ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  A

  • 関連の記事

「AC/DC」最新記事一覧

関連キーワード

バイオリン、7000円の廉価品と3100万円のビンテージでどっちの音色がきれい? プロ奏者が「格付けチェック」めいた実験を披露
あらためてGACKTはすごいと思いました(小学生並みの感想)。(2017/9/3)

ローム M92AxxMWV-EVK-001:
USB PDの導入を容易にするType-C対応評価ボード
ロームがUSB PD製品の開発に用いる評価ボード「M92AxxMWV-EVK-001」シリーズの販売を開始した。自社製USB PDコントローラーICを搭載し、家電製品など100WクラスへのUSB PD導入を容易とする。(2017/7/21)

高速シリアル伝送技術講座(1):
PCIe、USB、Ethernet、HDMI、LVDSなど高速伝送技術の基本を理解するために
本連載では、さまざまな高速通信規格に使用されている物理層の仕組みや性能、SerDesの機能や特徴とその種類、高速伝送での主要なパラメーター、伝送路を含んだ技術や設計手法などを分かりやすく解説していく。(2017/5/22)

古田雄介のアキバPickUp!:
国内限定4台の高級ケースが2種類デビュー!
旧正月真っ只中でも新製品が止まない秋葉原。先週はIN WINのモンスターケース「X-Frame 2.0」と「H-Frame 2.0 GREEN」が売り出されていた。(2017/2/6)

連載「最新のOpen Compute Projectで何が変わった」第4回
Open Compute Projectが目指した「データセンター電力効率99%超」、その成否は?
そもそもFacebookがサーバをはじめとするデファクトスタンダード規格を提唱したのは、データセンターの電力効率を改善するためだった。その試みは成功したのだろうか。(2016/12/15)

大原雄介のエレ・組み込みプレイバック:
止まぬ電機業界再編、「CC-Link IE Field Network Basic」対応製品が登場
これを読めばここ1カ月のエレクトロニクス/組み込み業界の動きが分かる新連載。注目すべき市場動向と注目すべき製品を取り上げます。(2016/11/14)

満を持してダイアログが投入:
“オールGaN”のパワーICでアダプターが1/2に小型化
Dialog Semiconductor(ダイアログ・セミコンダクター)が、GaNパワーICを発表した。これによって同社は、GaNパワー半導体市場に本格的に参入する。同社は2016年8月24日、東京都内で記者説明会を開催し、GaNパワーIC「SmartGaN DA8801」の詳細を説明した。(2016/8/26)

PR:MicrochipのLEDドライバ、低コストからIoT化まで幅広く対応
(2016/6/1)

最高にロック! 幼児がアカペラでAC/DCをノリノリ熱唱!
アカペラで熱唱するのは2歳と4歳のコンビ。(2016/5/14)

山本敦の「体当たりッ!スマート家電事始め」:
ソニーの「マルチファンクションライト」は「つながる家電のプラットフォーム」だ!
AVライター山本敦氏による新連載。初回は、今年ソニーが発表した「マルチファンクションライト」を取り上げる。シーリングライトにスピーカーやマイクなどさまざまな機能を持たせ、スマートフォンと連携する新しいデバイスだ。(2016/3/18)

スウェーデンCOMSOL AB Fontes氏&Andersson氏:
PR:10年後も使えるCAEを――新たなCOMSOLはロバスト性を追求
スウェーデンCOMSOL ABのマルチフィジックスCAEツール「COMSOL Multiphysics」が、最新のバージョンアップであえて力を入れたのが、基本に立ち返った機能強化だ。COMSOLグループCTOのEd Fontes氏と、COMSOL ABのシニアサポートスペシャリストのLinus Andersson氏に、最新バージョンの狙いなどについて聞いた。(2016/1/12)

ロックファン注目:
「ポタフェス」開幕――“イヤモニの神様”が世界に先駆けてユニバーサルタイプ4製品をお披露目
「ベルサール秋葉原」で「第七回ポータブルオーディオフェスティバル2015」(ポタフェス)が開幕した。オープニングを飾ったのは、米JH AudioのJerry Harvey氏だ。(2015/12/19)

車載、通信、産業機器に焦点:
業界トップ10入りするON Semiが事業戦略を説明
ON Semiconductor(オン・セミコンダクター)は2015年12月8日、グローバルな事業戦略に関する記者説明会を都内で開催し、車載、通信、産業機器の3分野への注力を強め事業成長を図る方針を打ち出した。(2015/12/10)

