部 准教授の田中浩也氏は、3Dプリンタ/3Dデータの新たな利活用に向けた、次なる取り組みを着々と始めている。(2015/9/2)

Kinectで3Dスキャンして3Dプリントを楽しもう(3):
「3D Builder」を使ったKinect 3Dスキャンを試そう!
モーションコントローラーデバイス「Kinect for Windows」で対象物を3Dスキャンして、3Dプリントするまでの手順を詳しく解説する連載。第3回は、「3D Builder」と「Kinect for Windows v2」を使った3Dスキャンについて紹介する。(2015/9/1)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。