ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  A

  • 関連の記事

「A2502 HIGH-SPEED」最新記事一覧

モバイルワーク温故知新:
高速3Gが牽引したモバイル大衆化時代の到来
モバイルワークは、かつて多くのユーザーにとって夢だった。そんな状況は3G通信の高速規格「HSPA」の登場で一変した。今回はようやくモバイル通信が実用期に入った時代にフォーカスし、当時の状況を振り返ってみよう。(2012/9/25)

月額換算で2087円から、ならば手軽に使えそう:
“公平”なプリペイドSIM──「b-mobile Fair」は本当に速度制限なし?
FOMA網で使えるSIMカード「b-mobile Fair」が日本通信より発売。1Gバイト分の通信権を先に購入するプリペイドスタイルを採用し、FOMA網で下り最大7.2Mbpsの通信が可能だ。サービスイン直前の評価カードで使い勝手と特徴を簡易チェックする。(2011/4/12)

ポータブル無線LANルータレビュー:
SIMロックフリー時代の無線LANルータ「b-mobile WiFi」利用ガイド(後編)
SIMロックフリーと、“余計な機能なし”が特徴のポータブル無線LANルータ「b-mobile WiFi」。後編は通信速度やバッテリー動作時間など、より深く本機の魅力を探っていこう。(2010/10/19)

データ通信端末のWindows 7対応状況
いよいよ10月22日0時に迫ったWindows 7 DSP版の発売。通常版も22日の9時には販売が始まる。最新OSで、データ通信端末が問題なく利用できるのかを改めて確認した。(2009/10/21)

“ギリギリ”エリアで試す:
モバイルWiMAX、「PC内蔵」でどこまで“粘る”か
モバイルWiMAXは内蔵型と外付け型のどちらが幸せか。「LOOX R WiMAXモデル」を用い、電波ギリギリエリアでどこまで“粘る”かをチェックした。(2009/8/12)

「すぐネット接続できないのに“Netbook”などと呼ばないでほしい」:
HPが投入する、“契約済み”3G通信機能内蔵PCの可能性
日本HPは、USIM付きの3Gデータ通信モジュール内蔵PCを2009年9月に発売する。複雑な契約や基本料金なしにFOMAネットワークをプリペイド課金で利用できる「世界でも画期的なPC」として展開する。(2009/8/6)

PHS&データ通信端末販売ランキング(7月6日〜7月12日):
動きの鈍いPHS&データ通信端末
PHSの順位に大きな変動は見られず、データ通信端末も順位の動きは鈍かった。(2009/7/17)

PHS&データ通信端末販売ランキング(6月29日〜7月5日):
データ通信端末の首位が再び交代
PHSのランキングに大きな動きはなかったが、データ通信端末のランキングは前回に続いて首位が交代した。(2009/7/10)

PHS&データ通信端末販売ランキング(6月22日〜6月28日):
上り5.7Mbps&WILLCOM CORE 3Gの端末がランクイン
データ通信端末のランキングでは「WILLCOM CORE 3G」に対応した「HX003ZT」と、上り最大5.7Mbpsの「L-05A」がランクイン。PHSのランキングには変化がなかった。(2009/7/3)

ふぉーんなハナシ:
USB接続のデータ端末を“そっち側”に向けたい
小型で軽量、さらに接続PCを(ほとんど)問わないなど、なにかと便利なUSB接続型のデータ端末。だが、ノートPCに接続すると思いのほかスペースを取るもの。せめて“そっち側”に向いてほしい……。(2009/6/30)

PHS&データ通信端末販売ランキング(6月15日〜6月21日):
ジワリと勢いづくイー・モバイル――PHSは「X PLATE」が再び上昇
データ通信端末のランキングでは、イー・モバイル端末がジワリとランクアップ。PHSは、動きのなかったトップ3に変化が見られた。(2009/6/26)

PHS&データ通信端末販売ランキング(6月8日〜6月14日):
データ通信端末の“三つどもえ”に変化
データ通信端末のランキングでは、しばらく続いていた“イーモバ×ドコモ×ソフトバンク”の三つどもえトップ3に変化が起きた。PHSは完全に動きがない。(2009/6/19)

おぉ、意外に速いぞ:
ウィルコムの「WILLCOM CORE XGP」、さて何Mbps出る?
UQ WiMAXとともに、2.5GHz帯を用いる次世代高速通信サービスとして期待されるウィルコムの「WILLCOM CORE XGP」。エリアを限定した試験サービスで、どのくらいの速度が出るかを簡易チェックした。(2009/6/17)

PHS&データ通信端末販売ランキング(6月1日〜6月7日):
下位は動くも、上位の固定化が顕著なPHS&データ端末
PHSのランキングは上位5位に変化がなく、データ通信端末の3キャリアによる“三つどもえトップ3”も完全に定着した感がある。(2009/6/12)