省エネ機器:
「直流エアコン」がついに発売へ、12月にシャープが業界初
シャープは業界で初めて、交流電流と直流電流のどちらの電流も受けられるハイブリッド型エアコンを2015年12月中旬に発売する。月産300台を計画する。(2015/11/30)

FAニュース:
IP67防水・防じん規格に準拠したFA・産業用コネクタを発表
日本モレックスは、IP67防水・防じん規格に準拠した、FA・産業用途向け「Brad M12電源用F型コネクタ」を発表した。定格電圧は300V AC/DCで、最大2つのDC電源回路(2xV−/2xV+)に対応している。(2015/11/10)

【講座】回路設計の新潮流を基礎から学ぶ:
PR:絶縁型DC/DCコンバータを簡単に実現する「Fly-Buck」対応品の品ぞろえが広がる
(2015/8/31)

不倫SNSの情報流出で2人が自殺した可能性 運営元は50万ドルの懸賞金提供
「流出したお前の個人情報を手に入れた。友人や家族にばらまかれたくなければ金を払え」といった脅迫メールも確認されています。(2015/8/25)

PVJapan2015:
シャープの「直流エアコン」2015年内発売へ、カギは蓄電池と室外機のDC接続
シャープは2015年7月29〜31日の3日間、東京ビッグサイトで開催されている太陽光発電関連の展示会「PVJapan2015」に出展し、直流給電を利用した「直流エアコン」を披露した。(2015/7/30)

NXP USB Type-Cソリューション:
認証機能を搭載したUSB Type-Cソリューション
NXPセミコンダクターズジャパンは、認証機能とパワーデリバリー機能を搭載した、包括的なUSB Type-Cソリューションを発表した。認証機能は、デバイスの検証と同時に、個別機能の決定にも利用できる。(2015/7/28)

省エネ機器:
シャープが「直流家電」実用化へ、AC/DC切り替え機能を持つエアコンなどを開発
シャープは、「直流家電」の実用化に向けて取り組みを本格化させる。AC/DC切り替え機能を持つエアコンやこれらを制御するHEMS、蓄電池システムなどを開発。実用化に向けた取り組みを進めていく。(2015/7/27)

PR:パワーマネジメントICに注力するインターシル、インフラ/産業機器に向けた60V入力対応の電源ICを製品化
48Vの入力電圧から直接1Vの出力電圧を生成する――このようなDC/DCコンバータに利用可能な制御IC「ISL8117」が登場した。12Vなどの中間バスが不要になるため、部品コストを低減でき、効率を高めることが可能だ。(2015/7/24)

5分でわかる最新キーワード解説:
電源コンセントが劇的に変わる!「USB PD(Power Delivery)」
USBで最大100Wの給電を可能にする「USB PD」。本格普及が迫るUSB 3.1にも含まれており、コンパクトなType-Cコネクタの可能性とともに、新しい給電方式として注目される。(2015/6/18)

TECHNO-FRONTIER 2015 開催直前情報:
“もはや次世代ではないSiC”など先端アナログパワー技術を訴求――ローム
ロームは、「TECHNO-FRONTIER 2015」(2015年5月20〜22日、千葉・幕張メッセ)で、注力分野の1つである産業機器分野に向けた電源ICやパワーデバイスといったアナログパワー技術の展示を実施する。(2015/4/20)

テスト/計測:
高精度パワーアナライザ市場にキーサイトが本格進出、オシロ機能を統合
キーサイト・テクノロジーは、精度の高いパワー測定機能とオシロスコープの波形解析機能を、1つのコンパクトな筐体に収めたマルチタッチ方式パワーアナライザ「Keysight IntegraVision」を発表した。(2015/1/30)

高い柔軟性で電圧/電流検出や電流ループなどに対応:
PR:高リニアリティ・フォトカプラHCNR201/200を用いたアナログ・アイソレーション
HCNR201/200アナログ・フォトカプラは、1つのLEDと厳密に整合した2つのフォトダイオードで構成され、高い線形性と安定したゲイン特性を実現する。ユニポーラ/バイポーラ、AC/DC、反転/非反転構成などのさまざまなモードで動作できる柔軟性も備え、電圧/電流検出や電流ループなどのさまざまな産業アプリケーションに適している。(2014/12/1)

SPICEの仕組みとその活用設計(18):
SPICE応用設計(その7):W.C解析と設計品質
今回は、Spiceを少し離れて他のCAEツールのワーストケース解析について簡単に説明するとともに、今までの連載で触れてこなかった解析機能の中から有益と思われる一部の機能について説明をしていきます。(2014/12/1)

