ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「アクセスログ」最新記事一覧

利用者の行動に応じた販促施策を展開:
NTTドコモとNHN テコラス、人工知能を用いたWeb接客で協業
NTTドコモはNHN テコラスとEC分野で協業を開始したと発表した。NHN テコラスのネットショップ構築サービス「CARTSTAR」とNTTドコモの「ecコンシェル」を連携させ、人工知能を用いたWeb接客機能を提供する。(2016/9/13)

ファイルサーバの秩序を取り戻せ:
PR:大事な情報を管理できていますか? ITmediaのファイルサーバで確認してみると……
内部不正対策は、さまざまな業務データが置かれるファイルサーバの状況を可視化し、ポリシーやルールに基づく利用や管理がなされているのかを把握することが肝心。しかし、その作業はあまりに煩雑である。そこで今回は、NECのファイルサーバ統合管理ソフト「NIAS」を使ってITmediaのファイルサーバを可視化してみた。その効果はいかに――。(2016/9/1)

「ビッグデータプロジェクト」の進め方(1):
もし、あなたが「“ビッグデータプロジェクト”を任せる。何とかするように」と言われたら
「ビッグデータプロジェクトを始めることになった」ら、具体的に何をするのか。本連載は、「ビッグデータプロジェクトの“進め方”」を業務視点/ビジネス視点の両面から体系的に理解し、具体的に実践していく方のためのナレッジアーカイブです。第1回目は、「ビッグデータとは何か」の基礎と、「ビッグデータ基盤の概要とメリット」を解説します。(2016/8/25)

月額利用料10万円から:
ビッグデータ分析のALBERT、データを自動学習して最適な施策を実行するMAツールを提供
ALBERTは、データを自動学習して最適な施策を実行するマーケティングオートメーションツール「rAprog(ラプログ)」を2016年9月にリリースする。(2016/8/22)

セキュリティ、いまさら聞いてもいいですか?(10):
なぜ、ログを保存することが大切なの?
情報セキュリティの“キソのキソ”を整理する本連載。今回のテーマは「ログ」です。ログの活用方法や、ログを保存する際の注意事項などについて学びましょう。(2016/8/12)

PR:LINEに投稿するとラップで返す「ラップbot」誕生 人間 VS botのフリースタイルバトル始まる!?
盛り上がりをみせるbot市場だが、一般参加者向けのハッカソンはまだそれほど多くない。そんな中、データ分析などを専門にするユーザーローカルが開催したイベントで多くのbotが生まれた。(2016/8/8)

OSS対応を強化:
データベース監査ツール「PISO」が刷新、PostgreSQL対応版をリリース
インサイトテクノロジーは、データベース監査ツール「PISO」を刷新。Oracle Database、SQL Server、Symfowareなどに加え、新たにPostgreSQLにも対応した。(2016/8/2)

海外へのプロモーションを視野に:
SNSからの集客に特化したスマホサイト制作ソフト「creca」が「WeChat」や「Weibo」に対応
スターティアラボは、スマートフォン用Webサイトの制作支援ソフトウェア「creca」の機能拡充を発表した。(2016/7/28)

統合型プラットフォームの特性をさらに強化:
トライベック・ストラテジー、「HIRAMEKI management」にステップメール機能を追加
トライベック・ストラテジーは、マーケティングプラットフォーム「HIRAMEKI management」をバージョンアップ。「ステップメール」などの新機能を追加した。(2016/7/21)

基礎から分かるActive Directory再入門(11:特別編):
Active DirectoryとAzure Active Directoryは何が違うのか?
Office 365のユーザー管理機能からスタートした「Azure Active Directory」。現在は、クラウドの認証基盤として、さまざまな機能を提供している。では、オンプレミスのActive DirectoryとAzure Active Directoryは何が違うのだろうか。(2016/7/22)

Enterprise IT Kaleidoscope:
Windows 10は次の大型アップデートでどう変わるのか
Windows 10への無償アップグレードの終了が近づいているが、Windows 10自体は8月2日に新たな大型アップデート「Anniversary Update」を控えている。目玉とされるセキュリティまわりを中心にAnniversary Updateでの変化を予習しておこう。(2016/6/30)

「クローズドだから安全」は通用しない
聖マリアンナ会東横恵愛病院の事例に見る「最初に選ぶ情報セキュリティ製品」の考え方
日本政府が2015年に発表した「医療等ID」構想。医療機関には患者の重要情報が今後ますます集まる。この状況に危機感を覚え、情報セキュリティ対策が急務と考えた東横恵愛病院が暗号化製品を選んだ理由とは。(2016/6/27)

