ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  3

  • 関連の記事

「3LCD」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

3 Liquid Crystal Display

エプソン、同社初のネイティブ4Kモデルも用意したレーザー光源ビジネスプロジェクター計6機種を投入
エプソンは、レーザー採用光源ビジネスプロジェクターのラインアップに会議室向けモデルなど6機種7モデルを追加した。(2018/6/13)

40周年記念モデル「Core i7-8086K Limited Edition」 アキバPCショップの反応は?
6月8日、IntelのメモリアルCPU「Core i7-8086K Limited Edition」が一斉に売り出された。ベース4GHz、ブースト最大5GHzの性能に対する反応やいかに!?(2018/6/11)

エプソン、スポットライトとしても使える空間演出向けプロジェクター
エプソンは、商品などを照らすスポットライトにもなるプロジェクター「EV-100」「EV-105」を発売する。(2018/2/27)

ソニー、大会議室向け高輝度モデルなど業務用プロジェクター5機種を発表
ソニーは、高輝度表示を実現する業務用プロジェクター計5機種の発表を行った。(2018/2/7)

エプソン、3800ルーメン以上の明るさを実現したビジネスプロジェクター4製品
エプソンは、教育現場やオフィスなどでの利用に向く3LCD方式採用のビジネスプロジェクター計4製品を発表した。(2017/9/14)

エプソンからビジネス向けプロジェクター 全機種3200lm以上の明るさと豊富な解像度で「明解」をアピール
エプソンが3LCD方式プロジェクターの新製品としてビジネス/ホームユース向けに全12機種を投入。(2017/8/9)

山本浩司の「アレを観るならぜひコレで!」:
エプソン「EH-TW8300W」で分かったHDRコンテンツとスクリーンの相性
HDR対応の4Kプロジェクターが各社から登場している。高価な製品が多い中、筆者が実際の画質とプライスタグを見て、これなら多くの映画ファンにお勧めできると確信したのが、8月に発売が開始されたエプソンの「EH-TW8300W」だ。(2016/10/27)

4K/HDR対応にレーザー光源、エプソンのフラグシッププロジェクター「EH-LS10500」登場
エプソンは4K/HDR対応ホームプロジェクターの最上位モデル「EH-LS10500」を12月に発売する。“画素ずらし”によって4K対応を果たしたモデル。光源にはレーザーダイオードを採用し、広い色域を実現した。(2016/10/26)

4Kもワイヤレス! エプソンが初の4K/HDR対応プロジェクター「EH-TW8300/W」を発表
エプソンが3LCD方式のホームプロジェクター「EH-TW8300」「EH-TW8300W」を発表した。同社として初めて4KとHDRの両方に対応したホームシアターモデルだ。(2016/7/21)

Bluetoothで音声を出力できるプロジェクター、エプソン「EH-TW6700/W」登場
エプソンが3LCD方式のホームプロジェクター「EH-TW6700」およびワイヤレスモデルの「EH-TW6700W」を9月に発売する。3000lm(ルーメン)の明るい画面が特徴で、窓のあるリビングルームでもくっきりとした映像を楽しめる。(2016/7/21)

エプソン、“4K相当”出力に対応する3LCDホームプロジェクターなど4機種
エプソンは、3LCD方式採用ホームプロジェクター「dreamio」の新モデル計4機種を発表した。(2016/7/21)

約2万時間メンテナンスフリー:
常設型プロジェクターでシェア拡大を狙うエプソン、2万5000ルーメンのレーザー光源3LCDプロジェクターを投入
エプソンが、ビジネスプロジェクターの新製品計11機種を発表した。世界最高2万5000ルーメンの明るさと高耐久性を兼ね備える最上位モデルで、イベント会場などの常設プロジェクター市場を狙う。(2016/3/14)

エプソン、レーザー光源採用の3LCDモデルなど常設プロジェクター製品11機種を投入
エプソンは、大会議場/展示場などでの常設に向くビジネスプロジェクター製品を発表した。(2016/3/14)