Power Integrations InnoSwitch:
フォトカプラ不要のAC/DCコンバータIC、中国CQCなどに準拠
Power IntegrationsのAC/DCコンバータIC「InnoSwitch」は、2次側から1次側にフィードバックに、新しく開発した「FluxLink」を採用している。磁束を利用してフィードバック情報を送るもので、フォトカプラが不要になる。(2014/11/26)

小型化/軽量化に成功:
3DプリンタでSiC搭載30kWインバータを印刷、米の国立研究所
米オークリッジ国立研究所(ORNL)が、3Dプリンタで電気自動車向けの30kW DC/ACインバータを試作した。搭載している一部の部品を3Dプリンタで製造しているが、詳細は明かしていない。DC/DCコンバータの試作にも取り組む予定だという。(2014/10/31)

電源設計:
スマートメーターの低消費電力設計
世界規模で電力消費を削減し、電力使用量と請求情報を簡単に収集できると同時に、利用者が再生可能な電力買い取り制度の恩恵を享受するために、スマートメーターを本格展開することは重要な一歩です。ただし、スマートメーターの設計には標準が存在せず、設計が異なると電力供給方式も異なります。本稿は、スマートメーターの電源設計者が直面するいくつかの課題について考察し、ソリューションを紹介します。(2014/9/12)

TECHNO-FRONTIER 2014:
−40〜85℃の使用温度範囲を実現、クランプ式電流センサー
日置電機は、「TECHNO-FRONTIER 2014」(テクノフロンティア/2014年7月23〜25日、東京ビッグサイト)において、使用温度範囲が−40〜85℃と広く、基本振幅確度が±0.3%と高い、クランプ式AC/DC電流センサー「CT6841/CT6843」をデモ展示した。(2014/7/25)

Wired, Weird:
絶縁距離は十分ですか? 高圧回路に潜むワナ
今回は、キセノンランプ点灯電源の修理で経験した高圧回路で陥りやすい失敗例を紹介する。高圧回路は、ちょっと油断するだけで、すぐに放電、感電してしまう危険が潜む。細心の注意を払う必要がある。(2014/5/14)

2台持ちな人に:
クルマでの長旅をサポート――「AC/DCコンボUSB充電アダプター」
上海問屋が、スマホとタブレットを同時充電できるUSBアダプタを発売した。価格は1999円。(2014/4/11)

業界最高性能のリアルタイム制御マイコンが登場:
PR:演算性能の向上とともに高機能アナログを集積
(2014/1/15)

電力の基礎知識/改訂版(2):
世界中で使い分けている「直流」と「交流」
スマートフォンやノートパソコンを買うと、付属品の中に「ACアダプタ」が入っている。電線を通ってオフィスや家庭に送られてくる電力は「交流(AC)」で、スマホやパソコンの中で使う電力は「直流(DC)」だから、アダプタが必要になる。2種類の電力は世界のどこでも使い分けている。(2013/12/25)

FAニュース:
オーム電機、電源・モータの分岐配線向けねじ止め用多連式絶縁キャップの新製品
テープ巻き不要ではめ込むだけの簡単配線。1つで端子台と端子ボックスの役目を果たす。端子金具の組み替えで4〜8Pまで対応する。(2013/10/4)

ビジネスニュース 事業買収:
半導体業界における2013年の買収事例
2013年以降、半導体業界ではいくつかの大きな買収が完了した。最もインパクトの強い事例の1つはMicron Technologyによるエルピーダメモリの買収だろう。今回は、エルピーダを含め、2013年7月までに買収が完了あるいは発表された事例を紹介する。(2013/8/22)

「ThinkPad Helix」開発チームインタビュー:
メカニズムは? サポートは? ホントにThinkPadなの?──「ThinkPad Helix」の気になるところを聞いてきた(後編)
新世代のThinkPadと銘打つ「ThinkPad Helix」だが、現ThinkPadユーザーとしていくつか気になる疑問もある。後編はそんな細かい疑問をいくつか確認する。(2013/7/5)

台北国際エレクトロニクス見本市:
台湾エレクトロニクス産業の“いま”を知る――TAITRONICS 2012リポート
台湾・台北市の台北世界貿易中心南港展覧館で「TAITRONICS 2012(台北国際エレクトロニクス見本市)」がこのほど開催された。TAITRONICSは電子部品や電源、計測器などの見本市だ。台湾のエレクトロニクス業界の“いま”をリポートする。(2012/11/28)