より精緻な情報配信やコンテンツレコメンドを実現:
電通など4社、スマホ利用者のオン/オフラインの行動履歴をMarketoに反映させるCRMを提供
電通など4社は、CRMソリューション「Growth Edge」を共同で開発、2016年6月16日より提供開始した。(2016/6/17)

システムインテグレーションとセキュリティ(4):
社内アプリが陥りがちな7つの”あるある“とその対策
“SI視点”でセキュリティのポイントを解説する本連載。第4回は、「アプリケーション開発後のメンテナンス」の際に考慮すべきセキュリティ上のポイントを紹介します。(2016/6/2)

PoCサービスはどこまで使えるか
ビッグデータ環境構築の成功と失敗の分かれ道、カギを握るのは?
一般的になりつつあるビッグデータによる分析だが、環境構築の内容によっては、その成功と失敗が明確に分かれることが分かってきた。失敗を避け、成功させるカギとは?(2016/6/1)

「機械学習」「ビッグデータ」が変えるセキュリティ対策【第3回】
「役に立たないSIEM」という“壮大な勘違い”はなぜ起こるのか
歴史の浅さや宣伝の曖昧さから、実力を正しく評価されない傾向がある「SIEM」。過大評価や過小評価に陥らないために、SIEMの現状をあらためて把握しよう。(2016/5/25)

システムインテグレーションとセキュリティ(3):
「イントラWebアプリケーションのセキュリティ」、大丈夫ですか?
“SI視点”でセキュリティのポイントを解説する本連載。第3回は、「アプリケーション開発」の観点から、特に見逃されがちな「イントラ環境のWebアプリケーションのセキュリティ」について注意すべきポイントを紹介します。(2016/4/21)

クラウド接続時のセキュリティ対策機能を強化――モバイルアイアンCEOが会見
アプリ単位でのVPN接続や利用アプリのきめ細かい制御などが可能になるという。(2016/4/12)

セキュリティ、いまさら聞いてもいいですか?(7):
なぜ、「私が興味を持ちそうな広告」が表示されるの?
セキュリティ関連のキーワードについて、とことん基礎から解説する本連載。第7回では、Webサイトなどがユーザーの行動を追跡(トラッキング)する仕組みについて解説します。(2016/4/4)

「売上高1兆円」を支え、円滑に動かすIT基盤:
PR:インダストリー4.0時代を見据えた日本精工のIT戦略とは
システムごとにサイロ化/個別最適化が進んだITインフラを全社統合し、ガバナンス強化、コスト削減、安定運用を図る──日本精工が中期経営計画の下で進めるITインフラ全体最適化において、データベースの統合基盤に選ばれたのは「Oracle Exadata」であった。[プライベートクラウド/データベース統合][Engineered System](2016/3/24)

マスメディアとWeb広告の相乗効果を最大化する:
電通が「STADIA(β版)」を開発、ユーザーのマスメディアへの接触行動を特定して最適な広告配信
電通は2016年3月4日、マスメディアとウェブ広告の相乗効果を最大化する統合マーケティングプラットフォーム「STADIA(β版)」(スタジア・ベータ版)を開発したと発表した。(2016/3/4)

単なるWebポータルからビジネスに貢献するサイトへ:
PR:富士通のパートナーサイト再構築、「デジタルマーケティング」の手法で目指すもの
2001年から続くパートナー向けサイトの再構築を行った富士通。ユーザーインタフェース改善はもちろん、エンゲージメント強化や売り上げ向上も狙った「攻め」のリニューアルはどう行われたのか。(2016/2/29)

次のサポート終了はSQL Server 2005、使い続けるならどこに注意する?
4月12日にSQL Server 2005の延長サポートが終了するが、もし継続利用するならどんな脅威と対応を考えるべきかについて、トレンドマイクロが解説している。(2016/2/17)

専門知識不要でスマートフォン専用サイトを制作:
店舗アプリ制作支援ツール「AppGoose」にスマートフォンサイト簡単作成機能
スターティアラボは2016年2月3日、カード型のスマートフォンサイトを専門知識なく作成できる制作支援ツール「creca」の提供を開始した。(2016/2/4)

ヤフーのFX子会社から顧客情報18万件がネット上に 元従業員が持ち出し
ヤフーのFX子会社・ワイジェイFXの元従業員が持ち出した顧客情報などがネット上で閲覧可能な状態になっていたことが分かった。(2016/2/2)

マルウェアの遠隔操作にDNS悪用の新たな手口、ラックが注意喚起
通常はHTTP(S)通信が悪用されるが、大手企業を中心にDNSプロトコルを使う手口が新たに確認された。企業の管理が手薄になっている場合も多く、確認が急がれる。(2016/2/1)