意外に知らないIT機器選定のコツ:
PR:ビジネスプロジェクター選びの落とし穴 それは「カラーの明るさ」
プロジェクターの性能を比較するうえで重要な「明るさ」のスペック。そこには意外な落とし穴が潜んでいる。(2015/11/25)

10万円で“非日常”へ――エプソンが3D対応プロジェクター「EH-TW5350S」を発売
エプソンが“dreamio”(ドリーミオ)の新製品として手軽なフルHDプロジェクターを投入する。スマートフォンやタブレットとの連携も強化。「若い人にも大画面を手軽に体験してほしい」という。(2015/8/20)

3000ルーメン超モデルが3万円台後半から:
3LCD方式で明るさと色域に自信――エプソンがビジネス向けプロジェクター新モデル7機種を発表
エプソンは、ビジネス向けプロジェクターの新製品7機種を発表。3Dプリンターで製作した模型で、エプソンの採用する液晶技術「3LCD方式」による"色域の広さ"をアピールした(2015/7/28)

エプソン、大会議室などの設置に向く常設プロジェクター6製品を発表
エプソンは、大会議室や講義室での常設に向くなどの設置に向く3LCDプロジェクター計6製品を発表した。(2015/5/12)

漆黒のボディー:
エプソン初、レーザー光源採用の4K対応ホームプロジェクター「EH-LS10000」発表
エプソンは3月26日、同社初となる4K対応プロジェクター「EH-LS10000」を発表した。発売は4月9日。価格はオープンで、市場想定価格は80万円前後(税別)の見込み。(2015/3/26)

NECディスプレイ、高輝度表示を可能とした超短焦点プロジェクター「NP-UM351WJL」など2モデル
NECディスプレイソリューションズは、超短焦点投写に対応した3LCDプロジェクター「NP-UM351WJL」「NP-UM361XJL」を発表。それぞれ約28センチ/24センチの距離から80型投写が可能だ。(2015/1/16)

「カラーの明るさ」で差異化:
エプソン、超短焦点などビジネスプロジェクター7機種――20年間シェア1位に向けて「3LCD」を改めてアピール
2014年度上期は60%超のシェアを獲得したというエプソンのビジネスプロジェクター。超短焦点モデルとミドルレンジモデルの合計7機種を一挙に投入し、20年間シェア1位の座を狙う。(2014/11/11)

仕事耕具:
スマホのHD動画をワイヤレスで投写できるビジネスプロジェクター――エプソン
「企業ユーザーの70%が明るさを、83%が高解像度を求める」というプロジェクター。近年ではスマートデバイスと簡単に連携できることもポイントだ。(2014/8/6)

QRコードで簡単接続:
「より明るく、高精細に、タブレット対応の強化も」――エプソンがビジネスプロジェクター3機種を投入
ビジネスプロジェクター市場でトップシェアを走り続けるエプソン。まだ伸ばす余地があるという「多機能パワーモデル」に、明るさ、解像度、タブレット連携を強化した2機種を投入する。10万円を切るスタンダードモデルの新機種も同時発表した。(2014/8/5)

NECディスプレイ、4K入力もサポートした大会議室/ホール向けの3LCDプロジェクター6製品
NECディスプレイソリューションズは、WUXGA表示対応の液晶プロジェクター「NP-PA622UJL」など計6モデルを発表。いずれも4K解像度の映像入力をサポートした。(2014/7/23)

ソニー、大会議場などの常設にも適した明るさ7000ルーメンの3LCDプロジェクター
ソニーは、レーザー光源採用で7000ルーメンの高輝度表示を実現した3LCDプロジェクター「VPL-FHZ700」を発表した。(2014/7/3)

SOHO/中小企業に効く「プロジェクター」の選び方(第3回):
即戦力の「プロジェクター」を利用シーンごとに選んでみた
会議や取引先へのプレゼンに欠かせないプロジェクター。そんなビジネス用プロジェクターの選び方を提案する本連載の最終回は、3つの利用シーンごとにおすすめ製品例を紹介しよう。(2014/6/5)