伊吹太歩の世界の歩き方:
「プーチンを追い出して!」――マリア様にお願いした女性バンドに世界を学べ
プーチン大統領を揶揄したロシアの女性パンクバンド「プッシー・ライオット」が禁錮2年の実刑判決を受けた。これ以外にも、ミュージシャンにまつわる政治的・国際情勢的なニュースというのは枚挙に暇がない。(2012/8/23)

サマーセミナー/電力の基礎知識(2):
電力の世界を二分する「直流」と「交流」
ノートパソコンを買うと必ず付いてくるのが「ACアダプタ」という付属装置。これがなければ携帯性が高まるのに、そうはいかない。コンセントから来る電力は交流(AC)で、パソコンの中で使う電力は直流(DC)のために、アダプタで変換する必要がある。なぜそんな面倒な仕組みになっているのか。(2012/8/14)

TECHNO-FRONTIER 2012 電源設計:
高耐圧もGaNで、IRジャパンが600VのGaN電源モジュールを展示
IRジャパンは、GaNパワー半導体を高耐圧の領域にも広げる。これまで30V品を製品化してきたが、今後、汎用電源に利用する600V品の開発を進める。(2012/7/12)

超入門! イチから覚える電源回路(2):
コンセントからの電気が電子機器に伝わるまで
【超入門記事です】電子機器を利用するには、当然ながらコンセントからの電気が機器に伝わらなくてはいけません。今回は、その道筋について詳しく解説します。(2012/6/15)

ルネサス SiC複合パワーデバイス:
SiC-SBDとSiパワー半導体を1パッケージ化、ルネサスがモジュール製品を投入
ルネサスの「SiC複合パワーデバイス」シリーズは、SiC-SBDとSiパワー半導体を1パッケージ化したモジュール製品である。臨界モードPFC用、連続モードPFC用、インバータのハーフブリッジ回路用の3品種を用意した。(2012/1/25)

小寺信良のEnergy Future(4):
極小から業務用まで幅を広げるソニーのバッテリー戦略
小寺信良氏の次世代エネルギー連載。今回は、ソニーエナジー・デバイスの新工場を訪れ、リチウムイオン電池の動向と同社の戦略を聞いた。(2011/9/1)

もし、在宅業務することになったらどうするか:
PCフリーライターが普段実践する、モバイルオフィス環境──「電源の確保」編
モバイルオフィス環境を実践する5カ条として、電源、ネットワーク、データ、コミュニケーション、セキュリティを挙げた。今回はその1つめである「電源の確保」をテーマにモバイルオフィス環境に必要な手段とコツを紹介する。(2011/6/17)

スマートグリッド:
太陽電池やEVを自在に接続できる変圧器、MITが2011年の10大技術を発表
小規模な再生可能エネルギー源が大量に普及した将来、系統電力との関係が問題になる。家庭から系統へ向かう逆潮流だ。MITが紹介する高性能変圧器は交流の変圧だけでなく、直流も扱える。逆潮流を起こさず、複数の家庭にまたがって太陽光発電などの直流電源から、電気自動車(EV)へと電力を送ることが可能になるという。MITはEVの変革に重要な役割を果たす技術も紹介している。全固体二次電池だ。体積エネルギー密度を改善できるため、EVの価格や走行距離を劇的に改善できるという。(2011/5/31)

イマドキのイタモノ:
自作PCだから楽しめる“節電チューニング”入門
「みんなで節電!」という大義名分とは一切関係なく、自作PCユーザーは、節電チューニングの“ジワジワ感”でいつもと変わりなく楽しむのであった。(2011/4/14)

NEWS
NEC、仮想化向けに最大2プロセッサ搭載可能なHDDレスブレードを発売
NECは、インテルXeonプロセッサ5600番台を最大2プロセッサ12コア搭載可能なHDDレスブレード「Express5800/B120b-h」を発売。併せてAC/DC変換効率92%以上の電源ユニットを商品化する。(2010/7/15)

“Smarter”な世界を目指し:
企業システムはエンタープライズクラウドの構築へ向かう――日本IBM諸富氏
IA製品市場における仮想化技術の一般化、クラウド型サービスの浸透などにより、大規模なITリソースをプールし得る高集積型ハードウェアへの需要は高まる。企業システムが目指すべき方向について、日本IBM 理事 諸富健二 システムx事業部長に話を聞いた。(2009/6/5)

製品トレンド:
デル、インテル次世代Xeonプロセッサ搭載サーバ、ワークステーションを発表
デルは、厳しい経済環境下で企業の効率化を推し進める、14種類の製品群とサービスを発表した。(2009/4/1)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。