ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「世界を変える80年代生まれの起業家」最新記事一覧

関連キーワード

世界を変える80年代生まれの起業家:
かわいがってもらうことが、年上の人と仕事するときのコツ
若いときは実体験が少ない。だからこそ刺激を受けやすいところもあるが、1回やって失敗してしまうと怖くなってしまう。鈴木さんは、最初をうまくやるために年上の人にアドバイスをもらうのは大切だと話す。(2013/12/5)

世界を変える80年代生まれの起業家:
スポーツでも音楽でも、すごい同世代を知ると焦るし悔しい――それが原動力
幼少期は親の仕事で外国に住んでいたという鈴木さんは、同世代を強く意識するそう。起業して成功している人や、スポーツでも音楽でも、同世代の偉大な存在を知ると、すごく焦るし悔しいという。でもそれが、仕事の原動力になっていると話す。(2013/11/28)

世界を変える80年代生まれの起業家:
「成功したときにめちゃくちゃ金持ちになりたい」と思ったら起業するしかなかった
それなりに実績と経験を積んだ28歳のとき「サラリーマンのままでは起業している奴らには勝てない」と思った。「成功したときにめちゃくちゃ金持ちになりたい」と考えたら、選択肢が起業しかなかった。(2013/11/21)

世界を変える80年代生まれの起業家:
夢はライフスタイルを変えるサービスをつくること
学生時代につくったWebサイトがキッカケで、アフィリエイト会社に就職した関根佑介さん。歌詞と一緒に楽曲を再生する「Lyrica」を発案したほか、DeNAの音楽サービス「Groovy」のプロジェクトではメインのUI設計などを担当。関根さんが起業する直前の貴重なインタビューです。(2013/11/14)

世界を変える80年代生まれの起業家:
田舎の米国人が知っている日本は、真珠湾とカラテとTERIYAKI
16歳で単身渡米し、21歳で米国で起業した伊地知さん。前回のインタビューでは、ベンチャー起業の理想型についてでしたが、今回は、高校時代の米国留学体験から人生の目的について伺います。(2013/11/7)

世界を変える80年代生まれの起業家:
マンガ『ONE PIECE』に学ぶ、ベンチャー起業の理想型
16歳で単身渡米し、21歳で米国で起業。現在、スタートアップ起業家を支援するネットワークを運営する伊地知天さん。インタビューの前編では、全てを自分でやろうとせず、必要なら他人の力を借りてチームにするという心構えの必要性について聞きます。(2013/10/24)

世界を変える80年代生まれの起業家:
80年代生まれの起業家から学ぶ、5つのキーワード
何のために働くか? どんな仕事をするか? 誰もが直面する人生の大きな課題です。ここで紹介するのは、今、真剣に取り組んでいる人の現在進行形の記録です。80年代生まれの起業家の奮闘は、あなたに勇気と未来のヒントを与えてくれます。夢を持って働くことの素晴らしさと、自己実現ができる「自分の仕事」を見つけましょう。(2013/10/17)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。