PHS&データ通信端末販売ランキング(5月25日〜5月31日):
“0円PHS”と“値下げしたHIGH-SPEED”に注目
いつもより動きのあったPHS&データ通信端末のランキング。PHSは格安端末の順位が変化し、データ通信端末はNTTドコモの「A2502 HIGH-SPEED」がランクアップ。(2009/6/5)

PHS&データ通信端末販売ランキング(5月18日〜5月24日):
PHS、データ通信ともに大きな動きはなし
PHSのランキングは上位に変化がなく、下位は「WILLCOM 9」が順位を上げるなど若干変動した。データ通信端末の“イーモバ/ドコモ/ソフトバンク”の三つどもえは今回も続いた。(2009/5/29)

PHS&データ通信端末販売ランキング(5月11日〜5月17日):
続く「HONEY BEE 2」の人気、硬直したデータ端末トップ3
大きな動きの見られないPHSのランキングでは、「HONEY BEE 2」が首位の座を守り続けている。データ端末もトップ3の順位が定着してきた。(2009/5/22)

PHS&データ通信端末販売ランキング(5月4日〜5月10日):
データ通信端末、“三つどもえ”の状態は続くのか?
最近あまり大きな変動がないPHSのランキング。今回は久々に「Advanced/W-ZERO3[es]」がランクインした。データ通信端末はトップ3が前回と同じく“三つどもえ”となり、今後の動きが気になる。(2009/5/15)

PHS&データ通信端末販売ランキング(4月27日〜5月3日):
データ端末トップ3に“ソフトバンク”が食い込んだ
イー・モバイル網とソフトバンクモバイル網を使い分けられるデータ端末「C01LC」が売れている。またGW限定キャンペーンを実施するウィルコムのデータ端末も健闘している。(2009/5/8)

PHS&データ通信端末販売ランキング(4月20日〜4月26日):
「GW特別企画」で“月980円”――ウィルコムのデータ通信端末が急上昇
月額3880円の「新つなぎ放題」が端末代金込みで“月980円”――ゴールデンウィーク限定でキャンペーンを実施するウィルコムのデータ通信端末が、ランキングで急上昇した。(2009/5/1)

なんだか“ちっこい”ヤツを試してみよう:
VAIO type P、iPhone、UQ、Netbook、DSやケータイも──“何でもOK”な外部バッテリー「MyBattery Book X」
一見キワモノ、使ってみると意外にどうよ。JTT「MyBattery Book X」は、デジカメほどの小型サイズに関わらず“かなり何でもOK”。なかなか「遊べる」大容量モバイルバッテリーだ。(2009/5/1)

PHS&データ通信端末販売ランキング(4月13日〜4月19日):
“上り5.8Mbps”の「D23HW」が好調な滑り出し
PHSのランキングでは、定額プランが“月々780円”になる特別モデルが人気機種「BAUM」の座を奪った。データ通信端末は“上り5.8Mbps”の新モデルが上位を獲得。今後さらに順位を上げるのだろうか?(2009/4/24)

PHS&データ通信端末販売ランキング(4月6日〜4月12日):
“実質0円”で健闘するソフトバンクモバイルの「C01LC」
PHSのランキングでは、春モデル「WX340K」が順位を上げた。データ通信端末は、ソフトバンクモバイルの「C01LC」が健闘。イー・モバイル回線と自社回線の両方を利用できるサービス内容に加え、“実質0円”という価格設定が魅力的だ。(2009/4/17)

PHS&データ通信端末販売ランキング(3月30日〜4月5日):
イー・モバイルのデータ端末に世代交代の予兆
データ端末のランキングは、上り最大5.8Mbpsの新端末発売を前に新旧交代の気配が漂い始めた。ウィルコムの新モデル「BAUM」と「WX340K」の売れ行きにも、少しずつ差が生まれている。(2009/4/10)

PHS&データ通信端末販売ランキング(3月23日〜3月29日):
さらに売れた「BAUM」、新規ユーザーの心をキャッチ?
ウィルコムの京セラ製新モデル「BAUM」がさらにランキングの順位を上げた。根強い人気を保つ「HONEY BEE 2」の牙城は崩せたのだろうか?(2009/4/3)

アイ・オーのデータ通信端末用無線LANルーター、ドコモのL-02Aなども利用可能に
アイ・オー製データ通信端末用無線LANルーターがファームアップを実施。PCカードスロットとUSB端子を備え、イー・モバイル端末のほか、ドコモのL-02AやソフトバンクのC01LCなども利用できるようになった。(2009/4/1)