先進企業のマイナンバー対応:
PR:提携拡大で売上倍増! 成長企業を陰で支えるセキュリティ対策の取り組みとは?
酒類や食品の卸売を手掛ける饒田(にぎた)は、現場が中心となって重要な情報を漏えいのリスクから守る取り組みを進めてきた。マイナンバー対応に伴うセキュリティのさらなる強化のために、富士通マーケティングの「AZBOX マイナンバー業務システム連携PC」を活用している。(2016/1/20)

Microsoft Azure最新機能フォローアップ(11):
多様化、複雑化したITインフラ管理の特効薬となるか――Microsoft Operations Management Suite
マイクロソフトはクラウド時代に対応する管理ソリューション「Microsoft Operations Management Suite(OMS)」の提供を開始しました。Microsoft OMSは、ハイブリッドクラウド環境の管理に必要とされる新たな管理シナリオを提供します。(2016/1/12)

先進企業のマイナンバー対応:
PR:攻めのITを目指すソレキアが導入を決めた「リスクも負担も低減」できるソリューションとは?
お客様の期待と信頼に応えるICTサービスインテグレータのソレキアは、クラウドを活用し、重要な個人情報である従業員のマイナンバーを社内に「持たない」選択をした。さらにマイナンバーを取り扱う業務においてクラウドへの入口となる”PC”のセキュリティ強化を図るために選択したのが、富士通マーケティングの「AZBOX マイナンバー業務システム連携PC」だ。(2016/1/14)

PR:マイナンバーのセキュリティ、システム改修で足りない対策を今すぐ講じるには?
従業員から収集したマイナンバーの安全管理措置は、人事・給与システムの標準機能だけでは足りないことをご存じだろうか。NECの「マイナンバー安心セット」でマイナンバーのセキュリティで最優先すべき部分での対策方法を紹介する。(2016/1/8)

先進企業のマイナンバー対応:
PR:名門ゴルフコース「レイクウッド」が導入を決めたセキュリティ対策の切り札とは?
ゴルフの名門コースで知られるレイクウッドコーポレーションは、利用者の個人情報を守ることに注力している。マイナンバー制度への対応をきっかけに、より高いセキュリティの実現を目指して同社が選択したのは、手のひら静脈認証を搭載する富士通マーケティングの「AZBOX マイナンバー業務システム連携PC」だ。(2015/12/25)

Database Watch(2015年12月版):
「ドクターSQL」に聞く、次期標準「SQL2016」で注目すべき三つの新機能
RDBでデータを操作する言語が「SQL」です。その仕様は国際標準となっており、RDBの普及を強く支えています。今でも進化を続け、次期版の標準となる予定の「SQL2016」はどうなるのか。“ドクターSQL”こと日本データベース学会副会長の土田正士氏に話を聞きました。(2015/12/18)

クラウド社会とデータ永久保存時代の歩き方:
第7回 オブジェクトストレージを解読する “無限”にためる使い方
前回はオブジェクトストレージの特徴を解説しましたが、今回はそのような特徴からどのような使い方ができるのかをひも解いてみます。(2015/12/16)

PR:マイナンバー収集後に落とし穴? 保管や利用時もカバーするセキュリティ対策とは
マイナンバー制度開始に伴い、企業では着々と対応作業が進む。しかし、多くの企業でマイナンバーを収集した後のセキュリティ対策にまだ “漏れ”があるようだ。急がれる部分での対策を支援するのが、NECの「マイナンバー安心セット」で新たに提供を開始した「機密ファイル保管サーバセット」だ。(2015/12/16)

知って納得、「セキュリティ法制度対応」の具体策【第2回】
マイナンバー対応でよく耳にする「安全管理措置」、具体的に何をするのか?
連載第2回となる本稿では、マイナンバーに関するセキュリティ法制度対応として、情報システムに求められるマイナンバーの安全管理措置について解説する。(2015/12/11)

ビッグデータ利活用と問題解決のいま:
国境を越えて分散するビッグデータのストレージ管理
環大西洋では「セーフハーバー協定」、環太平洋では「TPP」など、多国間協定がデータのロケーションを左右する事態が起きている。クラウド環境が広く利用されるビッグデータのストレージ管理にどのような影響が及ぶのだろうか。(2015/12/1)

実践 Splunk道場:
第2回 マシンデータの検索からヒントを可視化する方法
前回はマシンデータを活用することのメリットを紹介しました。今回はSplunkを通じて多種多様なマシンデータから知見を得ていくための操作を解説します。(2015/11/25)

