ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  9

  • 関連の記事

「910SH」最新記事一覧

写真で解説する「PHOTOS 920SC」
ソフトバンクモバイル向け端末では、シャープの「910SH」に次ぐ2機種目の5メガカメラ搭載機となる「PHOTOS 920SC」。レンズは6群8枚構成で、メカシャッターやキセノンフラッシュを装備。顔認識技術をAFや画像検索に使う、ユニークな機能も搭載した。(2007/10/22)

荻窪圭の携帯カメラでこう遊べ:
“ケータイ最強”のカメラはデジカメを超えた?──「910SH」
500万画素CCDと光学3倍ズーム……ついにデジカメと並ぶスペックを手に入れたシャープ製“デジカメケータイ”「910SH」。早速、そのカメラ機能を作例とともにチェックしていく。(2006/12/5)

携帯販売ランキング(11月20日〜11月26日):
注目の“巨頭対決”、制したのは?
冬商戦を目前にした先週末、注目の新端末が多数発売された。初登場の「SO903i」「W44K」「911SH」「910SH」らは何位にランクインしただろうか。(2006/12/1)

jigブラウザが、ドコモ「SO903i」ソフトバンク「910SH」「911SH」に対応
jig.jpは同社のjigブラウザが、ドコモの「SO903i」、ソフトバンクの「910SH」「911SH」に対応したと発表した。(2006/12/1)

5メガCCD・光学3倍のカメラケータイ「910SH」が販売開始
AF付き5メガピクセルCCDと光学3倍ズームレンズを搭載した最強カメラケータイ、ソフトバンクモバイルの「910SH」が発売となった。新規で新スーパーボーナスを利用した月額負担額は830円。(2006/11/27)

ドコモの「SO903i」、ソフトバンク「911SH」「910SH」「811SH」「810SH」がモバイルSuicaに対応
JR東日本は、NTTドコモの「SO903i」と、ソフトバンクモバイルの「911SH」「910SH」「811SH」「810SH」をモバイルSuica対応機種に追加した。(2006/11/24)

3倍ズーム+500万画素+VGA液晶の「910SH」、11月25日発売
3倍ズーム+500万画素+VGA液晶を搭載するハイエンド端末「910SH」が11月25日に発売される。(2006/11/20)

開発者に聞く「910SH」:
どこまでデジカメに近づけるか──シャープの「910SH」が目指したもの
AF付きの光学3倍ズームレンズを備えた5メガピクセルCCD搭載のシャープ製「910SH」は、ソフトバンクの秋冬モデルの中でも特に目を引くハイエンドモデルだ。商品企画担当者に910SHに込めた熱い思いを聞いた。(2006/10/27)

ドコモ「SO903i」「D903i」、ソフトバンク「910SH」などがJATE通過
近日発表が予定されるドコモ「903i」シリーズとして、「SO903i」D903i」がJATEを通過。ほか2006年au秋冬モデル「W43SA」、ソフトバンク秋冬モデル「910SH」「705N」も同じく認定を受けた。(2006/10/2)

写真で解説する「910SH」
光学3倍ズームレンズと有効画素数500万画素のCCD、それに2.4インチのVGA液晶を搭載した、国内最強のデジカメケータイ「910SH」は、最新サービスにもいち早く対応するソフトバンクのフラッグシップモデルだ。(2006/9/29)

光学3倍ズーム、AF付き500万画素CCDのデジカメケータイ──「910SH」
デジカメなみのスペックを持つ3G携帯「910SH」がソフトバンクから登場する。光学3倍ズーム、AF付き500万画素CCDを搭載したシャープ製端末だ。(2006/9/28)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。