PHS&データ通信端末販売ランキング(3月16日〜3月22日):
新機種「BAUM」が健闘、初登場6位に
ウィルコムは新機種「BAUM」が登場し、かなり健闘。データ通信端末は変動が見られず、変わらずイー・モバイルがランキングの多くを占めている。(2009/3/27)

PHS&データ通信端末販売ランキング(3月2日〜3月8日):
ウィルコム端末がひさびさにランクイン、「どこでもWi-Fi」登場
今回のランキングはウィルコム端末、データ通信端末ともに大きな変化はなく、人気の傾向も変わらない。ただ、しばらくランキングから姿を消していたウィルコムのデータ通信端末が久しぶりにランクインした。(2009/3/13)

PHS&データ通信端末販売ランキング(2月23日〜3月1日):
“対イー・モバイル”なウィルコムのお得端末が浮上
ウィルコム端末は、お得価格の「X PLATE」や春の新機種が人気でランキングもかなり大きく変動。データ通信端末は依然イー・モバイル端末が多くを占める状況は変わらず、大きな動きもなかった。(2009/3/6)

PHS&データ通信端末販売ランキング(2月16日〜2月22日):
ウィルコムの新機種が躍進、データ通信端末も変化の予感
ウィルコム端末は、“おサイフケータイ”対応の新機種が期待どおりランクイン。データ通信端末は変わらずイー・モバイル端末が好調だが、今後、変動が起こりそうなニュースも飛び込んできた。(2009/2/27)

PHS&データ通信端末販売ランキング(2月9日〜2月15日):
イー・モバイル端末、ランキングの8割占める
ウィルコム端末は大きな変化なし、データ通信端末はイー・モバイルとドコモ端末のみがランクイン。中でもイー・モバイル端末はランキングの8割を占めるようになった。(2009/2/20)

PHS&データ通信端末販売ランキング(2月2日〜2月8日):
データ通信のMVNO、ようやく夜明けか──日本通信製端末が初ランクイン
ウィルコム端末は新機種登場を間近に控え、順位が大きく変動。データ通信端末は日本通信の「b-mobile3G」対応端末が初めてランクインした。(2009/2/13)

PHS&データ通信端末販売ランキング(1月26日〜2月1日):
“100円PC”需要、イー・モバイル端末の人気傾向に少し変化
ウィルコム端末はお得な「nico.スペシャルモデル」が好調。データ通信端末は、長らく不動の首位だったD02HWを抜き「D12LC」が初の首位を獲得した。(2009/2/6)

PHS&データ通信端末販売ランキング(1月19日〜1月25日):
ウィルコム、データ通信端末は大きな動きなし
今回のウィルコムとデータ通信端末のランキングは大きな動きがなかった。今後の変動は、2月下旬からに発売するウィルコムの“おサイフケータイ”対応新機種に期待したい。(2009/2/2)

PHS&データ通信端末販売ランキング(1月12日〜1月18日):
「月980円」端末、ウィルコムにも増加傾向
ウィルコム端末も、携帯各社と同様に“格安”モデルが上昇中。“100円PC”でイー・モバイルのデータ通信端末は依然好調だが、人気端末の傾向がやや変わってきた。(2009/1/23)

PHS&データ通信端末販売ランキング(1月5日〜1月11日):
人気傾向は変わらず停滞気味、次の新機種で変動に期待
商戦期を終え、データ通信端末はほとんど変動なし。ウィルコムの音声端末はまだ多少の変動があるが、やはり登場する顔ぶれは変わらない。次の大きな変動は新機種次第といった状況の穏やかなランキングとなった。(2009/1/16)

PHS&データ通信端末販売ランキング(12月22日〜1月4日):
ウィルコムのデータ通信端末、全機種ランク圏外へ
ウィルコムの音声端末はお得な「WX310Kスペシャルモデル」以外は大きな変動なし。データ通信端末はイー・モバイルが好調を維持する一方で、ウィルコム端末がランキングから姿を消した。(2009/1/9)

ITmediaスタッフが選ぶ、2008年の“注目ケータイ”(ライター坪山編):
「さよなら」があまりに惜しいNokia
国内外を問わず、メーカーが携帯事業の再編や撤退を決断した2008年。インセンティブモデルの問題を解決する割賦販売は根付いたものの、買い変えサイクルが伸びて端末販売は鈍化。コストダウンを目指した端末は没個性化が進んでしまった。(2008/12/31)

ITmediaスタッフが選ぶ、2008年の“注目ケータイ”(編集部岩城編):
何か、基本的に“全部”全部入りになっちゃいましたのでね
ライフスタイル別に──といったように、2008年もたくさんの新機種が登場したが、筆者の“全部入り好き”で“ちょっとヘンなものも好き”な傾向は変わらない。(2008/12/29)

