ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  9

  • 関連の記事

「920T」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「920T」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

セイコーインスツル MS920T:
85℃まで動作可能、SIIのコイン型リチウム二次電池
「MS920T」は、85℃の高温環境でも安定した動作が可能なコイン型リチウム二次電池である。温度上昇が想定される自動車内や直射日光に当たる高温環境で使用される、電子機器のリアルタイムクロックやメモリの電源バックアップ用途に向ける。(2014/1/31)

ビジネスニュース 企業動向:
中国のスマートフォン市場で、NokiaとAppleがせめぎ合い
NokiaとChina Mobileは、TD-SCDMA対応のスマートフォン「Lumia 920T」を発売すると発表した。この提携により、Nokiaは、現時点でこの市場においてAppleよりも優位に立ったと言えるかもしれない。近く中国で「iPhone 5」を発売するAppleにとっても、China Mobileとの提携が成功へのカギになると考えられる。(2012/12/11)

Nokia、249ドルの「Lumia 620」とChina Mobileの「Lumia 920T」発売を発表
Windows Phone 8端末の売れ行きが思わしくないNokiaが、Lumiaシリーズの廉価モデルと、世界最大の通信キャリアChina MobileからのLumia端末発売を発表した。(2012/12/6)

ついに登場、有機EL搭載の“REGZAケータイ”――「921T」
ソフトバンクモバイルの「921T」は、東芝が展開するハイビジョンテレビのブランドを冠した“REGZAケータイ”だ。ハイエンド端末「920T」の機能はそのままに、鮮やかな映像を映し出す有機ELディスプレイを搭載した。(2008/1/28)

ほぼ全部入り「920T」と軽量AQUOSケータイ「822SH」、12月15日発売
ソフトバンクモバイルは、2007年秋冬モデルのハイエンド機種「920T」と軽量AQUOSケータイ「822SH」を12月15日に全国で発売する。(2007/12/13)

“ほぼ全部入り”「920T」と最薄・最軽量のAQUOSケータイ「822SH」、予約受け付け開始
東芝製のハイエンド端末「920T」と、シャープ製の最薄最軽量AQUOSケータイ「822SH」の予約受付がソフトバンクオンラインショップで始まった。新スパボ利用時の新規一括価格は、920Tが8万1120円、822SHは7万3920円。(2007/12/11)

写真で解説する「920T」(ソフトウェア編)
2007年春モデル「911T」の後継モデルとして登場する東芝製の新機種「920T」。ソフトウェアやユーザーインタフェースの多くは前機種と共通する部分は多いものの、ワンセグ機能に“911Tにこれさえあれば”といういくつか機能が新たに搭載されるなど、細かい進化を遂げている。(2007/10/23)

動画で見る「920T」
前モデル「911T」の特徴を色濃く引き継いだ、東芝製の新機種「920T」。外観はボディカラーや十字キー周り、そしてキー形状やレイアウトなどに若干の変更があるようだ。911Tと見た目の印象はどれだけ違うのか、動画で見比べてみよう。(2007/10/22)

写真で解説する「920T」
“ほぼ全部入り”だった2007年春モデル「911T」の高機能さを引き継ぎ、新デザインと外光下でも見やすい3インチワイドVGAクリアスクリーン液晶を採用。スペックは大きく変わらず、さながら911Tのマイナーチェンジ版という位置付けだが、911Tでは未対応だったワンセグの予約録画や外部メモリ録画機能などもしっかり備えるなど、さらなる使い勝手への工夫も盛り込んだ。(2007/10/22)

3インチWVGA、Bluetooth、ワンセグ、スリムスライド、“ほぼ全部入り”の進化版──「920T」
あの“ほぼ全部入り”が正統進化──東芝製の「920T」は、2007年春モデル「911T」のスリムスライドボディやワンセグ、3インチワイドVGAディスプレイ、HSDPA、Bluetooth、1Gバイトメモリ、S!FeliCaなどを継承し、新たにクリアスクリーン液晶や外部メモリ録画/予約録画機能、大容量バッテリーなどを備えて進化した。(2007/10/22)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。