SOHO/中小企業に効く「プロジェクター」の選び方(第1回):
今さら聞けない「プロジェクター」選びのポイント(その1)
大画面を手軽に投写できるプロジェクターはプレゼンの強い味方だ。そんなビジネス用プロジェクターの選び方を紹介する本連載の第1回は、製品選びの基本をチェックしていく。(2014/5/23)

高光束モデルも大量投入:
「インタラクティブ機能で会議や授業を効率化」――エプソン、投写映像に“指でタッチできる”プロジェクター
オフィスや教育現場のIT化が進む中、エプソンは会議や授業の効率アップを目指した「インタラクティブ機能」付きプロジェクター3モデルを発売する。(2014/5/19)

エプソン、輝度を高めた学校向けの超短焦点プロジェクター「EB-590WT」など3製品
エプソンは、学校向けモデルとなる壁掛け対応の超短焦点プロジェクター計3モデル「EB-580」「EB-585W」「EB-590WT」を発売する。(2014/1/23)

エプソン、実売4万円のエントリービジネスプロジェクター「EB-S03」
エプソンは、SVGA表示に対応したスタンダードクラスのビジネスプロジェクター「EB-S03」を発表した。(2013/11/21)

スマホ/タブレット連携を強化:
「ローエンドモデルを充実させ、市場規模とシェアの拡大を目指す」――エプソン、ビジネスプロジェクター5機種を投入
エプソンが3LCD方式のビジネスプロジェクター5モデルをモデルチェンジ。エントリーモデルも無線LANに対応し、スマホやタブレットからの投写を可能となった。コントラストも強化し、明るい部屋での視認性が向上した。(2013/8/8)

スクリーンセットモデルも用意:
お手軽コンパクトな3D対応プロジェクター、エプソン「EH-TW5200」
エプソンは「dreamio」(ドリーミオ)シリーズのエントリーモデル「EH-TW5200」および80型スクリーンをセットにした「EH-TW5200S」を8月下旬に発売する。(2013/8/7)

エプソン、広範囲レンズシフトを搭載したバリューモデル、「EH-TW7200」
エプソンは家庭用プロジェクター「EH-TW7200」を発表した。広範囲レンズシフトを搭載しつつ、実売で24万円台後半という価格を実現した高コストパフォーマンスモデル。(2013/8/7)

ワイヤレスモデルもあり:
3D表示でも超解像にフレーム補完、エプソンから家庭用プロジェクター「EH-TW8200」登場
エプソンはホームシアター向けプロジェクター「dreamio」(ドリーミオ)シリーズの新製品「EH-TW8200W」および「EH-TW8200」を10月に発売する。3D機能やコントラスト性能など基本機能を強化。(2013/8/7)

業界初、レーザー光源の液晶プロジェクター ソニーが発売
業界で初めてレーザー光源を使用した液晶プロジェクターがソニーから。(2013/7/3)

業界トップが狙う“常設”市場:
目指すは2013年度にシェア2倍超――エプソン、常設向けプロジェクター9モデルを一挙投入
エプソンは3LCD方式のビジネスプロジェクターに常設型の9モデルを追加した。プロジェクター製品でトップシェアを持つ同社だが、常設型は比較的弱いカテゴリーとのことで、今後は常設型製品の売り上げ増加を目指す考えだ。(2013/3/12)

ソニー、“業界最高”の輝度5200ルーメン対応モデルなど業務用データプロジェクター計6モデルを投入
ソニーは、学校/企業向けとなる高輝度表示対応データプロジェクター「VPL-CW275」など計6製品を発表した。(2012/11/19)

3D対応で10万円を切るモデルも:
エプソンが3Dプロジェクターをブラッシュアップ、「EH-TW8100W」など5機種を発表
エプソンが家庭用プロジェクターの新製品を発表。昨年に続き、ワイヤレス対応モデルを用意した。(2012/10/3)

1.3mの距離があれば100インチの大画面が楽しめる!――ソニー、短焦点ホームシアタープロジェクター「VPL-BW120S」を7月25日発売
1.3mの距離でも100インチの大画面が投影可能で、広いリビングルームだけでなく狭い寝室でも手軽に使えるプロジェクターがソニーから登場する。(2012/7/5)

