ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「メールマーケティングの最前線」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「メールマーケティングの最前線」に関する情報が集まったページです。

【連載】メールマーケティングの最前線:
第6回 「メールマーケティング」という取り組みの意味を考える
メールマーケティングを単に「メールによる販促」という観点で捉えるのではなく、そこからの拡がりをイメージして取り組むことが大変重要です。広義に捉えれば、メールマーケティングは、CRMや顧客中心の考え方に基づいたアプローチです。仮に手段が変わったとしても、そこで得た考え方やノウハウはある程度継続して有効に働くでしょう。(2013/4/24)

【連載】メールマーケティングの最前線:
第5回 キャンペーンマネジメントシステムの3つの用途
果たして自分たちはキャンペーンマネジメントシステムの導入を検討すべきなのかどうか? 当然のことながら、どんな場合にもキャンペーンマネジメントシステムが適しているというわけではありません。そこで、その疑問を少し解消いただけるように、今回はキャンペーンマネジメントシステムの用途についていくつか取り上げてみたいと思います。(2013/3/27)

【連載】メールマーケティングの最前線:
第4回 キャンペーンマネジメント――メールマーケティングのレベルを上げる
顧客の新規獲得がかつてほど容易ではなくなった現在、既存顧客からの売り上げ増を図るため、メールマーケティングにおけるキャンペーンマネジメントが改めて見直されている。それは、メールマーケティングの“レベルを上げる”考え方である。(2013/1/25)

【連載】メールマーケティングの最前線:
第3回 メールマーケティングと「ターゲティング」、実装のコツは短いサイクルで実践→検証→修正
メールマーケティングの進化を考える時、重要でありながら多くの企業がなかなか実践しきれていないテーマに「ターゲティング」があります。今回は、メールマーケティングに「ターゲティング」を実装する際の課題と解決策を考えます。(2012/12/20)

【連載】メールマーケティングの最前線:
第2回 メールマーケティングの課題――メールをきちんと届けるのは難しい
メールマーケティングを行う前提としてまずは解決しておかなければならない問題がある。「到達性の問題」と「デバイス多様化の問題」である。(2012/11/12)

【連載】メールマーケティングの最前線:
第1回 最新国内メールマーケティング事情
メルマガからメールマーケティングへ――。企業におけるメール活用のトレンドは、単なる情報提供からダイレクトマーケティングへの展開へと進化しつつある。メールマーケティングを巡る最新動向をエイケア・システムズの北村伊弘氏がシャープにまとめる。(2012/10/19)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。