PHS&データ通信端末販売ランキング(12月15日〜12月21日):
2005年端末「WX310K」は今回も健闘、LG製データ通信端末が初登場
ウィルコムの音声端末は“スペシャルモデル”の「WX310K」が今回も好調を維持、データ通信端末は変動がほとんどなかったが、ドコモのLG製データ通信端末が初登場でランクインした。(2008/12/26)

PHS&データ通信端末販売ランキング(12月8日〜12月14日):
2008年末、ウィルコムの“2005年発売”端末が急浮上
ウィルコムの音声端末は、「HONEY BEE 2」や「WILLCOM LU」などの新機種とともに、2005年発売の機種が急浮上。データ通信端末は今回もイー・モバイルのHSUPA対応端末が好調に売れている。(2008/12/19)

PHS&データ通信端末販売ランキング(12月1日〜12月7日):
「WILLCOM LU」初登場、データ通信端末はHSUPA端末がじわじわ浮上
ウィルコム端末は、新機種「WILLCOM LU」が初登場。データ通信端末は大きな変化がないもののイー・モバイルのHSUPA通信対応端末がじわじわ順位を上げている。(2008/12/12)

PHS&データ通信端末販売ランキング(11月24日〜11月30日):
冬のデータ通信端末争い、ウィルコムがやや苦戦──ランクイン端末が1機種のみに
ウィルコムの音声端末は大きな変化はないものの、新機種「HONEY BEE 2」は好調、データ通信端末はHSUPA対応機種を投入したイー・モバイル勢がランキングの7割を占め、独走状態となっている。(2008/12/5)

PHS&データ通信端末販売ランキング(11月17日〜11月23日):
HSUPA対応の「D21HW」登場──ドコモのデータ通信端末がイー・モバイル勢の一角崩す
ウィルコム端末は新機種「HONEY BEE 2」「WX330J」がなかなか好調。データ通信端末は、国内初のHSUPA対応端末「D21HW」が初登場でランクイン。ただ、安泰と思われたイー・モバイル端末勢の一角に、最近じわじわ順位を上げていたドコモのデータ通信端末が割って入った。(2008/11/28)

PHS&データ通信端末販売ランキング(11月10日〜11月16日):
ウィルコムの新機種はなかなか好調──次回、イー・モバイルのHSUPA対応端末登場でどう変わるか
ウィルコム端末のランキングは、新機種の「HONEY BEE 2」が期待どおりに躍進。データ通信端末はイー・モバイルのHSUPAサービス対応機種の発売を間近に控え、やや大きく順位が変動した。(2008/11/21)

PHS&データ通信端末販売ランキング(11月3日〜11月9日):
ウィルコム、冬商戦向け新機種を発売──初登場でランクイン
今回はウィルコムの新機種が音声端末、データ通信端末ともに登場。対してイー・モバイルは国内初のHSUPAサービスの開始と対応端末の発売を控え、少し停滞傾向が見られる。さて、ウィルコムの新機種は初登場で何位に入っただろうか。(2008/11/14)

PHS&データ通信端末販売ランキング(10月27日〜11月2日):
ドコモやauのデータ通信端末が浮上──イー・モバイルはHSUPAサービスで迎え撃ち
ウィルコムの新機種に続き、イー・モバイルも2008年冬商戦向け端末と新サービスを発表した。イー・モバイルは国内初のHSUPA(上り最大1.4Mbps)サービスを始め、対応端末も同時に発売するが、最近、auやドコモのデータ通信端末もそこそこの人気を得ている。(2008/11/9)

PHS&データ通信端末販売ランキング(10月13日〜10月19日):
データ通信端末人気、いまだイー・モバイルが独占
イー・モバイル端末がデータ通信端末ランキングの上位を占める状況が続き、販売動向も大きな変動がない。ウィルコム端末も登場する顔ぶれに変化はなく、一部に順位の入れ替えがあったほどに留まった。(2008/10/24)

PHS&データ通信端末販売ランキング(10月6日〜10月12日):
「安価」のキーワードで浮上する機種もあるが、停滞傾向は変わらず
ウィルコム端末は今までと変わらず「HONEY BEE」と「WX330K」、データ通信端末はイー・モバイル端末が上位を占める状況は変わらない。ただ値下げ効果かTOP10圏内に復活する機種も存在し、ランキングの下位にいくつかの変動は見られる。(2008/10/17)

MCPCモバイルソリューションフェア 2008:
ケータイで家族を見守る「次世代IT住戸向け遠隔制御・セキュリティサービス」
ドコモはMCPCモバイルソリューションフェア 2008に「次世代IT住戸向け遠隔制御・セキュリティサービス」を出展した。おサイフケータイを使って家の鍵を開閉し、エアコンや照明などを外出先から操作できる。(2008/9/8)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。