伊藤塾長の「実践マイナンバー 早わかり3分講座」:
第12回 情報漏えい時、事業者が対応すべき3つのこと
「具体的に何をすればいいのか」と模索する企業の担当者へ向け、やることをスッと理解できるマイナンバー実務Tips。今回のテーマは「個人情報などを漏えいしてしまった場合の対策」です。(2015/11/24)

NEC、マイナンバー保管先のファイルサーバを守るセットを発売
ファイルサーバ内のデータの暗号化やサーバへのアクセス管理など対策を講じられる。(2015/11/18)

伊藤塾長の「実践マイナンバー 早わかり3分講座」:
第11回 まだあるマイナンバーの利用・保管時のセキュリティリスク
「具体的に何をすればいいのか」と模索する企業の担当者へ向け、やることをスッと理解できるマイナンバー実務Tips。今回のテーマは「マイナンバーの利用・保管時のセキュリティリスク」です。(2015/11/17)

F-Secure、元社員の情報流出疑惑で調査報告を公開
元社員(事案発覚後に退職)によるSNSでの情報流出について、同社内の情報やシステムなどの悪用はないと説明し、ネット上などで指摘された疑問に回答した。(2015/11/13)

エフセキュア、元社員の“ソーシャルメディア不適切利用疑惑”について最終調査結果を公表 「弊社システムの悪用は一切ない」
今後、警察などのしかるべき機関の協力要請があれば全面的に協力をするという。(2015/11/13)

NEWS
急務のマイナンバー制度対応、NECは中堅・中小企業向けに「安心セット」を提供
NECは、2015年11月12、13日の2日間、東京国際フォーラム(有楽町)にて、同社の最新技術・製品を紹介する「C&Cユーザーフォーラム & iEXPO2015」を開催。展示内容から、マイナンバー対応に関する製品の一部を紹介する。(2015/11/12)

Computer Weekly製品導入ガイド
ログ管理を通じたユーザー受け入れテストの改善
アプリケーションログは、アプリケーションの挙動に関する情報を提供する。この情報は、より良いソフトウェアの構築や、ユーザー受け入れテストの改善に利用できる。(2015/11/2)

データ管理の本質に迫る:
PR:「ビッグデータの正解」、日本発のストレージ製品が欧米で急速に普及し始めている理由
これまでのファイルサーバーではもう限界、増え続けるデータを何とかしたい――。そんな切実な悩みに応える、「目からうろこ」のストレージソフトウエアが、いま欧米で急速に普及しつつある。ハイブリッドクラウドを考える人々にもぴったりな、この製品の実力を探る。(2015/10/21)

IT侍が行く:
PR:すぐできるマイナンバー対策 「セキュアMyNUMBER」を“今川義元”タイプのボクが試してみた
マイナンバー制度の開始がもう数カ月先に迫るが、「対応未着手」な中堅中小企業が想像以上に多い。「まず」何からやればいいか分からない……。そんな企業はどう対策すればいいか。従業員規模約300人の企業に向く方法はこれだ。(2015/9/15)

データベース高速化のいま(2):
業務支援データベースの高速化のカギは発想の転換 アットホームの実践例
データベースパフォーマンス改善の取り組みでは、システム全体の中でどこに着目するかで、その後のコストや運用工数は大きく変わる。企業におけるデータベースパフォーマンス改善の取り組みから、「発想の転換」の実例を見てみよう。(2015/9/18)

未来永劫なくならない
いつも人が足を引っ張る――最大のセキュリティリスク“人の行動”をどうする?
情報セキュリティに対する脅威の中でも未来永劫なくならないと予想される脅威が「ヒューマンエラー」だ。本稿では、自分たち人間に対処するための3つのベストプラクティスをセキュリティの専門家が解説する。(2015/9/14)

マイナンバーを隠して安全管理、日立ソリューションズが製品化
日立製作所の秘匿検索技術を使って企業で収集されたマイナンバーをサイバー攻撃などから保護する。(2015/9/8)

基幹業務システムのコスト削減と運用効率化を支援:
PR:オープンな構成でハイエンド基幹業務システムを支えるデータベースシステムが備えるべきものとは?
従来、高価な構成でしか実現し得なかったミッションクリティカル系基幹業務システムも、OSS技術の発展やシステムパフォーマンスを最適化する仕掛けにより、より少ないコストで求められる要件を満たせるようになってきた。そのカギは運用の容易化/自動化機能を標準装備し、変化への対応能力を備えた最適統合されたデータベース基盤にある。本稿で取材した富士通は、一般に運用に高い技術力が必要とされるOSSを使いながら、各種自動化や高性能なハードウエアによる統合データベース基盤を提供している。編集部では、社会インフラや企業のハイエンド基幹業務システムに採用され始めた同製品を取材した。(2015/9/4)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。