約1メートルで80インチ:
ソニー、短焦点のカジュアルプロジェクター「VPL-BW120S」を発売
ソニーは、カジュアルなホームシアター用途に向け、短焦点レンズにより近距離の投映を可能にした新製品「VPL-BW120S」を7月25日に発売する。(2012/7/4)

2012年は国内シェア60%へ:
エプソンがプロジェクター10機種を投入――画面補正機能が進化したモバイルモデルなど
エプソンは、3LCD方式のビジネス向けプロジェクター10機種を発表した。台形補正機能の進化や、2画面表示への対応といったソフトウェア面の更新が主な見どころだ。(2012/6/29)

オフィスや学校だけじゃない:
「プロジェクターの新たな活用シーンを」――エプソン、渋谷ヒカリエでプロジェクターを使ったアートを展示
エプソンがプロジェクターを使ったアート作品の展示会を開催している。美大生などのクリエイターとコラボレートし、プロジェクターを映像表現のツールとして利用した。(2012/6/27)

山本浩司の「アレを観るなら是非コレで!」:
これは事件です、エプソン「EH-TW8000W」で観る「ヒューゴの不思議な発明」
米国で発売されたBlu-ray 3D「ヒューゴの不思議な発明」をさまざまな3Dテレビやプロジェクターで観た。とりわけその3D画質のよさに魅せられたのが、エプソン「EH-TW8000W」だ。(2012/4/19)

エプソン、反射型液晶デバイス搭載の「EH-R4000」を発売
エプソンは、販売を延期していたホームシアタープロジェクター「EH-R4000」を2月23日に発売する。(2012/2/23)

超解像技術にも対応:
明るさ1万ルーメンのモデルが登場――エプソン、常設型のビジネスプロジェクター4モデルを投入
エプソンは3LCD方式のビジネスプロジェクターに常設型の4モデルを追加した。従来製品よりも明るさや高画質処理機能を向上させ、明るさ1万ルーメンのモデルも登場した。(2012/2/8)

エプソン、6万円を切るエントリー向けプロジェクター「EH-TW400」
エプソンは、液晶プロジェクターのエントリーモデル「EH-TW400」を発表した。“Offirio”のエントリー機を家庭用にチューニングした低価格モデルで、ホームシアター市場の拡大を狙う。(2011/12/14)

ソニー、超短焦点タイプの液晶プロジェクター「VPL-SW535」など2モデル
ソニーは、“業界最短”をうたう超短焦点設計を実現した液晶プロジェクター計2製品「VPL-SW535」「VPL-SX535」を発表した。(2011/11/21)

3Dも進化:
JVC、4K対応のD-ILAプロジェクター「DLA-X90R」など3機種を発表
JVCケンウッドは、D-ILAプロジェクターの新製品を発表した。フルHDデバイスを使いながら“画素ずらし”によって4K解像度表示を可能にした。(2011/10/12)

手軽に大画面:
iPodドック搭載の新コンセプトプロジェクター、エプソン「MG-850HD」登場
エプソンは、iPodドック搭載の家庭用プロジェクター「MG-850HD」を11月上旬に発売する。ステレオスピーカーを内蔵しており、iPhoneやiPodをドックに挿すだけで映像や音楽を楽しめる。(2011/9/28)

Wireless HD搭載機も:
新駆動技術で“明るい3D”、エプソンが初の3Dプロジェクター
エプソンが3D対応の家庭向けプロジェクター4製品を発表。480Hz駆動のD9パネルと新しい駆動技術「Bright 3D Drive」により、クロストークを抑えながら“明るい3D映像”を実現した。(2011/9/28)

エプソン、480Hz駆動のプロジェクター向け液晶パネルを量産出荷
セイコーエプソンは、3D表示対応のプロジェクター向け高温ポリシリコン(HTPS)TFT液晶パネル2機種の量産出荷を開始した。新開発のパネル駆動技術「Bright 3D Drive」により480Hz駆動を実現し、明るい3D表示を可能にしている。(2011/9/9)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。